高橋のぶゆきtwitter
公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 高橋伸之
nobuyuki.t@jcom.zaq.ne.jp

Archive for 2011年 6月

昨日は、市民相談の解決に向けて駆け回っていました。新たな発見がありましたので、後日のブログで紹介致します!

さて、本日は松戸市立病院建て替えに関する執行部の案が午前中に出ました!

資料を見ると8案です!当初は10数案出るなんて噂もありましたので、少しホッとして資料を見てみましたが、、、

運動公園、千駄堀、紙敷、東松戸、そして上本郷、、、えっ、上本郷!?

現地建て替えは市長が選んだ委員会が出した答申で無理だったのでは???

午後から始まった委員会では当然のごとく議論はヒートアップ!!!突然出てきた超急性期病院、日常支援病院、上本郷と高塚新田の移転入替案、上限150億円が望ましい等々、、、

市長さんは松戸に市立病院を建てたくないんでしょうか?

この問題に関しては、会派でもしっかりとこの案を揉んでいきます!

市長さんが出してきた8つの建て替え案の詳細は以下の通りです。皆さんはどう思いますか?

現在の「上本郷」と「東松戸」の2病院を総合的に検討し、「超急性期病院」と「日常支援病院」に分けています。

候補地:運動公園、千駄堀、高塚新田(現東松戸病院)、紙敷(東松戸駅前)、上本郷(現病院の場所) 

構想1

運動公園:超急性期病院600床  高塚新田(現東松戸病院):日常支援病院200床

概算事業費:262.34億円

工期:調査設計など40ヶ月+工事30ヶ月+α+β =70ヶ月以上(5年10ヶ月以上)

    α:代替用地確保期間  β:代替施設整備期間 

構想2

千駄堀:超急性期病院600床  高塚新田(現東松戸病院):日常支援病院200床

概算事業費:258.14億円

工期:調査設計など40ヶ月+工事37ヶ月+α =77ヶ月以上(6年5ヶ月以上)

    α:用地確保期間 

構想3

千駄堀:超急性期病院600床  上本郷(現病院場所):日常支援病院200床

概算事業費:231.73億円

工期:調査設計など40ヶ月+工事37ヶ月+α =77ヶ月以上(6年5ヶ月以上)

    α:用地確保機関 

構想4

紙敷(東松戸駅前):超急性期病院600床  高塚新田(現東松戸病院):日常支援病院200床

概算事業費:252.71億円

工期:調査設計など14ヶ月+工事27ヶ月 =41ヶ月(3年5ヶ月)

構想5

高塚新田(現東松戸病院):超急性期病院600床  上本郷(現病院場所):日常支援病院200床

概算事業費:187.98億円

工期:調査設計など40ヶ月+工事28ヶ月 =68ヶ月(5年8ヶ月)

構想6

上本郷(現病院場所):超急性期病院450床  高塚新田(現東松戸病院):日常支援病院250床

概算事業費:146.52億円

工期:調査設計など40ヶ月+工事56ヶ月 =96ヶ月(8年)

構想7

高塚新田(現東松戸病院):超急性期病院450床  上本郷(現病院場所):日常支援病院200床

概算事業費:152.39億円

工期:調査設計など40ヶ月+工事26ヶ月 =66ヶ月(5年6ヶ月)

構想8

千駄堀:超急性期病院450床  上本郷(現病院場所):日常支援病院200床

概算事業費:196.14億円

工期:調査設計など40ヶ月+工事35ヶ月+α =75ヶ月以上(6年3ヶ月以上)

    α:用地確保期間

※運動公園及び千駄堀については、土地所有者との協議を経たものではない。

※「構想1」「構想2」「構想3」は関係各位との協議が必要で、不確定要素が多々含まれています。

※建て替えに関しては減収分の費用は考慮されていません。

※市長は「構想6」と「構想7」が望ましいと言ってましたが、、、

委員会の委員の質問に答える執行部の皆さんの答弁が、、、何かの圧力で言わされているようで、、、かわいそうでした(TT)

いやぁ~、今日は暑い一日となりましたね(><)

と言うと、このブログを書いている今(もうすぐ深夜です)は涼しくなっているのかと思われるかもしれませんが、、、まだ、蒸し暑いですぅ~!明日も30度になる予報が出ていますので、皆さん!熱中症に気をつけてくださいね!

6月議会も終わりましたが、ホッとする暇もなく、本日も市民相談6件、議会報告「のぶゆき通信夏号」配布、市民相談の報告を行いました。市民相談では他県の議員さんと連携を取らなければ解決できなかったことも含まれていたのですが、公明党のネットワーク力ですぐに電話連絡が取れて解決できました!

公明党のネットワーク力(りょく)は自分で言うのも何ですがスゴイです!

夕方からは、聖徳大学10号館14階ラウンジにて松戸市校長・PTA 会長合同懇親会が行われました。これには、市長はじめ副議長、そして教育委員長も参加されました。

14階からの眺めはすばらしかったです!

この会場で7月16日に放射能と食品に関する無料講演があるとのことなので参加してみたいと思います。

本日で6月議会が終了致しました。最初に、議員在籍20年の表彰が行われました。

しかし、我が公明党は「表彰や永年表彰バッジ・記念品等を含め、一切の永年表彰を辞退する」申し合わせを行い、議長・議会事務局長に報告しております。

それはともかく、、、

本日の議案は、

補正予算第1回、条例の一部改正2件、陳情2件、議員提出の意見書3件、決議1件でした。

議会後、市民自治検討プロジェクトの状況報告が行政からありました。これには、賛否両論ありそうなので後日詳細を報告致します。

午後からは、市民相談の件で市の職員の方と現地確認、別件での市民相談報告でした。

本日は、朝から夕方まで県本部にて1期議員研修が行われました。松戸市では同期の伊東議員と一緒に参加せさて頂きました。

千葉県では県下27名の新人議員が集い、自身の議員活動や議会質問などを発表したり、先輩議員による議会質問についてや財政について、そして、公明党議員としての心構えなどを学びました。

応援して頂いた皆さまのためにも健康には充分注意し元気に議員活動できるように自己管理をしっかりやっていくことを改めて確認するとともに、勉強して皆さんに喜んでもらえる議員になることを誓いました!

それにしても、今回の議会はどこの市町村も放射能対応についての議会質問が多かったとのことです。野田が市独自の放射線量基準(毎時0.19マイクロシーベルト)を発表しましたが、松戸市に当てはめるとこの基準では、、、野田市の市議会議員さんも困惑していました。

帰宅後は、公明党チーム力アップのための打ち合わせです!地方議員と国会議員のがっちりとしたネットワーク力があるのは公明党の強みです。これからも、千葉県下の新人議員と一致団結して頑張って参ります!

本日、久しぶりにサラリーマン時代の同僚に電話をしました。

病院で使用する製品のメーカーに15年半、働かせて頂いていたのですが、震災後の対応を改めて聞いてみました。

茨城県南部に工場があるのですが、震災直後はかなり苦労した話を聞き、直接話を聞きたいと思い、近いうちに会う約束をして電話を切りました。

6月議会も来週の月曜日で最終日を迎えるため、花の金曜日ですが、6月議会報を作成するのに時間を要してしまい、いつもの金曜日のようにまっすぐ家に帰りました。

いよいよ、6月30日には市立病院建替検討委員会で、市長から市立病院建替に関する最終案の提出があります。今議会、最大の山場ですね!!!市長の動向をしっかり見ていきます!

話は変わりますが、今日から、プロ野球も交流戦を終えて後半戦が始まりました。深夜には、ウィンブルドンテニスも始まり、スポーツ好きには寝不足の続く日々ですね!

スポーツの世界は勝った負けたがはっきりする世界です。非常に厳しい世界です。政治の世界も同じだと思います。

自分に負けないように、「昨日の自分に勝つ、今日の自分になるように!」頑張ります!!!

本日の都市整備では、3・3・7号線の開通時期は当初23年度との発表がありましたが、今回の震災の影響で半年ほど遅れるとのことです。

3・3・6号線の開通も合わせて早めて欲しいものです、、、遅れに遅れているようで、開通は何年度になるかわからない?何とかしなければ!頑張ります!

都市整備において、幹線道路の整備は街の活性化にもつながる事業で軽視できないものです。区画整理事業と合わせて今後も、注視して参ります!

午後からは、市民相談の内容確認と解決のために協議致しました!

夕方からは、地元町会長さんと課題解決にむけて面会して頂きました。これからも、真摯に目の前の課題に取り組んでいく決意です!

本日は、継続審議となっていた「容器包装リサイクル法を見直し、発生抑制と再使用を促進するための仕組みの検討を求める陳情と松戸市立学校及び松戸市立幼稚園の学校医、学校歯科医及び薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例の制定についての採決が行われました。陳情は不採択、条例の改正は採択されました。

その後、新設小学校の建設予定の話がありました。東部小学校区、つまり北総鉄道の秋山駅~東松戸駅~松飛台駅にかけてのエリアが区画整理事業により人口が急増しているため、このままでは、東部小学校の児童数が平成29年度には1200名を超えてしまうとのこと。新設校の建設でこれを緩和しようというものです。

(仮称)関台小学校は松飛台駅前に学校用地があるため、松飛台及び串崎新田エリアの学区の子ども達には通いやすくなることでしょう。課題はあると思いますが、松戸市にとっては、25年ぶりの新設小学校となるとのことです。単に学校を作るだけでなく、老若男女が住みやすいまちづくりをしていくようこれからも取り組んで参ります!

午後からは、市民相談2件です。

1件目は、ご自宅の放射線量が気になるとのことで山沢幹事長とお邪魔しました。幸い、我々の簡易測定器では低い数値が出たので少しは不安を取り除けたかと思います。

2件目は、下水道に関することでした。まだまだ、勉強しなければと痛感させられました。これからも、高橋伸之、頑張ります!

午前中は、健康福祉常任委員会です。市立病院の加算料について審議が行われました。

午後は、病院建替検討委員会が行われました。

市長の答弁では6月30日に複数案が執行部から議会に提出されるとのことですが、何件出るかはまだ出せないとのことです。

また、議会が6月27日に最終日を迎えることから、早く出すように要望が出されましたが6月30日になるとのこと。

委員会の最後で公明党石川議員がしっかりと議会と市民が納得し、検討しうる案を出すように釘を刺しましたが、、、

出てくる案を待ちたいと思います、、、

午前中は、市民相談1件とその他、数件の市民相談を協議致しました。

総務財務常任員会では、震災による補正予算の審議が行われました。

夜は、松戸市議会議員のなかで消防団に所属している議員(7人もいます!)の勉強会発足式でした。

会派を超えて松戸市防災に力を入れていくことを結束し合いました。

九州では連日の豪雨が深刻な問題になっています。地元の公明党議員の奮闘を期待致します!

本日は、午前中は地域懇談会、午後は市民相談、夜も地域懇談会でした。

昨日は、午前中の市民相談の後に、議会報告書を作成致しました。しっかりと、のぶゆき個人の一般質問の内容や会派として前進した案件を報告していこうと思います!

その合間では、国会中継が行われており、公明党参議院議員の西田実仁(にしだ まこと)氏が復興特別委員会で質問をしていました。

その内容は、

*福島県内の校庭の汚染土壌が掘り返された後、そのままになっている現状を指摘し、早急に処分方法を決めるよう要望していました。

残土の処分について国は、「法律を制定する必要がある」とのこと、、、いったい、何ヶ月待てば良いのでしょうか?

*被災した生活保護受給者が義援金などが入るとして支給を打ち切られる方針を打ち出した厚生労働省について、「あまりにも冷たい」と批判、さらに、被災地の介護サービスについても、具体的な施策の提案をしながら、何も進まない現政権のやり方を糾弾し、仮設の特別養護老人ホームの建設を訴えていました!

まさに、我々国民の代弁者として国に訴えてくれている姿を見て頼もしく思いました!

自分も松戸市民の代弁者として、訴え続けていかなければと決意致しました!