NHK/NEWSWEB:9281053分…より転載!

大型で非常に強い台風24号は、勢力を保ったまま29日に沖縄・奄美に近づいたあと、30日の日曜日には西日本にかなり接近するおそれがあります。気象庁は、沖縄・奄美では暴風や高波、大雨に警戒するとともに、西日本から北日本の広い範囲で被害が発生するおそれがあるとして、早めに備えを進めるよう呼びかけています。

 

気象庁の発表によりますと、大型で非常に強い台風24号は、午前11時には沖縄の宮古島の南東340キロの海上を1時間に10キロの速さで西北西へ進んでいるとみられます。

 

中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルで、中心から半径220キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

 

台風は今後もゆっくりと北上し、29日には非常に強い勢力を保ったまま沖縄・奄美にかなり接近する見込みです。

 

29日にかけて猛烈な風が吹き、最大風速は、沖縄地方で50メートル、奄美地方で45メートルと予想され、最大瞬間風速は65メートルから70メートルに達すると予想されるほか、海上の波の高さは沖縄・奄美で12メートルと猛烈にしける見込みです。

 

また、沖縄・奄美ではこれから雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、29日は局地的に1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあります。

 

29日朝までの24時間に降る雨の量は、多いところで、沖縄地方で200ミリ、九州南部と奄美で150ミリと予想され、その後、30日朝までの24時間には、沖縄・奄美や九州南部、それに四国で200ミリから300ミリの雨が降って大雨となるおそれがあります。暴風や高波、それに大雨に警戒が必要です。

 

台風は、沖縄・奄美に接近したあと、進路を北東へ変えて速度を上げ、30日の日曜日には非常に強い勢力を維持したまま西日本にかなり接近し、その後、東日本や北日本にも接近するおそれがあります。

 

西日本や東日本では台風が近づく前から前線の活動が活発になって雨量が多くなるおそれがあるほか、西日本から北日本の広い範囲で来月1日の月曜日ごろにかけて暴風や大しけ、大雨となるおそれがあります。

 

気象庁は、広い範囲で土砂災害や川の氾濫、浸水に加え交通への影響や停電、農作物の被害が発生するおそれがあるとして、早めに備えを進めるよう呼びかけています。

 

 K10011647451_1809280653_1809280656_02_01

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2018年9月
« 8月   10月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp