NHK/NEWSWEB/2019年5月19日16時24分…より転載!

 

去年、世界で最も長寿の夫婦として妻とともにギネス世界記録に認定された高松市の松本政雄さんが17日、108歳で亡くなりました。

 

松本政雄さんは明治43年7月9日生まれの108歳で、去年7月、当時100歳の妻の年齢と合わせ208歳となり、ギネス世界記録に世界で最も長寿の夫婦として認定されました。

 

高松市によりますと、松本さん夫婦は市内の同じ老人ホームで暮らしていましたが、政雄さんは10日ほど前から体調を崩し、17日未明、急性心不全のため亡くなったということです。

 

政雄さんは、明治、大正、昭和、平成、そして令和と5つの元号にわたる時代を生き、先月1日にはNHKのインタビューに応じ、新しい令和の時代も「二人で仲よく世をわたっていきたい」と話していました。

 

政雄さんの娘の佐野博美さんは「ギネス世界記録に認定された際には非常に喜んでいました。最後まで元気な姿を見せてくれ、十分に頑張って生きたと思います。立派な姿を見せてもらったので、101歳の母も頑張ってくれると思います」と話していました。

 K10011921541_1905191632_1905191633_02_01

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp