Archive for 2015年 1月 20日

◇公明新聞:2015年1月20日(火)付…より転載!

 社会保障の充実

子育て支援を強力に推進 介護人材の確保へ処遇改善

 

2015年度予算案は、公明党の主張を反映し、子育て支援など社会保障の安定・充実に最大限取り組む内容となっています。

 

昨年4月に消費税率が8%に引き上げられたことから、15年度は8兆2000億円の増収を見込み、このうち1兆3500億円程度を社会保障の充実に使います。特に待機児童の解消を柱とする「子ども・子育て支援新制度」には、約5100億円を充てます。

 

具体的には、現在進めている「待機児童解消加速化プラン」を強力に推進し、15年度は8万人分の保育の受け皿を確保。放課後児童クラブ(学童保育)に受け入れる児童も20万人増やすことにしています。また、離職した保育士の再就職支援や、処遇改善なども推進することにしています。

 

認知症初期集中支援チームのイメージ超高齢社会の到来を控え、25年には認知症の人の数は730万人に上るとの推計もあります。

 

そこで同予算案では、在宅医療・介護の連携推進などに236億円を計上。認知症施策には56億円を充て、初期集中支援チーム【イラスト参照】の推進で早期診断・対応のほか、本人や家族のサポートに取り組みます。

 

介護現場では現在、人材確保に向けて介護職員の収入アップが求められています。このため15年度は、介護サービスの対価として事業者に支払われる介護報酬の改定により、職員1人当たり月額1万2000円相当の処遇改善を行います。

 

併せて改定では、中重度の要介護者や認知症高齢者の在宅生活を支えるため、24時間対応の訪問介護・看護などの充実も進めます。

 

介護保険で65歳以上の高齢者が支払う1号保険料については、消費税の増収分を活用して低所得者の負担を軽減。生活保護受給者や、世帯全員が市町村民税非課税かつ本人の年金収入80万円以下などの高齢者は、これまで自己負担が保険料基準額の50%でしたが、これを45%に引き下げます。

 

今月から医療費助成の対象となる難病が56疾病から110疾病に増え、子どもの難病も助成対象が514疾病から704疾病に拡大しました。また、医療費の自己負担に月ごとの上限を設ける「高額療養費制度」では、中低所得者の限度額が引き下げられました。

 

15年度予算案でも、これらの施策を実施する費用を計上。その上で、難病については、夏以降に助成対象が合計で約300疾病まで拡大する見通しです。15.1.20公明記事

公明党広報
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp