Archive for 2019年 5月 1日

NHK/NEWSWEB/2019年5月1日11時33分…より転載!

 

日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより、ここに皇位を継承しました。

 

この身に負った重責を思うと粛然たる思いがします。

 

顧みれば、上皇陛下には御即位より、三十年以上の長きにわたり、世界の平和と国民の幸せを願われ、いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、その強い御心を御自身のお姿でお示しになりつつ、一つ一つのお務めに真摯に取り組んでこられました。上皇陛下がお示しになった象徴としてのお姿に心からの敬意と感謝を申し上げます。

 

ここに、皇位を継承するに当たり、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また、歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研鑽に励むとともに、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たすことを誓い、国民の幸せと国の一層の発展、そして世界の平和を切に希望します。

 

 K10011902991_1905011135_1905011135_02_01

NHK/NEWSWEB/2019年5月1日10時33分…より転載!

 

新たに即位した天皇陛下が、歴代の天皇に伝わる三種の神器のうちの剣(つるぎ)と曲玉(まがたま)などを受け継がれる儀式、「剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)」が先ほど皇居 宮殿の「松の間」で始まりました。

 

K10011902881_1905011036_1905011039_02_01

NHK/NEWSWEB/2019年5月1日0時00分…より転載!

 

天皇陛下が1日午前0時に即位され、時代は平成から令和に変わりました。天皇陛下は同日、即位の儀式に臨み、象徴として歩み始められます。

 

皇居 宮殿では先月30日、202年ぶりの天皇の退位の儀式となる「退位礼正殿の儀(たいいれい せいでんのぎ)」が行われ、上皇さまが「即位から三十年、これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした。象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に、心から感謝します」と国民に向けた最後のおことばを述べられました。

 

そして、日付が変わると同時に、天皇陛下が即位されて元号は平成から令和に変わりました。

 

天皇陛下は1日、午前10時半から宮殿で歴代天皇に伝わる三種の神器のうちの剣と曲玉(まがたま)などを受け継ぐ「剣璽等承継の儀(けんじとう しょうけいのぎ)」に臨まれます。

 

その後、午前11時10分からは皇后となられた雅子さまとともに「即位後朝見の儀(そくいごちょうけんのぎ)」に臨み、総理大臣をはじめ、国民を代表する人たちを前に天皇として初めてとなるおことばを述べられます。

 

また、午後には皇后さまとともに、皇居の上皇ご夫妻のお住まいを訪れ、あいさつする予定で、天皇陛下は、新たに迎えた令和の時代を象徴として歩み始められます。

 K10011902401_1905010046_1905010048_01_03

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp