menu
バックナンバー 2010年 2月

本日は、3月議会の招集日初日。いよいよ3月議会がスタートします。

今議会では、本年度21年度の最終の議会であり、数多くの補正予算の審議を行うとともに、来年度22年度の予算の審議も行われます。

公明党議員団も、しっかりと取り組んで参ります!

本日は、3月議会の初日であり、市長の新年度の「施政方針説明」と、教育長の「教育施策方針説明」も行われました。

過日行われた予算案説明会以降、公明党会派として、連日、予算案に対する精査を行っておりますが、本日の「施政方針」説明により、今後一年間の重点方針がより一層明確になりました。

3月2日から始まる会派の「代表質問」や、15日から始まる「予算審査」に向けて、更に真剣に精査を行って参ります!

国会では、政権交代により、今までになかった論戦が繰り広げられておりますが、その点では、市議会も一緒です。
政権交代で、様々な影響が市の予算にも出てきています。
歳入が大きく減少している中で、限られた財源が、どこにどう効果的に使われているのか、市民の目線でしっかりと審議して参りたいと思います。

本日は、3月議会の招集告示日でした。
平成21年度の最後の議会として様々な議案とともに、補正予算案が提示され、更に、平成22年度の当初予算案も発表されました。
会期は、2月23日から3月24日までの30日間になる見込みです。
今議会も、しっかりと取り組んでまいります!

一般会計の当初予算案については、総額1190億3000万円で、前年度比5.7%の増となっています。
しかしこれは、「子ども手当」創設による増額が大きく影響しており、それを除くと前年度比ほぼ横ばいの予算案となっております。
歳入の根幹をなす市税収入が、景気後退の影響を受けて大きく落ち込んでおり、前年度との比較でも、20億円以上減少してしまう予算案になっております。

一方、歳出面では、小中学校の耐震化や、子育て支援、高齢者支援など様々な事業が予算化されており、公明党が訴えてきた様々な施策が挙げられております。
予算委員会も開催されますので、会派で団結して、しっかりと審査してまいりたいと思います。

さらに重要な案件として、新市立病院の建設関係予算として、約31億円も計上されております。
市民の皆様の中には、「住民投票」を望む声もあり、厳しい審査が必要です。

何れにしても、松戸の市民にとって、「何が一番良いのか」の視点を忘れることなく審議に臨んで参りたいと思います。
しっかりがんばって参ります!

公明党広報
おりはら正幸twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 織原正幸
orihara@aqua.ocn.ne.jp