Archive for 2016年 5月

NHK:NEWSWEB-5月26日19時12分…より転載!

26日に開幕したG7伊勢志摩サミットは、最初の討議で焦点の世界経済について意見を交わしました。各国の首脳は「世界経済が厳しい状況にある」という認識を共有したうえで、世界経済の持続的な成長に向けて機動的な財政出動や構造改革など政策を総動員することで一致しました。

 

G7伊勢志摩サミットは開幕後、最初の討議が焦点の「世界経済」で、各国の首脳らは予定された時間を超えて意見を交わしました。

この中で安倍総理大臣は「世界経済は今、まさに分岐点にあり、政策的対応を誤ると危機に陥るリスクがあることは認識しておかなければならない」などと述べ、G7の結束を呼びかけました。

討議では、世界経済の現状について意見を交わし、リーマンショック以降、世界経済をけん引してきた中国をはじめ新興国の経済が停滞していることなど、直面するリスクを確認しました。

そして、G7として「世界経済が厳しい状況にある」という認識を共有したうえで、世界経済の持続的な成長に向けて機動的な財政出動や、構造改革など政策を総動員することで一致しました。

ただ、安倍総理大臣が言及した「危機」という表現に対し、一部の国から「その表現は強すぎるのではないか」という指摘が出されたことから、首脳宣言の取りまとめに向け、文言の調整を行うことになりました。

このほかいわゆる「パナマ文書」の問題をきっかけにした課税逃れ対策については、課税の不公平感が中間層の不満につながっているといった意見が出され、G7各国が対策の強化で足並みをそろえていくことを確認しました。

 

首相 世界経済はリスク直面の認識で一致

 

安倍総理大臣は、26日夜、G7伊勢志摩サミットの会場となっているホテルで記者団に対し、世界経済はリスクに直面しているという認識で一致したとしたうえで、アベノミクスの三本の矢をG7=主要7か国で展開し、持続的な成長を目指していく考えを示しました。

この中で、安倍総理大臣は、26日に開幕したG7伊勢志摩サミットで、世界経済などを巡って行われた最初の討議について、「世界経済は大きなリスクに直面しているという認識については一致することができた。そのリスクに立ち向かうために、『伊勢志摩経済イニシアチブ』の取りまとめに合意できたことは大きな成果だった」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「『伊勢志摩経済イニシアチブ』に基づいて、アベノミクスの三本の矢をまさに今度は世界で展開していきたい。G7で展開していくことになった」と述べ、財政政策、金融政策、それに、構造改革からなるアベノミクス三本の矢をG7=主要7か国で展開し、持続的な成長を目指していく考えを示しました。

一方、安倍総理大臣は、8年前の北海道洞爺湖サミットについて、「リーマンショックの僅か数か月前だったが、経済についてはほとんど議論されなかった。リスクをしっかり認識していかなければ、正しい対応ができないということではないか」と述べました。

K10010535801_1605261408_1605261408_01_02

 

NHK:NEWSWEB-5月25日21時45分…より転載!

26日からのG7伊勢志摩サミットを前に、安倍総理大臣は25日午後9時半ごろからアメリカのオバマ大統領との日米首脳会談に臨んでおり、サミットの成功に向けて協力を確認するとともに、沖縄県でアメリカ軍関係者が逮捕された事件を受けて、実効性のある再発防止策を求めているものとみられます。

 

安倍総理大臣が議長を務め、日本では8年ぶりのサミットとなるG7サミット=主要7か国の首脳会議「伊勢志摩サミット」は、三重県志摩市の賢島で26日から2日間の日程で行われます。

これを前に、安倍総理大臣は25日午後、26日にG7各国の首脳を出迎える伊勢神宮に私的に参拝し、25日午後9時半ごろから、サミットが行われる志摩市のホテルでアメリカのオバマ大統領との日米首脳会談に臨んでいます。

会談では、サミットの成功に向けて主要なテーマとなる世界経済やテロ対策などで日米間の協力を確認するなど、最終的な調整が行われる見通しです。

また、安倍総理大臣はオバマ大統領に対し、沖縄県でアメリカ軍関係者が逮捕された事件を受けて、実効性のある再発防止策を求めているものとみられます。

K10010535111_1605252152_1605252153_01_03

❒挨拶運動終了後、訪問対話の一日!

IMG_6733

❒おはようございます。#早朝、#水曜日、#スタート、#訪問対話。
松阪市:☁24℃/19℃ 湿った空気の影響で、曇りで朝から昼すぎにかけ雨となるでしょう。

NHK:NEWSWEB-5月24日14時48分…より転載!

安倍総理大臣は、公明党の山口代表と会談し、夏の参議院選挙に合わせて衆議院を解散する「衆参同日選挙」について、「解散の『か』の字も考えていない」と述べました。

会談は、総理大臣官邸でおよそ1時間にわたって2人だけで行われました。この中で、山口代表は、野党側が、安倍内閣に対する内閣不信任決議案の提出を検討していることも踏まえ、「国会も最終盤となり、衆議院の解散や『衆参同日選挙』が行われると見る向きもある」と述べたのに対し、安倍総理大臣は、「解散の『か』の字も考えていない」と述べました。

また安倍総理大臣は、来年4月に予定されている消費税率の引き上げについて、「法律で決めたことであり、それをやっていく方向に変わりはない。今後、状況が変化するにしても、リーマンショックや東日本大震災などのような経済的に重大な状況が起こらないかぎりは予定どおり実行する」と述べました。

一方、山口氏が沖縄のアメリカ軍関係者の男が女性の遺体を遺棄したとして逮捕された事件について、「県民や国民は強い憤りを持っており、再発防止にしっかり取り組むようアメリカのオバマ大統領に伝えてもらいたい」と求めたのに対し、安倍総理大臣は、「県民や国民の気持ちをしっかり伝える」と応じました。

 K10010533101_1605241502_1605241505_01_02

❒挨拶運動終了後、訪問対話。

そして個人的な課題も含めて、法務局にて法務相談を受けて参りました_(._.)_

 IMG_6730

❒久保3交差点付近にて、本日より約1ヶ月間実施させていただきます。
その後午前中に広報広聴委員会、午後からは松阪市議会全員協議会、終了後の総務企画委員会協議会に夫々参加させていただきました_(._.)_

NHK:NEWSWEB-5月22日18時45分…より転載!

アメリカのオバマ大統領はNHKの単独インタビューに応じ、みずからが掲げる「核兵器のない世界」を目指すうえで、「最大の課題は北朝鮮の核開発計画の脅威だ」と述べ、国際社会は一段と厳しい対応を取る必要があるという考えを示しました。

 

オバマ大統領は伊勢志摩サミットに出席するために今月25日から訪日し、27日には現職のアメリカの大統領として初めて被爆地広島を訪れ、戦争の犠牲になった多くの人たちを追悼するとともに、就任当初から訴えてきた「核兵器のない世界」を目指すというメッセージを世界に向けて発信したい考えです。

それを前に、ホワイトハウスでNHKの単独インタビューに応じたオバマ大統領は「現在の核兵器を巡る最大の課題は北朝鮮の核開発計画の脅威だ。北朝鮮は核兵器の開発だけでなく、無謀で挑発的なかたちで核兵器を運搬するための活動も続けている」と述べ、北朝鮮の核とミサイルの開発が「核兵器のない世界」を目指すうえで、最大の障害だという認識を示しました。

そして、「国際社会は北朝鮮を孤立させようとしているが、これまでのところ北朝鮮は態度を変えていない。北朝鮮には核技術を拡散させた過去があるため、懸念している。われわれには、まだやるべきことがある」と述べ、核開発をやめない北朝鮮に対し、国際社会は一段と厳しい対応を取る必要があるという考えを示しました。

さらにオバマ大統領は「北朝鮮は最悪の事例だが、世界にはとても危険な新たな核技術を開発しているところもある」と述べ、核の拡散を防ぐための態勢を強化する必要があると強調しました。

K10010530751_1605221920_1605221923_01_03

❒Aコープくしだ店さん前・豊原町交差点での街頭活動。
7月の参院選の勝利へ「希望が、ゆきわたる国へ」…4つの政策についてご紹介させていただきました。夕刻からは拡大議会幹事長会議に参加させていただきました_(._.)_

❒専決処分承認、条約の一部改正する条約制定、平成28年度松阪飯多農業共済事務組合農業共済事業会計補正予算(第1号)等について承認されました。終了後全員協議会が開催されました_(._.)_

 IMG_6716

公明党広報
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp