先日7/30.毎日札幌会館「TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前」で開催された「議会基本条例と議会改革」を受講しました。

以下、受講メモです( ..)φ

「議会改革20年の軌跡」

講師 三谷哲央 三重県議会議員

(議会改革推進会議会 会長)

1.三重県における議会改革の経緯

●平成7年 北川三重県知事の誕生=県庁出身ではない初の知事

●三重県における裏金作りの発覚 ⇒「北川改革」の始動

<目標>
 住民満足度の向上

<キーワード>
 ①分権・自立、②(情報)公開・(市民)参画、③簡素・効率

●行政発の県政から、生活者を起点とした県政への転換

●職員の意識改革 =「さわやか運動」

  • さ=サービス
  • わ=わかりやすく
  • や=やる気
  • か=改革

●新しいシステムの導入

①事務事業評価システムの導入

②縦割予算から縦横予算への転換

③数値目標を明示した総合計画策定

④PDS(Plan計画→Do実行→See反省・評価)サイクルの導入 etc

議会の役割と存在感の希薄化、議会の危機感

議会改革への動き

平成7年10月 「議会に係る諸問題委員会」設置

平成10年5月 「予算決算特別委員会」設置(現在は常任委員会)

平成13年4月 議会事務局に政策法務監設置

平成14年3月 「三重県議会の基本理念と基本方向」を決議

 

2.3つの機関としての議会権能の強化

●分権時代は国と地方の関係=「上下・主従」から「対等・協力」へ

①「議決機関」としての議会

②「監視・評価機関」としての議会

③「立法機関」としての議会

(1)情報公開の実施

 ●TV中継の開始、新聞広報の実施、傍聴の全面解禁 etc

(2)住民本位の政策決定と政策監視・評価の推進

 ●対面演壇方式・一問一答を含む分割質問方式の導入、基本的な行政計画を議決事件に追加

(3)予算決算常任委員会の設置

 ●予算は一つなので、勝手に分割審査するのは法理論上もおかしい

 ●会期を見直し、平成20年から定例会年2回に。25年から年1回の通年制に

 ☞災害などの突発時に議会が対応できる

 ☞招集権の問題を事実上克服。専決処分もなくなる

(4)政策提言から政策立案への転換

 ●23本の議員提出条例。内16本が予算を伴う政策条例

 

3.三重県議会基本条例

平成14年 政策推進システム対応検討会設置

以降、  各種検討会・研究会を経て、素案の作成・公表

平成12年 本会議にて全会一致で議会基本条例が可決

●議会の基本理念と基本方針、議会運営や議員活動原則などを明記

●「二元代表制」の明記。議会と執行機関の間での政策決定サイクルを確立

●会派活動についての規定

 会派=それぞれの団体・支持者の代表 ⇒ 従って議会は、多様な民意・団体の代表者たち

●附属機関・調査機関・検討会の設置を規定 etc

 

4.開かれた議会運営

●広聴広報会議の設置、議長定例記者会見の実施、議会報告会の実施 etc

●議会報告会は本会議の報告だけではなく、これからどうするかという“入口の議論”が大事

 

5.議会改革の今後

●通任期制の導入(4年間を見通した議会運営)

●附属機関の自治法上の位置づけと明確化

●議長マニフェストの定着化

●議会事務局の充実と独立性の確保

コメントは受付けていません。

フェイスブック
外部リンク
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp