高橋のぶゆきtwitter
公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 高橋伸之
nobuyuki.t@jcom.zaq.ne.jp

Archive for 2011年 5月

松戸市は放射線簡易測定器を購入し、5月23日から測定を開始しました。

それに伴い、以下の松戸市として対応をするとの返答がありましたので抜粋して報告致します。

〈測定について〉

測定した数値については、引き続き市のホームページ等で公表いたします。

〈給食等いついて〉

放射線量の測定値が高い場合は、国が出荷停止等の措置を行うため、市場へは流通しなくなることから、給食食材として使用されなくなります。

千葉県産の食材については、千葉県が放射性物質に関して検査を行い、その結果を千葉県のホームページで公表しております。

〈児童・生徒等の屋外活動について〉

放射線測定の結果、高い数値が出た場合は、基本的な屋外活動は中止あるいは時間を制限して実施いたします。

私立幼稚園等につきましては、市と同様の対応をしていただくように関係団体へ情報提供などの周知をしております。

〈水道水について〉

江戸川表流水を原水とする水道水から放射性物質が検出されて以降、毎日1回の放射能測定が実施され、松戸市ホームページ等において公表しております。

松戸市水道部が使用しております地下水は深井戸でありますが、安全確保のために1週間に1回の検査を実施しております。検査につきましては、当面の間継続します。

〈下水道について〉

松戸市常盤平終末処理場は合流式下水道(雨水も混じる)のため、放射性物質が含まれている可能性のある雨水などの汚水や脱水汚泥への濃縮が考えられます。現時点においては、国からの測定方法や測定値等の基準が示されておりませんので、これが提示された時点で、放射性物質のモニタリングを実施いたします。

〈公共施設の土壌について〉

公共施設における、放射能による土壌汚染に関しましては、施設自体における放射線量の測定値が高い数値が出た場合は、土壌の入替等の対応策を検討いたします。

〈ガイドライン等安全に関する市としての指針について〉

基準を設定するにあたっての裏付けとなる根拠が、国や研究機関あるいは、有識者によって、まちまちであることから、現時点においては測定値におけるガイドライン等の策定が困難な状況です。

今後は、東葛6市で協議会を設置し、ここで協議された内容をもとに、国、県や関係機関などからの情報の公表と併せて、松戸市としての対応についても随時見直しをすることといたします。

参考までに、

読売新聞(5月29日付)に発がんリスクについての記事が載っていましたのでご紹介いたします。

1.6倍 喫煙

1.4倍 日本酒換算で毎日2~3合の飲酒(500~1,000ミリシーベルトの被爆

1.29倍 やせすぎ

1.22倍 肥満

1.15~1.19倍 運動不足

1.11~1.15倍 高塩分食品のとりすぎ

1.08倍 100~200ミリシーベルトの被爆

1.06倍 野菜不足

1.02~1.03倍 受動喫煙

生活習慣と放射線被曝ではリスクの種類が異なるので、自分で判断し行動していくことが大事であるとのことです。

5月25日~5月27日、被災地である宮城県石巻市、東松島市と岩手県宮古市に会派を代表して私と石川議員の2名で行って参りました。

東松島市では避難所となっていた矢本第一中学校の千葉校長先生と教頭先生にお話を伺いました。

突然、1,200名の避難所のリーダーとなって陣頭指揮を執られた校長先生はじめ教職員の皆さんにはただただ脱帽です。

常日頃からの人と人との繋がりが、有事の際には最も大事であるとのことでした。

宮古市では県立宮古病院で佐藤院長先生、東山事務局長と松館次長に面会頂きました。

災害拠点病院としての役割などを学ばせて頂きましたが、もっと大事な人間として必要なものを教えて頂いたと思います。

継続して支援を続けていく!思い続けていく!人間として何ができるのかを自身に問い続けていく!この思いを胸に刻んで参ります!

お忙しいところ、お時間を頂いた皆さまに心より感謝申し上げます。

神田川と言えば、東京の都心を流れるあの有名な神田川が頭に思い浮かぶと思います。皆さんもそうですよね?

しかし、我々の住む松戸市にも神田川が流れているって知っていましたか?

現在は道路の下を流れており普段は見ることができませんが、、、

今日は朝から水に関する施設の視察を行いました。

まずは、岩瀬の公園下にある雨水貯留池です。雨水を一時的に貯めてこの地域の浸水を防ぐための池ですが、最近のゲリラ豪雨で対応できないケースもあるとのことです。

(のぶゆきは写真係なので写っておりません)

この後のことは、後日掲載致します!

朝から6月議会に向けた会議を行いました!

会派での6月議会のテーマは、、、ずばり!

6月9日木曜日から行われる本会議一般質問の傍聴に来て頂ければわかります!

10名がそれぞれの原稿を読み合わせ、白熱した議論が繰り広げられました!私は、いつも1番目に発表しますので緊張します。多くのダメだしを頂きながら良い内容の質問を作ってまいります!

会議後は、放射線の専門家である先生に勉強会を行って頂きました!1時間30分ほどの時間ではまだまだ足りないというのが実感です。

松戸市も今日から独自に放射線量を市内8カ所で測定していくとのことです。東葛地域の要望書を受けて千葉県も測定地点を増やしていくことまでは決定致しました。

放射線という見えない敵をしっかりと学び、正しい知識で対応していくことが求められていると実感しました。

昨日に引き続き、朝9時から財政の勉強です!今朝は地震の影響で中央線が遅れているのか、時間に遅れて来る方もいたようです。

各自治体の財政に関する資料は市民にも公表されており、閲覧しようと思えば簡単にできます。しかし、閲覧してもその中身がわからなければ何の意味もありません。

また、財政に関する数字を単年度で見てもわからないことが多く、経時的に見なければわかるものもわかりません。

昨日と今日で勉強したことはしっかりと自身の糧として、またの機会に検証してまいります!

15時に終了し、研修センターを出ると雨が降り始めました。このようなゲリラ的な雨が降る度に地元の水がでる地域が気になります。。。

帰ってから地元に帰って市民相談、夜は懇談会に参加しました。明日は会派で朝から夕方まで会議が行われます!

「議員たる者、財政に強くなければならない!」との先輩議員の激励もと、日野市で行われた議員研修に同期の伊東議員と参加して参りました!

1日目は午後1時から夜7時30分まで「松戸市の決算状況などの資料」とにらめっこさせて頂きました。

「自分の街を数字で語れるようになれ!」とは尊敬する先輩の言葉です。勉強していてなかなか理解できない部分もありましたが、これからの継続した研鑽が大事になると思います。

宿題を終えて夕ご飯を食べたのは夜の9時を過ぎた頃でした。

朝の駅頭、支援者の方との市長室訪問に続き、午後からは6月議会に向けての勉強です。

3月議会は会派代表質問で織原議員が質問を行った為、人生2回目の議会質問になります。

3月に持ち越したものや直近の課題に取り組んでいこうと決意しております。

しかし、今週末は財政に関する研修会参加、来週からは視察が続きますので本当に時間がありません。

今夜は、日頃お世話になっている皆さんとの懇談会が入っております。議会報告を含めて、皆さんの要望をお伺いして参ります!

午前中は市民相談、午後は地域廻りです。

普段は何気なく見ていた風景も、目線を変えると新しい課題が見えてきます。

市内にはまだまだ課題が多いなと実感させられました!

最近、事故が起こったカーブに注意喚起の看板を設置してもらいました!

これからも、地域の課題にしっかりと取り組んで参ります!

本日は会派で市内施設の視察を行いました。

まずは、認可と無認可の幼保一元化施設を持つ「東進ポップキッズ」です。園長先生から行政に対するご要望やご意見などを頂戴致しました。

その後に訪れたのは、市立幼稚園の廃校を利用した「子ども読書推進センター」です。

施設内の展示やお話し部屋などを見学致しました。こどもDE広場も併設しています。

私が生まれた昭和46年に学校にあった書籍の一部が展示されておりました ↓

その後は、市役所議会棟で行われた「議場コンサート」で疲れた心を癒して頂きました。また、多くの皆さんに参加頂きました ↓

午後からは、し尿処理施設の「東部クリーンセンター」です。野球場・テニスコート・プール・公園・高齢者福祉施設などを併設しているセンターです。

くみ取り車で集めたし尿を24時間できれいな水にし国分川に放流しています。

くみ取り車でし尿を回収 ↓

きれいになった水は放流される ↓

最後に、市立病院建て替え予定地で購入している紙敷65街区・66街区を確認してきました。計画道路もここはできあがっています。

紙敷65街区から撮った写真(右側は計画道路・現在は通行不可) ↓

「知恵は現場にあり!」机上の議論ばかりではなく、最後まで現場主義でさまざまな課題に取り組んでいきます!

本日、松戸市より連絡がありましたので報告致します!

放射線測定の件は最近のブログに掲載しているように、市に働きかけたり議会でもしていたところですが行政も大きく動き出しました。

本日付けで、東葛地区6市長連名による要望書を千葉県に提出したとのことです。

東葛地区とは、野田市、柏市、流山市、我孫子市(あびこし)、鎌ヶ谷市、松戸市の6市です。

要望内容は以下の3点です。

1.地表から1メートル地点での放射線量の測定と公表

2.保育園、幼稚園、学校等の土壌の測定と公表

3.大気中ならびに土壌の放射線量に関する国の規準に基づいた評価の公表

千葉県がどう出るかこれからの対応をしっかりと見ていきます!

ちなみに、皆さんご存じのように千葉県の知事は森田健作ですが、正式文書では本名(鈴木栄治)で出すようです!