menu

本日は松戸市議会3月議会の招集告示日。いよいよ3月議会がはじまります。しっかりと取り組んでまいります!
3月議会は、平成29年度の補正予算などを審議するとともに、平成30年度の予算案を審議するとても大切な議会です。
本日は、予算案を含めて57議案が上程されました。
1つ1つの議案に、真正面からぶつかり、市民福祉の増進へ向けて、真剣に取り組んでまいりたいと思います!
(写真は、本日の配布資料。すべてで、10cmぐらいになります。)

1515145186987

皆様、あけましておめでとうございます!
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

さて本日は、新年のスタートに当たり、秋林県議と市議5名にて、松戸駅にて新春の街頭演説を行わせて頂きました。
昨年10月に行われた衆院選で、私ども公明党は、「教育負担の軽減」・「全世代型社会保障の充実」を掲げて戦い、国民の皆様から引き続きの信任を得ることができました。
そして、12月には、政府が2020年に向けて進める政策をまとめた「新しい経済政策パッケージ」に、公明党の訴えを数多く盛り込むことができました。

この一年も公明党は、大衆の中から生まれた政党らしく、皆様の暮らしを守り抜いてまいります!
どうか引き続きのご支援を、宜しくお願い申し上げます!

1513570103256

本日は「公明党松戸総支部党員大会」を森のホール21にて開催させていただきました。
大変にお忙しい中またお寒い中にもかかわらずお越しいただいた党員そしてご来賓の皆さまに心から感謝申し上げます!

この記事の続きを読む »

SKM_C284e17091919040_0001

本日の公明新聞に松戸市の取り組みを掲載していただきました。

全国的に待機児童対策が大きな課題となる中で、我が松戸市にあっては、市内全23駅に「駅ナカ」もしくは「駅チカ」の小規模保育施設の設置が完了しました。
その他にも様々な待機児童対策を行った結果、2年連続で「待機児童ゼロ」も達成出来ました。
私ども公明党は、一貫して保育サービスの多様化への対応を訴えて続けてまいりました。
今後とも、子育て支援のさらなる充実に向けて取り組んでまいります!

汎用_00665_jpg

本日、一般質問を行わせていただき、市民福祉の増進に向けて訴えてまいりました。
要旨について以下の通りご報告致します。

1.行政経営システムの再構築ついて
近年の自治体経営にあっては、Plan(企画立案)、Do(実施)、Check(評価)、Action(企画立案への反映)というマネジメント・サイクルを回し、業務を改善して行くための取り組みを行うことが常識のようになっています。
しかし本市にあっては、その取り組みが十分に行われていない様子が見受けられたため、6月議会にてその状況を確認したところ、業務改善のための「行政評価」の取り組みや、PDCAサイクル強化のための「サマーレビュー」などが休止してしまっている現状が明らかになりました。私はそのような状況は決してあってはならないと考えます。
そこで、改めて、「行政評価制度」の再構築をはじめとした「行政経営システム」全般の強化策の必要性を訴えました。
市からも、松戸市の状況に合致したやり方で取り組むことが重要として、有効な評価制度などを検討していく考えが示されました。
今後とも、本市の更なる行財政改革の取り組みを推進し、事務事業の効率化と市民福祉の増進を図ってまいります。

2.肝炎の重症化予防対策について
我が国のウイルス性肝炎の感染者は、約300万人存在すると推定されておりますが、自覚症状が出ないことが多いため、本人が気づかないうちに肝硬変や肝がんへ移行するケースが多く存在しております。
その一方で、最近ではC型肝炎の治療効果は飛躍的に進歩し、飲み薬でウイルス排除が可能になるまでになってきています。
しかし昨今、ウイルス検査で陽性と判断されていながら治療につながっていない方々が多く存在することが課題となっており、国にあっても、陽性者の適切な受診を促すためのフォローアップ体制の整備に取り組んでいます。
そこで、本市にあっても、陽性者に対する肝炎の重症化予防対策を更に強化すべきであると訴えました。
市からは、陽性者に対するアンケート調査の実施や電話による受療勧奨など、積極的な取り組みを進めるとの考えが示されました。
私はこれまでも、肝炎対策に積極的に取り組み、乳幼児へのワクチン接種の拡大などを推し進めてまいりましたが、成人の重症化予防策も更に推進できるよう取り組んでまいります。

3.市立学校における施設の整備について
学校施設の管理者である市町村は、建築基準法及び消防法の規定に基づき、学校の施設・設備について、定期的な法定点検を実施することが義務付けられており、是正が必要と判断された項目については、早期に是正し、学校施設を常に健全な状態に維持する事が必要です。
しかしながら、会計検査院が平成26年度の会計実地検査にて、是正状況を検査したところ、是正項目が早期に是正されていないことが明らかになりました。
我が松戸市にあっても、建築基準法点検では15件が、そして消防法点検では46件が、その是正時期すら未定であることが明らかになりました。
しかしこのことは、決して見過ごすことの出来ない内容であり、本市にあっても優先的に取り組むべきだと指摘しました。
市からも、早急に改善してまいりたいとの認識が示されました。
今後とも、児童生徒の命を守る取り組みとして、全力で推進を図ってまいります。

本日は9月議会の招集告示日です。いよいよ9月議会が始まります。
今回も、公明党10名の議員が団結し、市民福祉の更なる増進に向けて全力で取り組んでまいります!

本日は一般会計補正予算をはじめとして16件の議案が上程されました。判断の難しい議案もあり、真剣に議論してまいります!

また本日からは一般質問の通告も始まり、私も通告してまいりました。
内容は、以下の通りです。
1.『行政経営システム(サマーレビュー)の再構築について』
 6月議会に引き続き、本市の行政経営システムの充実、行政評価の再開の必要性を訴えます!
2.『肝炎の重症化予防対策について』
 肝炎ウイルス検査の陽性者に対するフォローアップの必要性を訴えます!
3.『市立学校における是正が必要な施設の早期是正について』
 市立学校における建築基準法・消防法点検での要是正項目について早期是正を訴えます!
市政が前進するようにしっかりと取り組んでまいります!

なお、9月議会は、昨年度平成28年度の決算審査も行われます。こちらも重要な認定となりますので、真剣に取り組んでまいります!

お時間のある方は、是非傍聴にお越し下さい!
(写真は、本日の配付資料です。全部で10cmぐらいの厚さです!)

20170809_141655

本日は、日帰りで大阪府 羽曳野市へ行政視察にお伺い致しました。

視察のテーマは、「行政評価の再構築」です。

去る6月議会では、松戸市の行政評価の取り組みについて取り上げ、本市の行政評価が十分に行われていない現状が明らかになりました。

しかしこの事は、本市に限った事ではなく、全国的に行政評価の推進に課題を抱えているという実態があります。

そんな中、羽曳野市さんは積極的に行政評価の再構築を行い、今年度より新しいスキームで運用を開始しています。

本日は、その再構築の内容について、学ばせていただきました。

担当者の方の、地道な努力が実を結んだものと実感できました。

是非、松戸市にあっても行政評価の再開が出来るように、後押しをしてまいりたいと思います。

20170809_145519

さて、この写真は、羽曳野市役所のすぐ裏にある「墓山古墳」の一部分。

過日、百舌鳥・古市古墳群が世界遺産に推薦されたとのニュースが流れましたが、羽曳野市役所の周りには、数多くの古墳が存在しています。

世界遺産に登録されることを陰ながら応援したいと思います。

 

sns_73274_0653632001449499791_0.jpg

本日、一般質問を行わせていただきました。
質問内容は、
1.行政評価の取り組みの現状と今後の方向性について
2.統一的な基準による地方公会計の整備促進について
3.障がい者支援の更なる促進について
の3項目で質問し、更なる市民福祉の向上に訴えてまいりました。
以下に、要旨のご報告を致します。

 

1.より良い行政活動を目指し「行政評価」の充実を!

「行政評価」とは、自治体が行った政策について、自らが必要性・効率性などを評価し、政策の見直しや改善に結びつけていこうとする取り組みのことを言い、近年の自治体経営においては常識のようになってきております。
松戸市にあっても平成12年度より「行政評価」を導入していますが、最近その取り組みが十分に行われていない印象を受けます。
そこで改めて、本市の「行政評価」の実施状況を質しました。
すると、松戸市の「行政評価」は26年度をもって休止したとの答弁があり、本市では、業務を改善するための取り組みが、全く行われていないことが明らかになりました。
この様な事態は決して容認できるものでは無く、市の姿勢を厳しく指摘するとともに、「行政評価」の取り組みの必要性を訴えました。
今後、本市にマッチした「行政評価」の一日も早い再開を目指し、市に働きかけてまいります。

 

2.財政の「見える化」の推進を!

地方公共団体を取り巻く環境が益々その厳しさを増す中にあって、国は、地方公共団体に対して地方公会計の整備促進を促してまいりました。
そして、平成27年1月には「統一的な基準による地方公会計マニュアル」を取りまとめ、27年度から29年度までの3年間で、全ての地方公共団体において統一的な基準による財務書類を作成するよう要請しました。
つまり今年度が、統一的な基準による財務書類作成の最終期限にあたり、本市も統一的な基準により財務書類を作成し公表する必要があります。
そこで、本市の統一的な基準による財務書類整備へ向けた進捗状況を質問しました。
市からは、28年度分の財務書類を29年度中に公表し、更にセグメント別財務書類作成も検討しているとの積極的な答弁を得ました。
今後とも公明党は、財政の「見える化」に挑戦してまいります!

 

3.さらなる障がい者支援の充実を!

この10年余りの間、障がい者支援への取り組みは大きく変化してまいりました。
本市においても、それらに対応すべく、平成25年度から32年度までの8年間を計画期間とした「第2次松戸市障害者計画」を策定し、障がい者支援への取り組みを推進しています。
その中では、計画期間の中間年である平成28年度に中間評価行い、進捗状況を把握することになっています。
東京パラリンピックが3年後に迫るなど、障がい者への理解を深める絶好の機会を迎えた現在、更なる障がい者支援を推進するために、中間評価の状況を確認しました。
答弁では、重点事業を含めた各事業について、順調に推移しているとのことでした。
公明党は、今後とも、障がい者福祉の更なる強化に全力で取り組んでまいります!

 

20170607_002157

本日は、6月議会の招集告示日。いよいよ、6月議会がスタートです。

写真の通り、市長、議長より招集の通知が届きました。
また、今議会には、議案9件、請願5件が上程される予定となっております。

また、本日は例によって、一般質問の通告も行われ、私も提出してまいりました。
今回は、
1.行政評価の取り組みの現状と今後の方向性について
2.統一的な基準による地方公会計の整備促進について
3.障がい者支援の更なる促進について
の3項目を質問することに致しました。

今議会も、会派10名団結して、取り組んでまいります!

地方自治体の基金をめぐり財務省と総務省の対立が起こっています。

ことの始まりは、5月に行われた財政制度等審議会で、自治体の基金残高が21兆円になったことに対して、「地方財政には余裕がある」と指摘されたことからになります。

財務省はその通りとして、財政配分の見直し論を訴えはじめました。それに対して総務省は、地方財政に余裕があるかのような議論は不適切と反発しています。

私ども市民は、今後の推移を見守るしかありませんが、財務省の主張は極めて乱暴だと言わざるを得ません。

十把一絡げで論ずるのでは無く、個別個別の検証が必要と考えます。丁寧な議論が必要です。

年末に向けて、地方財政対策から目が離せなくなりました。

公明党広報
おりはら正幸twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 織原正幸
orihara@aqua.ocn.ne.jp