高橋のぶゆきtwitter
公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 高橋伸之
nobuyuki.t@jcom.zaq.ne.jp

平昌オリンピックでは連日、アスリート達の熱戦が伝えられています。

選手だけでなく周りのサポートや家族の協力などがあって今がある。

ひとりひとりの選手にはこの4年にかけた想いがあると思うとこちらも熱くなってきますね。

メダルは欲しいですが、悔いのない戦いをしてもらいたいです。

 

さて、昨日(2月20日)は千葉県公立高等学校入試の前期選抜の合格発表がありました。

39,591人が受験し、合格したのは22,531人で約57%。

約43%の17,000人の生徒が後期に挑みます。

あと1週間あります。

これまでの頑張りが報われることを祈っています。

 

私もこの時期は3月定例会に向けて勉強、勉強の日々です。

来年度に行われる松戸市の様々な事業(予算など)を検証しています。

皆さんの声が多くカタチになるように頑張ります!

 

昨日は3月定例会の会派別議案説明会が行われました。

また、本日は平成30年度予算案の議員全員への説明会がありました。

3月議会へ向けて本格的に動き出します。

 

そのような中、午後からは市民相談に対応していました。

その帰り道、ふと空を見上げると不思議な形の雲が、、、

IMG_0396

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は暖かい一日となったせいでしょうか。

夕日が雲にかすんで見えていました。

 

明日は3月定例会に向けての準備です。

勉強の日々ですが、目の前の課題に全力で取り組みます!

本日は、会派で松戸四中を訪問しました。

松戸市では平成27年度から小中学校で排出される給食残渣(調理くず、食べ残し)を資源化するモデル事業を行っています。

給食で余った残渣を冷蔵車で回収し工場へ運びます。

工場では殺菌などの加工を行って「エサ」を作ります。

そのエサで豚などを飼育します。

その豚肉は販売され家庭の食卓に並びます。

 

通常では給食残渣は燃えるゴミとして焼却処分されています。

再利用することで地球温暖化防止や資源循環型社会構築へ貢献できます。

段階的に取り組み校数を増やしていますが、収集運搬費をいかに安くするかが課題です。

効率的に回収できるように拡大していく予定です。

 

IMG_0394

本日は諸角議員、石川議員と共に街頭演説を行いました。

この活動は定期的に行っているもので、3人ほどのチームを組んで市内を回ります。

担当している地域を中心に街角で個人の活動や公明党の実績などを語っています。

 

今回は、防災・減災に関する取り組みとして、HUG(避難所運営ゲーム)訓練や道路や橋などの長寿命化整備などを推進してきたこと。

また、私は消防団に所属していることから、火災にはくれぐれも注意してくださいと訴えました。

IMG_0353

2月3日の誕生日で47歳になりました。

多くの皆様より祝福のご連絡をいただき、誠にありがとうございました!

誕生日が節分ということで、「豆まき」が通例でしたが、最近では恵方巻を食べるというのが主流になっています。

我が家でも食卓に恵方巻が並びました。

今年も健康第一で頑張ります。

 

47歳といえば、まだまだ子育て真っ最中の方も多くいると思います。

松戸市は昨年、共働き世帯子育てしやすい街ランキングで全国版1位(東京都を除く)になりました。

子育て政策に力を入れてきた公明党としてもうれしい結果です。

この勢いを継続しながら、元気な街「まつど」を創るべく奔走していきます。

IMG_0336

皆さま、昨夜の皆既月食を見ることができましたか?

松戸市からは最初から最後まで天体ショーを楽しむことができたようです。

私も大事な仕事の帰りに欠けていく月を見ることができました。

自宅に戻ってから少し経って外に出ると、赤く幻想的に染まった月も見ることができました。

流星群や日食など大宇宙の営みを眺めていると自分の存在を改めて考えされるものですね。

 

今夜から明日にかけて雪の予報が出ています。

明日の通勤通学時間帯にはくれぐれもご注意ください。

 

さて、本日は北松戸駅前にて朝のご挨拶を行いました。

いつも思うことですが、、、

北松戸駅東口は階段から降りてくる人と昇る人が死角になるため、出合い頭でぶつからないか冷や冷やします。

改善策が必要かもしれません。

 

その後、午前中は事務処理を行い、午後は第4ブロック議員合同研修会に参加しました。

講師に中央大学教授の佐々木信夫先生をお招きし、

「地方議会、今求められる議員の役割とは何か」と題する講演が行われました。

IMG_0332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地方議員ならではのフットワークでこれからも頑張ります!

 

 

 

1月25日(木)~26日(金)

広報委員会にて宇都宮市と郡山市に視察に行って参りました。

宇都宮市は全国の中核市で行われた「議会報コンクール」にて最優秀賞を受賞し、郡山市は優秀賞を受賞しています。

それぞれ、読みやすいように写真を多く載せていることや議員の一般質問内容を細かく掲載していることなど共通点がありました。

松戸市においても参考になる内容となっていましたので、今後の委員会の中でも議論して政策に活かしていきたいと思います。

 

しかし、紙面上だけでは伝わらないこともあります。

小さな声を聴くためにも、今後もひざ詰めでの対話を続けていきます。

IMG_0293

松戸市は平成31年度の開校を目指して公立の夜間中学校を設置します。

千葉県内では市川市に次いで2番目です。

様々な事情で義務教育を十分に受けることができなかった人が対象となります。

旧古ヶ崎南小学校の教室を改修して開校する予定です。

 

本日は、夜間中学校開校に先駆けて講演会が行われました。

IMG_0125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ずは、

文部科学省から「夜間中学の充実に関わる国の方針・法整備について」。

不登校児童生徒や外国人の増加に伴い、「義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保に関する法律」(教育確保法案)が平成28年12月に成立し、平成29年3月に基本方針が策定されました。

未就学者数は全国で128,187人。(平成22年国勢調査)

不登校児童生徒は全国で134,398人。(平成28年度文部科学省調査)

この数字をどのように考えますか?

次に、

京都教育大学の岡田教授による「人はなぜ学ぶのか」

京都の洛友中学校での取り組みを通して「学ぶことの意味」を教えられました。

 

知らなかったことを知る。

 

できなかったことができるようになる。

 

誰でも嬉しい、楽しいものですよね。

 

自分ももう一度、学校へ行きたくなるような講演でした。

 

松戸市の夜間中学校が魅力的な学校になるように応援していきます。

千葉県高等学校PTA連合会研修会に出席してきました。

IMG_0115

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少子高齢化、グローバル化、そして、AI技術の発達など目まぐるしく変化する時代になります。

そんな社会を生き抜く今の子供たちに必要な教育とは何か。

学校任せではなく、家庭や地域など社会全体で子どもを育む。

保護者としても学校教育に関する考え方を柔軟にしなければならないと思いました。

 

また、「ネットを利用する際の注意事項」と題して講演が行われ、ネットに関する子どもと親の世代間ギャップを実感しました。

家庭で話し合う機会を持つと同時に様々な場面での啓発も必要だと思いました。

改めて、コミュニケーションの難しさを痛感しました。

やはり、大事な場面では面と向かって話し合うことが大切ですね!

午前中は市民相談に対応しました。

午後は東松戸病院で行われた審議会を傍聴しました。

市立病院(東松戸病院)の今後をどうするのか。

活発な意見が飛び交っていました。

今後の審議会の動きにも着目です。

IMG_0113