2/8(金)~2/10(日).【アメニティーフォーラム17】と同時開催のアール・ブリュット展「ART BLUT ART BLUT」を鑑賞。

アール・ブリュット(Art Brut)とは

  • 加工されていない、生(なま・き)のままの芸術」と意味する。フランスの美術家ジャン・デュビュッフェが提唱したもの。
  • 美術の専門的な教育を受けていない人が、伝統や流行などに左右されずに自身の内側から湧きあがる衝動のまま表現した芸術のことを指す。障害者のアートのみに留まらず、もっと広範囲の作品を意味する。
  • 作家の心のあり方に本質を置き、魂の叫びや無意識から生まれる多種多様な表現を含んでおり、障害の有無に関わらず多様な作家がいるアール・ブリュットという芸術分野は「表現することの可能性」や「人の果てしない創造の力」を圧倒的な力でまざまざと体感させてくれる。

高い技術を反映する、存在感・オリジナリティのある作品には、しばし見とれてしまいました。撮影禁止なので、ご紹介できないのが残念(>_<)

Ex.藤岡祐機 HP☝

(勝手な所感)(風になびく、繊細な、紙のひげひげ~。素晴らしい技巧です(^^)/)

溝口翔太

(お~、幻のツチノコ!! この愛くるしい表情に、ここにしかない圧倒的な存在感は何だ!!?)

(参考)日本財団HP アール・ブリュット支援事業

コメントは受付けていません。

フェイスブック
外部リンク
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp