Archive for 2017年 11月

❒本日、10時より松阪市議会・議会運営委員会が開催。議運を受け会派にて11月議会への協議、打合せがあり参加いたしました。しっかり準備し、取り組んでまいります。

S_7018427452780

❐いなべ市hp:更新日 平成29年11月19日…より転載!

本日平成29年11月19日執行の「いなべ市議会議員選挙」の開票状況についてお知らせします。

午後23:35分 確定で、

201711192335

鈴木じゅん子候補、3位で当選。

大変にありがとうございました。!

❐明日11月19日(日)夜18:00で、完全閉店が予定されているピアゴ上地店へご挨拶に行かせていただきました。

 

駐車場も一杯で、店内も大勢のお客様で賑わい、本社からは沢山の商品部が集合されていました。

精肉部のBYで、懐かしい3名のFMDの皆さんとお会いし、雑談させていただきました。新任の吉田部長が、上地店に向かっている、…と云われておりましたが、時間に余裕が無くお会い出来なくて残念でした。

 

他部門の社員やパートさんともお話しましたが、本当に、自分が働いていたお店が亡くなるのは残念でなりません。商品部の時に、完全閉店は経験していないので、複雑な思いもあって、ご挨拶に行かせていただきました。

 

通路幅も広く、買い物しやすい、良いお店でした。開店から17年5カ月の間、大変にお疲れ様でした。松岡自身も、ユニー㈱に30年、そして上地店に1年3カ月お世話になりました。関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

 S_7008451772666

❐公明新聞:2017年11月17日(金)付…より転載!

公明党はきょう、53回目の結党記念日を迎えた。結党以来、献身的にご支援をお寄せくださっている党員、支持者、創価学会員の皆さま、広範な国民の皆さまに、心から感謝と御礼を申し上げます。

 

10日の党全国県代表協議会では、どんな状況でも勝ち抜ける「強靱な党」の構築へ、一丸となって闘うことを誓い合った。次の政治決戦は2019年の統一地方選と参院選だ。議員一人一人が大衆の中に入りきって党勢拡大にまい進し、決戦大勝利をもって結党55周年を迎えたい。

 

先の衆院選では野党第一党だった民進党が分裂、短期間のうちに野党議員らによる離合集散が繰り返された。その光景に、政治不信を増幅させた国民は多かったであろう。

 

ここで見逃してならないことは、政党のあるべき姿が厳しく問われている点だ。公明党としても、自らの存在意義を徹底的に追求したい。その中にこそ「強靱な党」を築く鍵があると思えるからだ。

 

政党に求められる重要な役割の一つは、有権者と政治を結ぶパイプ役であろう。有権者の声を政治に届けるだけでなく、議論の経過や結果について丁寧に伝える双方向の取り組みが欠かせない。

 

公明党には、地域に根を張る党員、地方議員と、国会議員の重層的なネットワークがある。その特長を存分に生かし、政党はどこまでも国民のためにあるべきだということを示していきたい。

 

政党の生命線である「政策」にも、一段と磨きをかけなければならない。公明党は年明けから、政務調査会幹部が全国各地に出向いて政策懇談を行う「出前政調」を再開させる。住民に最も身近な地方議員とともに、現場の声から政策を練り上げていく。

 

大事なことは、自分の意見が政策に反映されたと有権者が実感できることだろう。この点、効果的な広報宣伝の方法を検討する必要がある。若者に浸透しているインターネット交流サイト(SNS)も積極的に活用すべきだ。

 

経済再生、少子高齢化対策、朝鮮半島情勢への対応など、日本は重要課題が山積している。だからこそ「大衆とともに」との不動の原点を踏まえ、「公明党らしさ」を発揮することを改めて確認したい。

 New Image11.17

❐NHK/NEWSWEB:11月16日15時10分…より転載!

公明党の北側中央幹事会会長は、記者会見で、東京都の小池知事との都議会での連携について、東京オリンピック・パラリンピックの成功に向けて、協力すべきところは協力するなどとした方針に変わりはないという認識を示しました。

 

ことし7月の東京都議会議員選挙などで東京都の小池知事と連携してきた都議会公明党の東村幹事長は、先に、小池知事が国政に進出したことで都政運営に専念するという約束をほごにされたとして、関係の見直しも含め検討する考えを示しました。

 
これについて、公明党の北側中央幹事会会長は、記者会見で、「東村氏の発言は承知していないが、都議会議員選挙の前に都民ファーストの会との間で政策協定を結んでいて、今も維持されている。それをしっかり実行するよう小池知事に求めていく方針に、なんら変わりない」と述べました。

 

 
そのうえで、北側氏は、「東京オリンピック・パラリンピックの成功に向けて知事と都議会が協力すべきところはしっかり協力することや、小池知事の対応がおかしければ追及していくという方針は、従来も今も変わりはない」と述べました。

 

K10011225611_1711161504_1711161510_02_01

◆いなべ市に友人、知人等のいらっしゃる皆さま、
#公明党の #鈴木じゅん子 候補へのご支援をよろしくお願いいたします!

❐松阪市hp:行政チャンネル 2017年11月10日更新…より転載!

平成29年9月第4回定例会 一般質問(10月10日)のYouTube映像がアップされました。

New Image11.14

 

https://www.city.matsusaka.mie.jp/movie-page/matsusaka-ch/sigikai29-9-7.html

❐昨日より、いなべ市議会議員選挙がスタートしました!

いなべ市に友人、知人等のいらっしゃる皆さま、

#公明党の #鈴木じゅん子 候補へのご支援をよろしくお願いいたします!

 

http://www.komei.or.jp/km/inabe-junko/

 

 

S_6982526008836

❐NHK/NEWSWEB:11月12日11時58分…より転載!

公明党の山口代表はラジオ日本の番組で、憲法改正について、国論が二分される状況は望ましくないとして、国会での改正の発議には、3分の2を超える多くの国民が支持することが前提になるという認識を示しました。

 

この中で山口代表は、憲法改正について「国会で多数を形成し、無理やり発議をして、国民投票で、ぎりぎり過半数の賛成が取れたという改正は望ましくない。大きな反対勢力が残り、国民の憲法としては不幸な誕生になってしまう」と指摘しました。

 

 

そのうえで、山口氏は「国会で3分の2以上が賛成して憲法改正を発議する背景には、それ以上の国民の支持があることが望ましい。木の実が熟すような進め方が基本だ」と述べ、改正の発議には、3分の2を超える多くの国民が支持することが前提になるという認識を示しました。

K10011220811_1711121504_1711121512_02_01

 

❒本日11時より、クラギ文化ホールにおいて松阪市戦没者追悼式が開催され、参加させていただきました。松阪市の戦没者及び戦災死没者のご冥福を祈り、平和を祈念するため献花させていただきました。

 

5070

※昨年H28年度の松阪市戦没者追悼式の画像:松阪市HP…より転載!

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp