高橋のぶゆきtwitter
公明党広報
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 高橋伸之
nobuyuki.t@jcom.zaq.ne.jp

Archive for 2011年 3月

ブログを更新せずにすいません!月曜日からバタバタしておりました。

そんな中でも月曜日にあった市立病院建替検討委員会にて「現地建替は難しい」との答申が出ました。今後の動きに大注目です!

また、松戸市に福島県から避難している被災者の児童受入れ状況が報告されました。

それによると、小学生17名、中学生5名、高校生は受験等の問題もあるのでまだわかりませんが、受け入れ準備はしていることでしょう。

小中学校時代の友人は一生付き合う友になります。福島の皆さんが松戸の友人をたくさん作ってくれて、松戸を好きになってくれることを祈ります。

最後にうれしい報告です。「公明党の取り組み」でもご紹介している二回目の義援金が日赤に寄託されました。

公明党は30日、東日本大震災の被災地復興のために寄せられた義援金4億円を、東京都港区の日本赤十字社で大塚義治副社長に寄託した。

公明党は18日にも第1次分として1億円を寄託。この日は第2次分で、党の義援金口座にはこれまでに、2万5000件あまりの支援が寄せられている。

大塚副社長との懇談で山口那津男代表は、「毎日のように全国から義援金が寄せられている。善意が積み重なり、これだけ多くの額に上った」と紹介。被災地の復興へ最大限に役立ててほしいと念願した。

大塚副社長は度重なる義援金の寄託に感謝し、「一日も早く被災者のために有効に使わせていただきたい」と述べた。

原発の問題はまだまだ終息しているとは言えませんが、チーム3000の力でこれからも日本復興のために取り組んで参ります!

本日も念のため、給水が行われました。摂取規制が解除されたにも関わらず、お水をもらいにくる親御さんがいらっしゃいました。ああいう報道と政府の会見では心配になるのは当然です!

ところで、我が家の小学生たちも春休みになり毎日テレビゲームに興じております。今回は統一選挙が終わるまでは、どこにも遊びに連れて行けないけれど家族のみんな!我慢してください。

終了式にもらってきた手紙は給食に関するものでした。

今回の震災の影響により、農産物の不足、食品工場の停止、物流の混乱、停電の不確定さ等の状況から、4月の学校給食を予定通り実施することは困難であると判断し、給食開始日を延期したいとのことです。

給食が開始されるまでは、お弁当持参の可能性もあります。午前中に買い物に行かなければ物が無くなる状況下で、朝のお弁当作りの負担も増えてしまう、、、こんなところにも影響があるなんて、、、

まだまだ、どんなところに震災の影響が出るか不安はありますが、みなさん、前向きに歩いていきましょう!支え合っていきましょう!

松戸市の「ちば野菊の里浄水場」と「栗山浄水場」の給水河川である江戸川、その反対側にある「金町浄水場」で放射性ヨウ素が乳児の摂取指標を超える数値が検出された日からこの土日も市内で給水サービスが行われる。

そのアナウンスが防災無線を通じて放送されるわけだが、、、多くの市民から防災無線や広報カーが廻っているが、

何を言っているのかわからない!

との苦情を受けました。

続く余震、原発の問題、計画停電、通勤電車への影響、物資の確保などなど、、、市民は「情報」に敏感になっております。携帯を利用している人は防災メールやツイッターですぐに情報を得ることができます。

しかし、お年寄りには正確な情報が伝わりません!誰にでも分かり易い情報伝達ツールを考える必要があると実感しています。

「情報」に踊らされる必要はありませんが、「情報」をスピーディーに知る必要はあります。

テレビでは報道されていない避難所が東北にはたくさんあると聞いております。先日もある方から、個人的に物資を送って欲しい旨の連絡があり町会で支援物資を集めていると伺いました。

また、ある人は居ても立ってもいられず、車に支援物資を詰め込み被災地へ駆けつけたそうです。現場は報道されている以上に悲惨な状況で、食べ物は少なく、灯油もガソリンも無いと報告があったそうです。

マスコミは大きな避難所の情報ばかりでなく、小さな避難所や比較的被害の少なかった地域の実情も報道すべきです!また、大衆を煽るような報道は避けるべきです!

「正しい情報」をみんなで共有し、支え合う日本を作っていきましょう!公明党はチーム3000のネットワークで「小さな情報」もしっかりと県へ国へ伝え続けていきます!

本日も朝6時から市役所正面玄関前にて給水作業を職員の皆さんが行ってくれていました!早朝より大変ありがとうございました!市内では市役所以外に、小金浄水場、常盤平浄水場、運動公園にて給水を行っていました。この土日も行ってくれますので、詳細は松戸市ホームページをご覧ください!

実は昨夜、妻の実家(岡山県)から電話があり、松戸の水道水がニュースになってるけど大丈夫か?との問い合わせがあったそうです。我が家は小学校2年生・4年生の子どもがいますが、水道水を気にせず飲んでいます!松戸市の「ちば野菊の里浄水場」は江戸川の水をくみ取っています。私が子どもの頃から父親に連れられて魚釣りを楽しんだ、まさに我が故郷の川”江戸川”です。以前の江戸川は水質汚染が進んでおり非常に汚かったと聞いております。しかし、関係各位のご努力によりまさに昔のきれいな江戸川に戻ってきています。梅雨の時期から夏にかけて、江戸川では手長エビ釣りが楽しめます(場所は教えられませんが、、、)。原発の状況が好転するように今後も公明党として出来ることを政府に働きかけていきます!我が故郷の川を守ることが、松戸市のみならず、千葉県、首都圏の皆さんの命とも言うべき水を守ることになると信じて、、、

松戸市で行われている給水の水は市の浄水場地下200メートルからくみ上げた水だそうです!幸いにも、松戸市内には井戸水を使っている家庭が多く残っています。そのようなお宅の水をシェアできるよな提案をして欲しいとの要望もありました。

本日は、市役所で市民相談のあと県会議員選挙の応援でした。非常事態の時こそ、「本物の」「顔の見える」「実績のある人物」が選ばれるべきではないでしょうか?

「後手後手の対応しかできない政府」「人気取りだけのアピール政党」「看板だけをころころすり替える人物」、、、賢明な皆さんは誰が本物かもうわかっているはずです!

公明党は震災後も的確な要望を迅速に政府に訴え続けました。「公明党の取り組み」「政府への公式要望」を見てください。

我が公明党議員は立党精神を胸に訴え続けます!

大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆の中に死んでいく!

震災の影響もあり、予算審議が簡素化されました。また、全てを傍聴しようとしましたが、震災の対応等で動き回っていたため全部の委員会を傍聴出来ませんでした!

本日で3月議会が終了しました。公明党が要望していた来年度の予算がたくさん可決されました!

皆さまの声がカタチになります!詳細のお知らせは少し後になりますが、少々お待ちください!

午前中の議会が終了し、控室に戻ると携帯電話に数件の留守番電話が、、、

松戸市の野菊の里浄水場と栗山浄水場の水道水からも放射性ヨウ素が検出されたとの報道を受けての問い合わせでした。

本日は市役所と各支所で水を配給してるとのことで、早速、確認してきました。

その後、市の素早い対応で、本日の夜は17:00~21:00に小金浄水場と常盤平浄水場で容器持参の方に2リットルまで給水するそうです。

また、明日は6:00~17:00に松戸市役所正面玄関、9:00~16:00に小金浄水場、常盤平浄水場と運動公園で容器持参の方に給水するそうです。

いずれも、乳児のミルク用ですのでお間違いなく!お隣の金町浄水場の水は一日で放射線ヨウ素の数値が下がりました!みなさん、冷静な行動をしましょう!

松戸市でも避難者に小中学生がいる場合は柔軟に転校などができるようになったようです。

これも公明党が政府に公式に要望していた案件です!今後も公明党の要望(皆さんの声)が実現し震災復興に尽力して参ります。

また、松戸市でも救援物資の受付が始まりました。募集救援物資などは社会福祉協議会(電話:047-362-5963)にお問い合わせください。

しかし、江戸川を挟んで松戸市の反対側にある金町浄水場の水道水から放射性ヨウ素が検出されました。

市の発表では、

乳児に対しては摂取しないようにお願いいたします。なお、乳児以外の方は摂取指標値を超えておりませんので、通常通り使用できます。

とのことですが、、、先ほど、お店から水とウーロン茶が消えた!との情報がありましたが、皆さん、過剰反応はやめましょう!落ち着いて行動しましょう!私たちよりも大変な状況で頑張っている方がたくさんいます!国難の時こそ、団結してこの苦境を乗り越えましょう!

今日も昨日に引き続き冷たい雨が降っています。

本日までに松戸市で受け入れた避難者は17時現在で302名となりました。そのなかでも、ホームステイで4件29名の方々を受け入れています。市職員の皆さんはもちろん、善意でホームステイ先を提供して頂いた方々も誠にありがとうございます!

それに伴い、市内の市民センターは全館が3月31日まで利用中止となっています。サークルなどで利用している方は事前に確認を!

それから、今回の震災関連で新しいページを作成しましたので見てみてください。

☆公明党の取り組み・・・地震発生から公明党が取り組んできたものをまとめてあります。

☆救援物資受付・・・3月22日~27日まで千葉県庁で個人からの救援物資を受付始めました。※松戸市は準備中です。

☆政府へ公式要望・・・公明党チーム3000のネットワーク力を使って、皆さんから頂いた要望を政府へ公式に要望したものとその対応をまとめてあります。

本日のニュースで一部の被災地の県議会議員選挙と統一地方選挙の延期が決定されました。

地震後の取り組みや政府への公式要望などを見て頂ければ、政治(家)の出来ることを率先してやっているのは公明党であることをご理解頂けると思います。私もしっかりとチーム3000の一員として松戸市と日本のためにがんばって参ります!

今、松戸市にはしとしと冷たい雨が降っています。そんな中、閉まっているガソリンスタンドが多いため灯油が買えません!

灯油はもちろん、ガソリンも買えない状況が続いています。かく言う高橋の軽自動車のガソリンも限りなく空に近づいてきました。

県会議員選挙の今後の取り組みなどを協議した後、地域を廻っていたところ、な、なんと営業しているスタンドがありました!

20分ほど並んで給油できましたが、

給油は3000円までにしてください!今、本当にその給油が必要ですか?このガソリンを必要としている人がいます!

との張り紙が、、、しっかりとルールを守らせて頂きました!

今夜のニュースでは関東地方のガソリン不足は解消されるだろうとのことです。公明党本部から政府に対して備蓄在庫の緩和を要請することを受けての対応だと確信しています。

その後、常盤平市民センターに行き、避難している方々のご意見を伺いました。

一人暮らしなので余震が心配。みんなでいると安心。いつまでここにいられるのか不安。

など、家屋などに大きな被害が無かった方でも、心に大きな傷を負っていることを肌身で感じました。

今後の対応を、党派で協議していきたいと思います!

本日は日曜日にも関わらず市役所市民課は通常通り行われました。市職員の皆さん、お疲れまでした!

11日の震災で市役所外壁の一部が破損しましたが残りの危険な外壁を取り除く作業が行われていました。

午後からは、再度、地域を廻りましたが、屋根瓦の破損したお宅が多いことが確認できました。

また、近所の農家を営む高橋さんのお宅を訪ねると、

これから農耕期になるのにトラクターの燃料(軽油)が心配だ!農家では軽トラが必需品だが、ある農家のお宅はガソリンを入れるために朝6時からスタンドに並んだが自分の順番が来たときにはレギュラーが売り切れていたため、初めて軽トラにハイオクを入れた!

など、今後の燃料事情に不安の声を頂きました。このような現場の声をチーム3000のネットワーク力で上に上に繋いでいきたいと思います!

本日まで松戸市では261人の方を受け入れています。市職員、ボランティア、ホストファミリーの方々、休日・昼夜を問わないご尽力ありがとうございます!

以下、松戸市ホームページ及びツイッター情報です。

避難してくる方は、まずは市役所防災課に連絡してください。

防災課 047-366-7309 mcbousai@city.matsudo.chiba.jp

また、避難者を受け入れてくれるホストファミリーも募集しています。

受け入れ可能の方は以下の内容を防災課まで連絡してください。

①ホームステイかアパート等の空き部屋提供か?

②有償か?無償か?

③受け入れ可能人数

④受け入れ日数

⑤食事の提供は可能か?

⑥駐車場の有無

⑦その他の条件

また、受け入れに当たっては、滞在スペースの提供、寝具や生活用品の提供、食事の提供、コミュニケーションなどをお願いする事になるそうです。

近隣市でもぞくぞくと避難者の受け入れが始まっています。日本全国に助け合いの輪が広がっています!