Archive for 2014年 9月 14日

聖教新聞 2014.9.14号より…転載!

♫先日、目の難病で視力が低下した高齢女性に対し、人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜の細胞が移植され、世界初の手術として話題となった。今後、視力回復の効果だけでなく、移植した細胞が根付くかどうか、がんになる危険性はないかなど、4年の歳月をかけて検証される。再生医療研究は新たな段階に入ったという。

 医療技術の発展は、生命尊重の時代に向け、新たな希望の光をもたらす。もちろん、社会からの期待は高まろう。

 池田名誉会長は長年、「21世紀は生命の世紀」と一貫して訴え、生命尊厳の思潮を世界に広げてきた。人間主義の哲学を高く掲げ、幸福の土台を建設しゆく創価の運動に、多くの学会員が連なった。中でも「生命の世紀の開拓者に」を合言葉に、仏法を根本とする「慈悲の医学」の体現者として日々奮闘するのが、ドクター部の友である。

 あす15日は、「ドクター部の日」。同部は、1971年(昭和46年)に発足した。75年9月15日、第3回総会が開催され、名誉会長が出席した。それが、記念日の淵源である。

 ドクター部員の一人はかつて難病「潰瘍性大腸炎」を克服した。治療に苦しむ中、「病気が不幸なのではなく、病気に負けてしまう弱い心が不幸なのだ」との学会指導に出合い、心の闇から解放されたという。

 既に放射線技師だった彼は、“同じ病気に苦しむ人を励ましたい”と、あらためて強く誓った。なればこそ今、「診察室の中で怖い顔はできません。どんな患者さんも不安を抱えて病院に来てますから。少しでも安心して帰ってもらいたい。だから、患者さんの前では、いつも笑顔です」と語る。

 医療を施す側の言葉一つ、目の動き一つで、患者は落胆したり、希望を抱いたりと、敏感に反応する。医療に携わり、多くの患者と向き合うことは、そのまま“生老病死の苦しみ”という人生の根本課題に取り組むことにも通ずる。それだけに、ドクター部の使命は深い。

 御書には「一切衆生の異の苦を受くるは悉く是れ日蓮一人の苦なるべし」(758ページ)と仰せだ。あらゆる苦悩を御自身の苦しみとされ、万人に幸福への道を開かれた蓮祖の大慈大悲の心は、医療の根本に据えるべき精神に違いない。

 “妙法の医師”の陣列は今や世界に広がる。青年医師の活躍も目覚ましい。“慈愛の医学”の体現者・ドクター部の友に、心からエールを送りたい。

公明党広報
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
ブログパーツ
カレンダー
2014年9月
« 8月   10月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
サイト管理者
松阪市 松岡恒雄
matsu123@mctv.ne.jp