❒午前11:00から開催された大淀津波避難タワーの竣工式と見学会に参加させて頂きました。明和町では平成27年からの5ヵ年計画で、6ヵ所に津波避難タワーの建設を計画しています。防災対策の一つとしてのタワーであり「より早く!より遠く!より高く!」を心がけましょう。

IMG_8006

【タワーの概要】

構造               鉄筋コンクリート造

タワー屋根までの高さ       9.95m

避難スペースまでの高さ      7.0m

建築面積               1,283.60㎡

避難スペースの面積          1,087.80㎡

避難想定人数             1,085人

設備等                備蓄倉庫、太陽光発電、避難シューター、緩降機、防風カーテン

 

コメントは受付けていません。

公明党広報
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp