昨日、賛同する松山市議25人で、松山市の子どもの医療費助成制度の拡充を求める要望書を梅岡副市長に手渡しして参りました。
今や愛媛県下の20市町のうち、小学校に上がると家庭で医療費がかかるのは松山市だけとなってしまいました。
子育て世帯の負担軽減は少子化対策の要であり、子どもの医療費助成制度の拡充は市民の強い要望です。一刻も早い実現を望み、要望書を提出しました。

コメントは受付けていません。

フェイスブック
外部リンク
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp