menu
バックナンバー 2014年 6月

松戸市6月議会も、本日20日までに、予定されている一般質問24名のうち19名までが終了しました。
私、おりはらは、現在のところ監査委員を務めているために、慣例により残念ながら一般質問は出来ないのですが、それでも、本日までに我が公明党から9名の方々の一般質問が終了し、公明党の訴えが大きく前進することになりました。
それは、「高齢者用肺炎球菌ワクチン接種」に対する助成制度についてです。
この件については、私も、平成20年6月議会の一般質問で取りあげて助成制度の開始を訴えてきました。
国にあっては、本年10月から定期接種化となる見通しですが、国の予定では65歳以上の高齢者に対して5歳きざみの方々がその助成対象になっています。
そこで、今回の議会では山沢議員が「全年齢を対象に助成すべき」と訴え、市からもその方向で検討するとの答弁を引き出しました。
併せて、接種率向上のために、問診票の個別通知の実施も前進しそうです。
これで、また1つ、命を守る取組が前進することになりました。
これからも公明党は、皆さまの「声をカタチに」すべく全力で取り組んでまいります!

本日は、6月議会の招集日初日。
いよいよ、6月議会のスタートです。いつも通り、しっかりと市民福祉の増進に向けて、全力で取り組んでまいりたいと思います。
さて、6月15日に行われた松戸市長選挙にあっては、以下のような結果となりました。
本郷谷健次 47,560
杉浦誠一  44,236
川井敏久  32,076
伊藤余一郎 11,302
私ども公明党も推薦した杉浦誠一候補は、一歩届かず惜敗となりました。残念ではありますが、真摯に受け止めつつ、今後ともしっかりと市政を監視してまいりたいと思います。
この松戸市にあっても、少子高齢化、人口減少、公共施設再編、防災対策強化、安心安全の構築、学校教育の充実などなど、課題は山積しております。ひとつひとつより一層研究して、松戸市に合った政策を提言してまいりたいと改めて決意しました。
この6月議会も、そのスタートと位置付け、真剣に取り組んでまいります。
明日から、一般質問もスタートします。公明党からも4人が登壇します。一致団結して頑張ります!

公明党広報
おりはら正幸twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 織原正幸
orihara@aqua.ocn.ne.jp