年の瀬。お会いすべき人にお会いしながら、ご相談いただいた地域の危険個所などについて、対応後の取材に行きました。身近なことからコツコツと。

◎ 【余土123号線】椿中学校南西角の路面を舗装

椿中学校南西角【余土123号線】の路面舗装

【市道 余土123号線】椿中学校南西角・本田邸前の路面は砂利が多く浮き出ていて躓きやすく、見た目も悪い。そのため、舗装し直して欲しい。

平成30年の5月に住民の方からご要望をいただきました。

よしとみは早速、ご相談者立ち合いで現地を取材し、松山市道路管理課に対応を要請。道路管理課からは「路面の状態が悪く、舗装の直しはできる。申請が要るので、ご本人に依頼する」との回答がありました。

そうしてこのほど、路面の舗装と外側線の引き直しが終わりました。

◎【石井3号線】「おしゃれの店 よこた」前T字路の安全対策について

(before)

「おしゃれの店 よこた」前T字路カーブミラー片面

(afer)

「おしゃれの店 よこた」前T字路カーブミラー両面

「おしゃれの店よこた」(古川南3丁目12-22)前の【市道 石井3号線】と一ノ宮団地からの私道が交差するT字路は車、バイク、自転車、歩行者の往来が激しく、すでにカーブミラーが設置されてはいるものの片側しか確認ができず、常に衝突や接触の危険性がある。

そのため、カーブミラーを両面にするなど、いっそうの安全対策を講じていただきたい。

平成30年5月、一ノ宮団地町内会からご相談がありました。

よしとみは早速、現地を取材し、要望書を作成して道路管理課に対応を要請。市も現地にて要望者と立ち合い、ミラー設置は可能との判断でした。

そうしてこのほど、カーブミラーが両面になりました。

◎【県道 松山伊予線】【石井347号線】が交差するT字路の安全対策実施

【県道 松山伊予線】【石井347号線】が交差するT字路の安全対策

【県道 松山伊予線】【石井347号線】が交差するT字路(松山市和泉南3丁目4-40付近)は信号機・横断歩道はないが、直近の信号機・横断歩道までは一定の距離があって不便なために、横断する歩行者が多い。

しかしながら、このT字路は交通量が多い上、緩やかな坂道となっていることから車両の速度も速く、事故につながる危険性が極めて高い。そのため、住民・県民の安全・事故防止のため、安全対策を講じていただきたい。

平成29年6月、地域の方からご要望がありました。

よしとみは早速取材し、県道であるため木村県議に対応を要請。できることなら安全に横断できる環境の確保を求めましたが、現地の通行量調査を行い、県警・南署・県中予局・松山市で協議を行った結果、100mほど南に信号機があること、北からの下り道であることから信号機・横断歩道とも設置不可のため、次善策として路面表示を行うこととなりました。

このほど、はみ出し禁止の黄色の線が補修され、注意喚起のためのドット線が引かれました。

◎ 中川自動車前【久米51号線】【石井275号線】に横断歩道設置

中川自動車前【久米51号線】【石井275号線】に横断歩道設置

中川自動車(今在家1丁目8)前の【久米51号線】【石井275号線】は通学のため、また生活の用として歩行者が頻繁に横断するものの、車両等の交通量が多くて危険である。現在は東側と西側に横断歩道が設置されているが400mほど離れており、高齢者などが利用するには困難であり、そのため、中間地点に横断歩道を設置していただきたい。

平成29年9月に地域の方からご要望がありました。

よしとみは早速現地を取材し、横断歩道は県警の管轄のため、笹岡県議に対応を要請。通学路であり、また、高齢者への配慮として、来年度H30年度夏までに横断歩道を設置する予定となりました。

夏の豪雨災害で設置が遅れましたが、このほど、横断歩道が設置されました。

コメントは受付けていません。

フェイスブック
外部リンク
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp