Archive for 2015年 8月 6日

東西冷戦が終わり、21世紀を迎えようとした時、多くの人々は「戦争の世紀」にピリオドが打たれると思ったにちがいない。しかし、迎えた新世紀は「9・11」同時多発テロで幕を開け、悲惨な争いは、今なお世界の各地で続いている。
 22年前、1993年のきょう8月6日、池田名誉会長は小説『新・人間革命』の執筆を開始し、冒頭にこうつづった。
 「平和ほど、尊きものはない。平和ほど、幸福なものはない。平和こそ、人類の進むべき、根本の第一歩であらねばならない」――広島の原爆投下から48年のこの日、人類の進むべき根本の道を示し、恒久平和実現への叫びを放ったのである。
 「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」とは、ユネスコ憲章の前文にある有名な言葉だ。
 戦争の惨禍をなくすには、政治も外交も大切である。だが、全ては「人の心」に平和のとりでを築くことから始まる。ところが、その根幹がなおざりにされてはこなかったか。
 『人間革命』も『新・人間革命』も、主題は「一人の人間における偉大な人間革命は、やがて一国の宿命の転換をも成し遂げ、さらに全人類の宿命の転換をも可能にする」である。
 仏法は、万人が等しく「仏」の生命をそなえていると説く。それは「生命の尊厳」の支柱となる法理である。そして、現実生活のなかで「仏」の生命を涌現させ、慈悲を体現していくことが人間革命である。つまり、私たちの進める運動とは、生命の開拓作業であり、まさに「心の中に平和のとりで」を築くことにほかならない。
 起稿の日、名誉会長は長野研修道場で、インド・ガンジー研究評議会議長のN・ラダクリシュナン博士と、「『魂の力』は原子爆弾よりも強い」というマハトマ・ガンジーの信念について語り合った。
 無名の民衆が世界中で友の幸福を願い、励まし合う創価学会の姿を、今日まで見続けてきた博士は、「世界平和のために、結束して行動する民衆に潜在する無限の力を証明した」と称賛を惜しまない。
 いかに遠回りに見えようとも、確かなる平和の道は、草の根の民衆が、何ものにも勝る「魂の力」を蓄えていく以外にない。
 今年で広島の原爆投下から70年を迎える。この時にあたり、『新・人間革命』を胸に刻み、人々の心に「平和のとりで」を築く誓いを新たにしたい。

公明党広報
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp