Archive for 2015年 8月 22日

❒NHKニュース:8月22日 20時39分…より転載!

強い台風15号は沖縄県の先島諸島の南の海上を北へ進んでいて23日、先島諸島に近づくと予想され、気象庁は暴風や高波に警戒するよう呼びかけています。また大型で強い台風16号の影響で小笠原諸島では風や雨が強まり、23日にかけて大しけが続く見込みで、土砂災害や暴風、高波に警戒が必要です。

 

気象庁の発表によりますと、強い台風15号は午後10時には沖縄県の石垣島の南南西の海上を1時間に15キロの速さで北北東へ進んでいるとみられます。中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

台風はこのあとも勢力を維持したまま北寄りに進み、23日は沖縄県の先島諸島に接近する見込みで、24日以降、沖縄本島地方や鹿児島県の奄美地方、それに九州などに近づくおそれがあります。

先島諸島では23日は猛烈な風が吹き、最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルに達すると予想され、22日夜遅くから23日にかけて海上は波の高さが12メートルの猛烈なしけとなる見込みです。

また先島諸島では23日は局地的に雷を伴って1時間に80ミリの猛烈な雨が降るおそれがあり、気象庁は暴風や高波などに警戒するとともに低い土地の浸水などにも十分注意するよう呼びかけています。

 

台風16号

 

気象庁の観測によりますと、大型で強い台風16号は午後9時には小笠原諸島の父島の東北東310キロの海上を1時間に10キロの速さで北へ進んでいます。中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで中心から南東側220キロ以内と北西側170キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。小笠原諸島では風が非常に強まり、父島では午後8時20分に30.9メートルの最大瞬間風速を観測しました。

また台風を取り巻く雨雲がかかり、父島では午後9時10分までの1時間に30ミリの激しい雨が降りました。小笠原諸島ではこれまでに降った雨で土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域があり、「土砂災害警戒情報」が発表されています。

小笠原諸島では23日にかけて風が非常に強く、海は大しけが続く見込みで、23日にかけての最大風速は小笠原諸島で22メートル、最大瞬間風速は35メートルに達する見込みで、波の高さは小笠原諸島で8メートル、伊豆諸島で6メートルと予想されています。気象庁は高波や土砂災害に警戒するとともに、強風にも十分注意するよう呼びかけています。

 310261-WID

公明党広報
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp