menu
バックナンバー 2015年 9月

本日は、平木だいさく参議院議員をお迎えして「おりはらグループ」党員会を開催させていただきました。
参議院安全保障特別委員会のメンバーとして、先週末に可決成立した「安全保障法案」の審査に当たり、大活躍された平木議員の多岐にわたるお話を伺うことができました。
新聞報道などでは決して報道されないような、現場に立ち会った人だからこそ語れるお話しや、もちろん今回の安全保障法案の全体像についてわかりやすく語っていただくとともに、憲法学者の方々のご意見に対する認識、お友達に語るときの語り口などもご紹介いただきながら、1時間みっちりとお話いただきました。
本日ご参加いただいた党員の方々も、満足のご様子で、明るい笑顔でした。
今回の安全保障法案も、当然ながらこれからがスタートです。
私も、一人でも多くの方々にご納得いただけるように、これからも丁寧な対話を重ねて参りたいと思います。
本日ご参加いただいた党員の皆様、そして、平木参議院議員、本当にありがとうございました。    

本日、本郷谷健次市長に対し、公明党市議団10名にて「平成28年度予算編成に関する要望書」を提出いたしました。
予算要望の内容は、15分野231項目になり、松戸市公明党として更なる市民福祉の増進に向けて、集中的に執行すべきと考える内容について具体的に要望させていただきました。
少子高齢化社会を迎える中で、重度な要介護状態になっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けることができるように「地域包括ケアシステム」の構築に関することや、松戸版の「地方人口ビジョン」「地方版総合戦略」の策定への取り組みに関することなど、要望事項は本当に多岐にわたります。
私ども市議会議員は、どこまでも現場第一主義で地域の皆様の小さな声を大切にしながら、一つひとつしっかりと政策として実現できるように、日々がんばっています。
本日の要望書が少しでも実現できるように、これからも頑張ってまいります!

20150903_174412本日、一般質問を行いました。
市民福祉の更なる増進に向けて、全力で訴えてまいりました。

概略は以下の通りです。
今後とも、しっかりと取り組んでまいります!
(写真は、私の一般質問の通告書です。)

「歳計現金の資金運用の効率化に向けた取り組みについて」
地方公共団体の一切の収入または支出に係る現金のことを「歳計現金」といいます。
そしてこの歳計現金は、法律によって、指定金融機関その他の確実な金融機関へ預金その他の最も確実かつ有利な方法によって保管しなければならないとされています。
一方で、法令上、国債や地方債など元本の償還および利息の支払いが確実な証券での運用も認められています。
大分県国東市では歳計現金のうち5割以上を超長期債券での運用を開始し、年間3,129万円の運用収入を得るに至りました。
松戸市の歳計現金の平均残高は約121億円と国東市の約4.6倍ありますが、債券での運用を行っておらず年間の運用収入は約250万円にとどまっています。
そこで、歳計現金の更なる運用推進を提案しました。
市も研鑽を深め、効率的な運用の研究に努めるとの認識が示されました。
今後とも、更なる運用収益の向上に向けて取り組んでまいります!

「人事院勧告を受けた取り組みについて」
本年8月、人事院は国家公務員の給与等勤務条件について勧告しました。
この度の人事院勧告におきましては、「給与勧告」の他に「勤務時間に関する勧告」として、原則全ての職員を対象にフレックスタイム制を平成28年4月より導入するように勧告しました。
近年、ワーク・ライフ・バランスの重要性について意識が高まり、働き方に対するニーズが多様化していることから、公務においても、フレックスタイム制を拡充することが必要であると判断されたものです。
国家公務員の働き方が明年4月から大きく変わることになりました。
そこで、本市にあっても職員のワーク・ライフ・バランス推進に向けてフレックスタイム制の導入について、どのように認識し、今後の取り組みをどう考えるか質問しました。
市も、国県の動向を注視しつつ勤務時間のあり方を研究していきたいとのことでした。
これからも、ワーク・ライフ・バランス推進へ取り組んでまいります!

「電力自由化への対応について」
世界的な規制緩和の進展の中にあって、国内の電力販売自由化も段階的に拡大されて来ました。
その間、松戸市の各施設にあっても、特定規模電気事業者(PPS)など「新電力」の導入により、電気料金削減に一定の成果を上げていただいたところです。
昨年、改正電気事業法が成立し、平成28年4月からは、一般家庭をも対象とした電力販売の全面自由化が開始されることになりました。
今回の自由化に当たっては、新規参入会社が相次ぎ、更なる電気料金削減が期待できます。
そこで本市の検討状況を質問しました。
市からは、新電力への切り替えの諸条件について調査研究するとの認識が示されました。
電気料金削減に向けて、今後とも取り組みを進めてまいります!

 

20150902_063930本日は、9月議会の招集日初日。いよいよ9月議会がスタートしました。(写真は、本日の日程表です。)
今議会には、平成26年度の一般会計決算などの認定が10件、平成27年度補正予算などの一般議案が14件が市長から提出されました。
また、市民の方からの請願・陳情も4件ありました。
いずれも、重要な案件です。
しっかりと議論して、市民福祉の更なる向上に頑張ってまいりたいと思います。
また、明日からは、一般質問も始まります。
私は、11番目に登壇するので、9月3日のお昼前後に登壇の予定です。お時間のある方は是非、傍聴にお越し下さい。
資金管理の更なる効率性向上などの点で、お訴えをさせて頂きます。
今議会も頑張ります。ご支援の程、宜しくお願い致します!

公明党広報
おりはら正幸twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 織原正幸
orihara@aqua.ocn.ne.jp