高橋のぶゆきtwitter
公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 高橋伸之
nobuyuki.t@jcom.zaq.ne.jp

Archive for 2011年 9月

本日、9月議会が終了しましたが、我々に平穏な日々が訪れることは無さそうです。

平成22年度の決算に関しては、各会派の代表から討論が行われ、一般会計と特別会計に対する評価や要望がなされました。

我が公明党からは諸角議員と織原議員が代表して登壇し、子育て未来カード、パパ手帳などの取り組みを評価、また、学校耐震化、アスベスト対策、音楽室冷房化などを要望し、会派として市民生活向上のための意見を述べました。※詳細は松戸市ホームページをご覧ください。

今回は、市立病院の建て替えに関して、委員長より途中報告が発表され、新病院建設に向けて、ある一定の方向性が見えてきました。

これからも、我々議会は行政のチェック機能としての役割を果たすべく取り組んでいくと共に、松戸市民全体にとって本当に良い病院ができるように協議を重ねて参ります!

ちなみに、松戸市には200床以上の手術・入院が可能な2次救急病院は3病院も存在しています。現状では234床、283床、408床の2次救急病院があります。いずれの病院も増床や機能向上に向けて新病院を松戸市内に建設している最中であります。

2次救急病院とは、通常の時間帯(朝9時頃から夕方5時頃まで)は常勤医がおり、手術・入院などの対応が可能な病院のことをいいます。

しかし、この2次救急病院は夜間や休日などは全ての科の医師がいるわけではありません。整形外科の担当の日もあれば、眼科の担当の日もあります。夜中に急におなかが痛くなっても、整形外科や眼科の医師では手術など適切な処置ができない場合があります。

ましてや、夜中に交通事故に遭い、脳挫傷・骨折・内臓損傷をしてしまったら、脳外科、整形外科、外科のドクターが必要であり、当然ですが手術になりますので、麻酔科のドクターも必要になります。手術室専属の看護師さん(手術室の看護師さんは専門的な知識が必要で、一般病棟や外来専属の看護師さんでは代役ができないのが一般的です。その逆は、ありのはやME(臨床工学士)さんもしかりです。このような場合、2次救急病院では対応することができない場合があり、救急隊は受け入れ可能な病院を探すことになります。

このような場合に必要なのが3次救急病院なのです。救命救急センターなどを擁する、2次救急病院では対応しきれない患者さんの最後の砦(受け入れ先)となるのが3次救急病院であり、東葛地域でその役割を担っている唯一の病院が松戸市立病院なのであります!

以前にもブログに載せましたが、私は松戸市立病院で生まれました。私の長女も松戸市立病院で産声を上げました。友人・知人などが同病院でお世話になっており、私も含めて、手術をしてもらった経験もあります。

私の後輩も交通事故でたらい回しになったあげく、同病院にて一命を取り留めて頂いたことがあります。その時の、ドクターをはじめ、看護師さんなどの病院スタッフが懸命に対応してくれたことは10年ほど前ですが、昨日のように鮮明に覚えています。手術室の看護師さんが輸血を運ぶために何度も何度も階段を行ったり来たり走り廻ってくれていました!今思えば、動線が悪かったことが一因かとも、、、

そのような大恩のある松戸市立病院が無くなってしまうような事は絶対に許されません!松戸市民を含めて、多くの市民の命を守る最後の砦として、公明党は松戸市立病院存続に向けて全力で取り組んでいくことを誓います!

本日、朝一番で市長へ予算要望書を提出致しました!

総務、消防、交通、民生、建設、衛生、教育、経済、環境など多岐にわたり177項目にわたる内容の要望書となっております。市民生活向上のために皆さまからの声や要望を中心に市長へ訴えて参りました!

これからも議会質問だけでなく、様々な機会で皆さまの声をカタチにするべく努力していきます!

公明党市議団10名全員で ↓

9月23日 東京で行われた会議出席、その後市議団緊急会議、地域懇談会

9月24日 市役所にて残務処理、地域懇談会

9月25日 母校である創価大学へ行って参りました!

年に1回、同窓生が母校へ帰り心機一転、初心に帰って「よし、頑張ろう!」と決意する機会となっています。

今年も懐かしい仲間との再会ができました。その中でも大学時代の同級生が、なんと!長野の県会議員(今年の4月当選)になっていました!

新しい仲間とそれぞれの地域で共に頑張っていこうと決意し松戸に帰ってまいりました!

8期生の秋林県議、9期生の織原市議と一緒にブロンズ像前にて ↓

天空へ飛翔する天使の下に鍛冶屋を配しています。この像には現実の労苦を忘れずに、未来へ飛翔するという意味があります。

台座には「労苦と使命の中にのみ人生の価値(たから)は生まれる」と刻まれております。また、この像の左側には天使と新聞の印刷工のブロンズ像もあります。その台座には「英知を磨くは何のため 君よそれを忘るるな」と刻まれており、在校生・卒業生の指針となっています。

本日、決算審査特別委員会が終了致しました!審査を全て傍聴出できた訳ではありませんが、決算勉強会を始め大変勉強になりました。今後の議会活動に役立てて参ります!

今朝、審査前に昨日の台風15号の被害状況が市より発表されました。

市内の朝8:00現在の被害状況(通報)は以下の通りです。

土嚢積み 33件

側溝清掃 3件

倒木処理 66件(松戸市は街路樹が多いので大変だったそうです)

枝折れ処理 2件

障害物除去 14件

道路清掃 1件

電線接触処理 1件

その他 10件

時間最大雨量は21㎜/h、10分最大雨量は8㎜/h、積算雨量は73.5㎜/hでした。

また、瞬間最大風速は40.1メートル/秒でした。この風速がどのくらいであるかは以下の通りです。

風速30メートル/秒以上になると「人は立っていられない。屋外での行動は危険。」「樹木が根こそぎ倒れ始める。」「車の運転を続けるのは危険な状態となる。」「建物の屋根が飛ばされたり、木造住宅の全壊が始まる。」※気象庁のHPより抜粋。

台風も過ぎ去りひと安心と思っていたのですが思わぬところに被害が、、、

雨が降り始めた夕方、自宅から電話が入りました。「実家に引いている電線がバシッ!という音とともに火花が散った。今も煙が出ている!」

すぐに119番するように指示し帰宅すると、すでに八ヶ崎消防署と私の所属している地元消防団のメンバーが駆けつけてくれていました!何かに接触し火事を引き起こす可能性もあるとのことで東京電力の作業員の方が到着するまでの約2時間見守って頂きました!お世話になった皆さん!本当にありがとうございました!

原因は昨日の台風で何かが電線に接触し電線を保護しているカバーを損傷し剥き出しになっていた箇所に雨があたり火花が発生していたとのことでした!作業に来てくれた東京電力の職員の方は昨日から2日徹夜での作業をしており、この後も違う現場へと向かうとのことでした!ありがとうございました!どんな仕事も現場で頑張っている人が一番偉いですよね!

パチッパチッと火花を散らしながら白煙が立っている電線 ↓

本日は、「ちば自殺対策県民フォーラム」に参加してきました!

平成22年度の日本の自殺者数は31,690人です。1日約87人の人が自ら命を絶っています。昨年、千葉県の自殺者数は1,329人。県内でも1日約4人という計算になります。自殺の要因は複合的要素が多く特定はできませんが傾向性がわかっているため、行政はもちろんのこと、弁護士、臨床心理士、ボランティアなどがサポートしています。このような情報を世間に広く知らせていくのも議員の役割であると感じました。

最初に行われた基調講演ではニュースキャスターである鳥越俊太郎氏による非常に興味深い内容の話を伺うことができ大変勉強になりました。このことは、今後の議会活動に役立てていきます!

鳥越氏は大腸ガン→肺ガン→肝臓ガンを手術で克服した経験があるとともに、今でもメニエル病と戦っているとのことです。昨日も明日も講演会で全国を飛び回っているタフガイです!私もちょっとやそっとのことではへこたれないタフガイを目指して頑張ろうと思いました!

講演の後は、千葉県の自殺防止に対する取り組みを教えて頂きました。この件に関しては、後日私のホームページに別枠で掲載致します。

最後は、千葉県出身のシンガーソングライターの松本卓也氏によるミニ・コンサートが行われました。※今回の自殺対策キャンペーンのテーマ曲「大丈夫」を作曲してくれたそうです。

人間だれしも一度は「生きているのが辛い」と思った経験があると思います。私も思ったことがあります。しかし、今、私は生きています。それは私のまわりにいる(いた)皆さんのおかげです!

これからも「支えあう日本」を地域に根ざし、未来のある地域作りに取り組んでいくことを改めて決意させてもらえる機会となりました!関係各位に感謝致します!ありがとうございました!

自殺対策とは無縁ですが、おもしろい光景を見ましたので報告致します。

猫は自由でいいにゃぁ~ ↓

9月15日(木)

AM 

後見人制度に関してのパイオニアであるNPO法人「しぐなるあいず」を訪問致しました。

身寄りのない身体障がい者や認知症の方などを法的に守るための後見人制度ですが、突っ込んでいくといろいろと課題がありそうです。

詳細は書きませんがこれからもライフワークとしてしっかりと取り組んで参ります!

PM

常盤平団地の敬老の集いに参加させて頂きました。

孤独死の取り組みで全国に知られている常盤平団地は高齢化社会のモデルになる地域です。

これからも地域の皆さんと向き合っていく中でより良い方向性を見いだしていきたいと思いました!

その後、市役所にとんぼ返りして市立病院建替検討委員会の傍聴です。

途中からの参加でしたが執行部が提案してきた構想3(超急性期病院を千駄堀に、日常支援病院を上本郷に)に関しての不確定要素を質問する委員が多くいました。議会は市がやることに関してのチェック機能です。市の言うことを「はいはい」と聞いてばかりでは「なれあい議会」と言われても仕方ありません。議場では賛成か反対でその場で終わっているかのような印象を与えてしまうかもしれませんが、その前に多くの議論ややり取りが行われているのです。市立病院の問題だけではありません。これからも難しい課題が松戸市には山積しています。そのひとつひとつを真剣に議論し透明性のあるものにしながら市民のために役立つ議員を目指し取り組んで参ります!

経済産業省より節電の緩和が発表され、松戸市も以下のような取り組みを節電前に戻すとのことです。

☆庁舎関係照明

☆道路照明

☆公園照明

しかし、以下の取り組みは9月30日まで行っていきます。

☆市役所本庁舎等の開庁時間 8時から16時30分まで

☆支所の月曜日を利用できない日とし、土曜日に業務を一部縮小して振替開設など

今まで皆さんにご迷惑をおかけしていたところが解消できればと思います。

先日、我が家に9月分の請求書が届きました。

電気使用量は昨年同月に比べて30%減少致しました!

節電の解除はされるものの、節約の意識は継続していきます!

教育経済常任委員会に付託されたものは陳情2つと議案1つです。

2つの陳情は「松戸市町会長(市政協力委員)並びに市政協力委員に松戸市からの交付金(事務取扱手数料)の廃止について」と「松戸市から市政協力委員への交付金について」です。

詳細は控えますが長年議論されている課題ですので、継続審議となりました。これからも、しっかりと勉強して精査していきます!

議案は字の区域及び名称の変更についてです。

紙敷土地区画整理事業地区(東松戸駅周辺)の住所名称変更です。

今の住所は紙敷字薄浦・中内・天神下・栗子橋・的場・宮田・天王下・一本松・根ノ神台・向・前田・向堀込・金楠台・坂ノ台です。

私の住む千駄堀は字住所は残っていませんが、昔ながらの地名が住所で残っているってノスタルジーを感じますよね。それが無くなってしまうのは悲しいですが時代の流れなのでしょうか。

それぞれ、東松戸一丁目、二丁目、三丁目、四丁目になるとのことです。

その後、協議会として「松戸市空き家等の適正管理に関する条例(案)について」と「学校施設の放射能対策について」の説明を受けました。

「空き家対策」に関しても、「放射能対策」に関しても職員の皆さんは大変頑張っているとの印象を受けました。私もしっかりと勉強してより良いまちづくりの為に取り組んでいきます!

朝5時45分、かずさアカデミアパークで行われる議員研修会に出発です!

私と飯箸議員が役員であったためちょっぴり早めの出発となりました。

今回の研修は議員としての議会活動や日常の党活動などを学ぶとともに、千葉県も被災地として各地域が抱えている課題などを中心に勉強しました。

放射能、液状化そして津波について専門家を招いての講演会では各議員が抱えている問題であることもあり、活発な質疑応答が行われました。

松戸市も放射能や液状化に関しては、直接被害を受けている地域であるので自ずと前屈みになりながら講師のお話に耳を傾けてしまいました。

今後の参考になる内容も多く、早速日々の活動に生かしていきたいと思います!

研修の最後には太田議長を迎えて、県下議員全員が一致団結して「大衆のために」を心肝に染めて活動していくことを誓い合いました!

本日の午前中は決算勉強会でした。

午後からは市立病院建設検討特別委員会です。

執行部から出てきた構想案の中での総合評価は以下の通り。

構想3 90点 超急性期病院 千駄堀 / 日常支援病院 上本郷

構想2 80点 超急性期病院 千駄堀 / 日常支援病院 高塚新田

構想5 80点 超急性期病院 高塚新田 / 日常支援病院 上本郷

構想1’ 80点 超急性期病院 運動公園 / 日常支援病院 上本郷

構想4’ 80点 超急性期病院 紙敷 / 日常支援病院 上本郷

構想4 75点 超急性期病院 紙敷 / 日常支援病院 高塚新田

構想1 70点 超急性期病院 運動公園 / 日常支援病院 高塚新田

この結果を受けて、市長は「構想3が望ましい。」と発表しました。

しかし、評価項目と判定結果に?があるところもあり、各委員から質問が相次ぎました!

また、この市長の発言を受けて現地建替は事実上消滅?したようですが、これに対しても反発する意見もありました。

「現地建替が望ましい!」と言ったり、「構想3(千駄堀/上本郷)が望ましい!」と言ったり、いったいどちらなのでしょうか?

後で「構想3はやっぱり高くなるから現地建替にする!」なんて言わないでしょうか?

我々議員は、松戸市485,000人の命を守る視点でこの病院問題に取り組まなければなりません。

それぞれの構想案には不確定要素が多くあるため、その解消に必要な資料の提出が執行部に対して求められました。返答が入り次第、会派でしっかりと精査して参ります!