Archive for 2019年 11月 7日

NHK NEWSWEB/2019年11月07日 19時29分…より転載!

 

大雨などによってため池の決壊が相次ぐ中、自治体の担当者や専門家などがため池の管理を考える全国フォーラムが、三重県内で始まりました。

 

このフォーラムは毎年、ため池の多い自治体で持ち回りで開かれていて、津市で開かれた本会議には約680人参加しました。

この中で、地滑りが発生するメカニズムなどに詳しい三重大学の酒井俊典教授が基調講演を行い、平成20年からの10年間に全国のため池の300か所余りで決壊が起きたという農林水産省の調査結果を示した上で、戦後の開発で農地から変わったため池近くの住宅地などで防災対策を優先的に考える必要があると訴えました。

また、三重県内でのため池管理の現状も報告され、松阪市の伊勢寺地区では大雨でたまった水を放水するゲートの点検は近くの住民たちによって定期的に行われていることが発表されました。

ため池の決壊は去年7月の西日本豪雨の際、広島県福山市で犠牲者が出た例もあり、防災対策が全国的な課題になっています。

フォーラムは8日も開かれ参加者は津市や松阪市のため池を回り維持管理の現状を見学することになっています。

 

ため池

公明党広報
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp