Archive for 2015年 2月

◇本日、2月も最終日です、遅くなりましたが新しくなった公明ニュースPLUSをご案内いたします_(._.)_

 

★2015年2月3日に可決・成立した「今年度補正予算」に関する国会の模様や、4月に行われる「統一地方選挙」に向けた第一声となる街頭演説の様子など公明党の活動をまとめています。また今回は、「地方創生」に関して公明党が支援した、広島県呉市における「データヘルス」の取り組みについて特集しています。(約10分)

 

 15.2.28公明ニュースPLUS2015.2月号

 

 

◇本日2月27日(金)午前10時より再開された市議会本会議にて、

 

真政クラブ 大平 勇議員による代表質問が行われました!

通告での質問項目は以下のようです―――

① 図書館改革と市長辞任表明及び二元代表制について

② 定住自立圏構想について

 (1) 中心市(松阪市)の役割について

 (2) 車の「ご当地ナンバー」について

③ 競輪事業について

 (1) 今後の方向性について

 (2) 施設整備業務契約債務負担行為4億8,600万円について

④ 松阪市行財政改革大綱アクションプランについて

⑤ オレオレ詐欺など、迷惑電話チェッカーについて

⑥ ふるさと納税及びネーミングライツ(命名権)について

⑦ 職員一人ひとりの能力や意欲を最大限に引き出すことができる環境づくりについて

 (関連質問 坂口 秀夫)

⑧ 子どもの予防接種受け忘れを防ぐための対策について(関連質問 坂口 秀夫)

⑨ 健康診査における認知症検査について(関連質問 坂口 秀夫)

⑩ 医者にかからなかった国民健康保険加入世帯に対する対策について(関連質問 坂口秀夫)

⑪ 空き家対策の現状について(関連質問 堀端 脩)

⑫ 第6期介護保険事業の改正と高齢者福祉について(関連質問堀端 脩)

 (1) 介護申請の流れについて(関連質問堀端 脩)

 (2) 総合事業における、憩いの場整備について(関連質問堀端 脩)

⑬ 4年目を迎える43住民協議会の現状と6月を目途に策定が進められている地域計画の進捗状況

 について(関連質問 堀端 脩)

⑭ 防災対策の推進は、環境整備の中で弱い立場の方々をどの様に守って行くのか

 (関連質問 堀端 脩)

 (1) 臨海部における海抜表示の状況や津波非難タワーについて(関連質問堀端 脩)

 (2) 中山間地域から山間地域へ向けての対策や環境整備について(関連質問堀端 脩)

⑮ 女性が安心して企業で働き子育てに希望の持てる社会の形成について

 (関連質問 野呂 一男)

⑯ 女性が結婚、出産に希望の持てる社会形成の整備について(関連質問 野呂 一男)

⑰ 若者が地方で働ける社会形成について(関連質問 野呂 一男)

⑱ 交通事故撲滅対策について(関連質問 野呂 一男)

⑲ 農政について(関連質問 山本 芳敬)

⑳ 学力向上について(関連質問 山本 芳敬)

㉑ 子ども発達総合支援施設整備事業について

※関連質問として、山本 芳(よし)敬(ひろ)議員、野呂 一男議員、堀端 修議員、坂口秀夫議員が登壇しました!

 15.2.27市役所

◇本日2月26日(木)午前10時より再開された市議会本会議にて、

 

最初に、会派に所属しない議員 海住 恒幸議員より以下の通告による代表質問が行われました。

① 市長の所信並びに平成27年度一般会計予算と財政見通しについて

 (1) 一般財源の確保について

 (2) 歳出増への対応について

② 市長の所信並びに一般会計について

 (1) 地域包括ケア

③ 市長の所信並びに市民病院事業会計予算について

 

続いて、会派に所属しない議員 前川 幸敏議員より以下の通告による代表質問が行われました。

① 市長の国旗・国歌論の考え方は

② 深野和紙の活用について

③ 松阪市のブランド松阪茶について

④ 城跡を活用したまちおこしについて

⑤ 本庁に設置されている車椅子用のリフトについて

⑥ 交通死亡事故ワースト緊急対策事業について

⑦ ごみの減量対策について

⑧ フッ化物洗口のモデル事業に取り組む意欲は

⑨ 三雲中学校は増築をしなくて大丈夫か

⑩ 歴史民俗資料館に障がい者の方が来館するときの対応について

 

最後に、日本共産党 久松 倫生議員より以下の通告による代表質問が行われました。

① 予算審議と図書館問題

② 安倍政権の手当たり次第の社会保障切り下げから、自治体と議会が市民のくらしを守る

 防波堤の役割を果たすかどうか

③ 国保税、介護保険料、保育料などの市民負担について(関連質問 今井 一久・松田千代)

④ 予算の特徴

 (1) 水道料金引き下げ

 (2) 部落史編さん事業の皆減。「人権同和」の不公正の一掃

⑤ 財政運営の課題について

⑥ 市民の懐を暖める政策展開について

⑦ 図書館問題について

⑧ 市の公契約の業務委託での賃金未払い

⑨ これからのまちづくりと都市計画、文化、観光の連携

⑩ 戦後70年の節目の年に当たっての政治姿勢

※関連質問として、松田 千代議員、今井 一久議員が登壇しました!

 15.2.24議会ネームプレート

15.2.24市議会

◇現在一部区間が不通になっているJR名松線について、

2016(平成28)年春に運転が再開される見込みであること―が、

本日の夕刊三重新聞にて、紹介されました。

◈これは昨日2月24日(火)の三重県議会一般質問で、

今井智広県議会議員の質問に対し県が明らかにしたものです。

 

★告示まで約一カ月余りと迫った三重県議選は、

『経済再生と地方創生』を問う選挙です。

厳しい選挙戦が予想されますが完勝目指し頑張ってまいります。

皆さまのご支援、よろしくお願いいたします_(._.)_

 今井候補リーフ

15.2.25夕刊三重記事

15.2.25今井幹事長

◇本日2月24日(火)午前10時より再開された市議会本会議にて、

市民民主クラブ松田 俊助議員による代表質問が行われました!

通告での質問項目は以下のとおりです―――

① 市長の政治姿勢について

② 休日・夜間応急診療所について

③ フッ化物の取り組みについて

④ 高齢者の健康増進対策について(関連質問 田中 力)

⑤ 生活困窮者を支援する社会福祉協議会との連携について

⑥ PFI図書館について

⑦ 海上アクセスの今後の方向性について

⑧ 観光行政について(関連質問 川口 保)

⑨ 公契約条例の制定について(関連質問 田中 力)

⑩ 競輪事業における債務負担行為について

⑪ 牛舎問題について

⑫ ごみの出し方について

⑬ 松阪クリーンセンターに伴う問題について(関連質問田中 力)

⑭ 最終処分場問題について(関連質問 田中 力)

⑮ 総合運動公園の都市計画決定について(関連質問 田中 力)

⑯ 嬉野地域振興局における暴力事件について

※関連質問として、川口 保議員、田中 力議員が登壇しました!

 15.2.24市議会

15.2.24議会ネームプレート

◇1/31発売された『第三文明』3月号の情報をアップします!

 

【3月号情報】

大好評の作家・佐藤優氏と日蓮研究学者・松岡幹夫氏との対談「創価学会とは何か」の

第2回「創価学会の政治参加 -その本質を考える」を掲載!

 

◯公明党本来の役割

◯今昔「創価学会タブー」とその大きな弊害

◯政治参加の意義

などについて、大変有意義な語らいが繰り広げられています!

ぜひご覧ください!

 

購入はこちら→ http://goo.gl/akv2nG

15.2.23第三文明

15.2.23対談

◇本日、午後1時30分より松阪市クラギ文化ホールにて、

講師に名古屋大学減災連携研究センター長・教授の福和伸夫先生をお迎えし、

演題として『歴史に学び現代を点検し巨大地震をしのぐ』をテーマに、

平成26年度松阪市防災講演会が開催され、参加させていただきました。

 

★伊勢湾沿岸部では南海トラフ地震等の発生が懸念されており、個人においても住宅の耐震化や家具の固定、備蓄といった「自助」の取組みを進めることが必要とされているところから、防災意識等の高揚を図るための防災講演会の開催となりました。

 

①「減災ルネサンス」と名付ける、防災・減災活動を通した持続可能な社会の再構築。

②減災(回避力+抵抗力+対応力・回復力)による克災。

③地域力の基本は自由、地道、地元愛、地力、自律の5つのJである。地元を愛し、自由な発想で考え、地道に実践することが減災に繋がる。そのための地力をつけ、災害に負けない自律力のあるレジリエント(=粘り強くしなやかな対応)な社会作り。

④上杉鷹山の「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」の行動。

―以上の4点が深く印象に残りました!

15.1.31イベント情報

15.2.22防災講演会15.2.22カラビナソーラーライト15.2.22備蓄アルファ米

◇市民の暮らしに役立つ情報の提供を目的に、市役所の各種制度や各種手続きの案内などのほか、
身近な地域情報やお店情報(一般企業広告)などを掲載した情報誌「松阪市暮らしのガイド」 が完成しました。

 平成27年2月中に松阪市内全戸への配布するほか、3月以降、
松阪市役所戸籍住民課と各地域振興局地域住民課のそれぞれ窓口で、世帯全部転入の世帯へ随時配布する予定です。

 (発行部数) 75,000部

 ※この暮らしのガイドは、(株)サイネックスとの官民協働事業として発刊しました。
 ※発刊に際し、ご協力いただきました広告主のみなさんに、心よりお礼申し上げます。

15.2.22暮らしのガイド

 

★電子書籍でご覧いただけます。

 松阪市市暮らしのガイドは、電子ブック版でもご覧いただけます。

http://www.city.matsusaka.mie.jp/www/contents/1422406342882/index.html  

  詳しくは、上のバナーをクリックしてください!

◇本日、松阪市議会2月定例会本会議が開催され、

公明党会派から西村議員が代表質問し、

松岡が関連質問をさせていただきました(^o^)/

西村議員は代表質問で、市長辞職発言について質問。

山中市長からPFI手法導入の経緯等が説明されました。

★関連質問として私・松岡から、

①「コンビニ健診」の推進について

②弱者対策として「ヘルプカード」の普及促進について

③道路の老朽化に伴う陥没、空洞化対策について

④インターネット・情報マナーの取り組みについて

以上、4点質問いたしました(^_-)-☆

 15.2.20本会議

15.2.20西村議員

◇本日、午前に広域消防組合議会が、午後より広域衛生組合議会が開催され、

広域衛生組合議会に参加させていただきました。

 ★嬉野管内のし尿等の処理については、津市との事務委託のなかで合併後も引き続き、

津市の「クリーンセンターくもず」に処理をお願いしてきました。

1市2町で構成する松阪地区広域衛生センターでの処理量が下水道事業の進捗などにより減少したこと、

また、受け入れに関して地元自治会や2町の了承が得られたことなどにより受け入れ体制が整ったことから、

ごみ処理一元化に合わせて平成27年4月から、松阪地区広域衛生センターで処理をしていきます。

松阪地区広域衛生センターは、平成6年4月供用開始から既に20年余りが経過し設備装置等の老朽化が進んでいることから、平成31年度から下水道放流方式に切り替えるための稼動設備装置の削減などを図る施設改修工事等を進めてまいります_(._.)_

 15.2.19市議会②

15.2.19市議会

公明党広報
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp