menu

◎【市道石井69号線】【県道松山伊予線】交差点付近(和泉南4-2-27)が一部拡幅!! (2015.9確認)

【市道石井69号線】【県道松山伊予線】交差点付近一部拡幅

この交差点は屈曲があり、車道幅が十分でないため、市道西側から左折する車両と市道東側からの直進車両とが離合時に接触する危険性がある。現在、事業所跡地(和泉南4-2-27)が更地になっており、この機会に拡幅してほしい。

石井69号線

昨年・平成25年の6月、地元住民の方からご要望がありました。

よしとみは早速、相談者立ち合いで現地を取材。松山市道路管理課に対応を要請しました。

そして後日、相談者と道路管理課で立ち合いをしましたが、

用地は不動産業者が取得しており、地元から道路拡幅への協力を依頼するしかない

との回答。ただし、地元としても改良を希望しているとのことでした。

その後も相談者からは用地の整備状況について連絡が入り、その都度よしとみも市との連携を続けました。

そしてこのほど、事業所跡地に店舗がオープン。県道だけですが、しっかり拡張されていました。建築後退の要件があったのかもしれません。が、陰に陽に地権者、地域、相談者、市のご協力あってのこと。

 

◎【浮穴26号線】森松町272の水路にガードパイプを設置!! (2015.7確認)

【浮穴26号線】水路GP設置

市道【浮穴26号線】森松町272~273間には水路があり、カーブミラーとデリニエータ(反射板)が設置されているものの転落する人が後を絶たず、児童なども通学で通るが重大事故につながる危険性がある。そのため、ガードパイプを設置するなど、安全対策を強化していただきたい。

平成27年4月下旬、地域のご夫妻からご相談がありました。よしとみは早速、相談者立ち合いで現地調査。相談者はかねてから、心配していたとのこと。

市道でもあり、よしとみは道路管理課に対応を要請。

水路の管理者も協力的で、6月初めにはガードパイプが設置されました。

地域の皆様のご協力と市の早急な対応により、スピード決着。ご相談者も大変喜ばれていました。

 

◎【浮穴26号線】に防犯灯を増設!! (2015.7確認)

【浮穴26号線】防犯灯増設

市道【浮穴26号線】には防犯灯が一基と東側水路にデリニエータが設置されているものの、夜間は暗く、歩行者等が水路に転落する危険性もある。そのため、防犯灯の増設をしていただきたい。

平成27年4月、地元のご婦人からご相談がありました。よしとみは早速、相談者立ち合いで現地調査。相談者はかねてから、ここは怖いと思っていたとのこと。

現地調査を踏まえ、よしとみは市民参画まちづくり課に対応を要請しました。

その後、課からは、相談者と町内会長とで立ち会い、防犯灯を設置する予定となったと連絡がありました。

6月、相談者から電話で、防犯灯が設置されたと嬉しいご報告がありました。

 

◎【市道 浮穴16号線】と【国道 33号線】東側側道が結節する十字路に安全対策を実施!! (2015.7確認)

【市道 浮穴16号線】【国道 33号線】東側側道

この十字路は近くの国道や県道を迂回する車両・軽車両、歩行者等の往来が交錯する地点であり、出会い頭の事故等の危険性が高い。そのため、市道側に停止線を設けるなど、ドライバーに注意喚起や減速を促すことはできないか。

平成27年6月にご相談がありました。よしとみは早速、木村県議と現地調査。

調査を踏まえ、よしとみは市道路管理課に、木村県議は県・国に働きかけました。

その後、道路管理課から進捗の報告があり、国交省・県警とともに現地で立ち会い、今後の方策を協議したとのこと。

国道側道についてはドット線と外側線(白線)を敷設し、市道側については外側線・停止線を敷設することとなり、すでに一部が施工されました。停止線については若干期間を要するようです。

 

◎松山南郵便局の南側L字角にカーブミラーを設置!! (2015.10確認)

松山南郵便局南側L字角カーブミラー設置

松山南郵便局の南側は最近住宅が立ち並び、森松町632のL字角では出会い頭の事故がたびたび起きている。そのため、カーブミラーを設置していただきたい。

平成27年4月、地元住民の方からご相談がありました。

よしとみは相談者とともに現地を確認し、松山市道路管理課に対応を要請。

後日、現地立ち合いで道路管理課から説明を受けたご相談者は、地域の窓口である町内会長・交通指導員を訪問し、市への申請をお願いしました。

その後、ご相談者は「もう付かないのかな」と半ば諦めていたそうですが、このほど、要望箇所に2面のカーブミラーが設置されました。地元住民の方々も、郵便局も大変喜ばれています。

  

◎森松の空き家を剪定!! (2015.7確認)

森松空き家剪定

数十年、人が住んでいない空き家が2件あるが、老朽が激しく、数年前に市に対応を要請したものの一向に改善されていない。特に夏場は、蚊や蛾等の害虫や蛇・猫等が繁殖・発生するとともに、スズメバチが巣を拵える等、地域住民に被害を及ぼしているため、早急な対応をお願いしたい。

平成27年6月、地元自治会の方からご相談をいただき、数件聴き取りに回りました。皆さん異口同音に対策を希望されていました。

よしとみは早速、住宅課に対応を要請。折しも、空き家対策の法整備が進む渦中、松山市では住宅課が空き家対策の一括した窓口となりました。

このほど、道路などにはみ出している庭木などの剪定が行われ、相談者からご報告をいただきました。

 

◎【市道石井82号線】居相1丁目11のグレーチングを改修!! (2015.10確認)

【市道石井82号線】居相1丁目11グレーチング改修

西石井6丁目から南下する【市道石井82号線】は東側にグレーチング(鉄製の格子状の蓋)が多く設置されているが、そのうち10数個は旧式の縦長格子のものであり、雨の日は通学の自転車等が転倒あるいはスリップをし、大変危険な状況にある。

そのため、滑りにくい形状のグレーチングに交換するなどの安全対策を早急に講じていただきたい。

平成27年2月にご相談がりました。

早速、よしとみは現地を取材し、道路管理課に対応を要請。

しかし、

グレーチングのみの交換を行うことはできず、グレーチングの改修は枠組みから施工しなければならない。そのため、施工には多額の費用がかかり、改修は枠組み自体が老朽した場合に行っている。ひとまず、枠組みの老朽が激しい箇所だけでも改修を行いたい

との回答でした。

そしてこのほど、居相1丁目11のしげまつ内科前のグレーチングが改修されました。

よしとみは安全な自転車通行のためには、スリップしにくい安全なグレーチングへの交換が急務だと思っています。

 

◎【市道 素鵞118号線】東側半面(和気治療院前)を全面舗装!! (2015.10確認)

【市道 素鵞118号線】東側半面全面舗装

【市道 素鵞118号線】和気治療院(立花6-1)前は凸凹が多く、雨が降ると路面浸水がひどい。そのため、路面の舗装をお願いしたい。

平成27年6月に住民の方からご相談がありました。

早速、よしとみも同伴して、ご相談者・土地改良区・市職員の3者で現地立ち会い。

確認しますと、【市道 素鵞118号線】の西側半面は旧市営住宅、東側半面は旧県農道で現在は市道となっていました。立ち合いの結果、傷みの激しい東側のみ舗装することとなり、早速、改良区で申請していただくことになりました。

その後はとてもスピーディに舗装工事が実施され、ご相談者も大変喜ばれています。

フェイスブック
外部リンク
Twitter
ブログバックナンバー
サイト管理者
松山市 吉冨健一
mossissienoyosi@yahoo.co.jp