menu
バックナンバー 2009年 5月

本日は、地元新松戸南中学校の体育祭に参加させていただきました。

本来なら、昨日30日開催だったのですが、あいにくの雨で、今日に順延になったものです。しかし本日は、暑くもなく、寒くもなく、絶好の運動会日和。グランドも、適度に湿り、これまた絶好のコンディション。

生徒さんにとって、忘れられない「体育祭」になったと思います。

写真は、少々見えにくいですが、「野馬追い」という初めて見たとてもユニークな競技の写真です。
花火を打ち上げると、空中で爆発し、大小の落下傘が現れます。
その落下傘を、一人を「おんぶ」した状態で、取り合うという競技。非常に盛り上がりました。

団体で、団結して勝利に向かって突っ走る。友情の輪が、さらに大きく広がった事と思います。

皆さんお疲れ様でした。

本日は、先日もこの欄でご報告したとおり、「臨時議会」が開かれました。
主要な議案は大きく分けて2つ。
一つは、平成20年度の税収不足が見込まれ、市の「貯金」から補填しようというもの。
もうひとつは、市長、教育長など特別職の方、一般の職員の方々、そして我々市議会議員のボーナスを減額するというものです。
審議の結果、厳しい内容ながら、いずれも可決されました。

国会で審議された、20年度補正予算。
そして21年度本予算。
さらに、21年度の補正予算と、政府与党は、責任ある政治を実行するために、果敢に挑戦して参りました。日本経済の底割れを何としても防ごうとの決意の表れです。

これからも、日本経済、市民生活、そして地方を守るために、公明党は全力で闘います。

本日は、日帰りで福島県会津若松市に行って参りました。
目的は、会津若松市が取り組んでいる「無償オフィスソフトウェアの全庁導入」について学ばせて頂くためです。
(写真は、会津若松市役所。昭和12年完成の建物だそうで、とても重厚でした。)

パソコンで、文書を作ったり、また表計算をしたりするとき、皆さんはどんなソフトをお使いですか?
恐らく、多くの人が、文書なら「ワード」、表計算なら「エクセル」とお答えになるのではないでしょうか。つまり、多くの方が、「マイクロソフト・オフィス」をあたりまえの様に使用しています。松戸市も例外ではありません。「マイクロソフト・オフィス」を使用しています。
しかし、このソフトは、購入すると数万円はします。

ところが、昨今、この「マイクロソフト・オフィス」と同等の機能を持ちながら、無料で配布されているソフトがあります。
「オープン・オフィス」といいます。
私も、昨年秋から、この「オープン・オフィス」を使用していますが、とても高機能。無料なんて信じられないぐらいの完成度があります。

そんな訳で、会津若松市では、今までの「マイクロソフト・オフィス」から、この「オープンオフィス」に切り替えて、経費削減を図っているわけで、本日は、その取り組みについて教えて頂きました。
結論から言って、切り替えを行っても、大きな混乱はなかったようで、極めて順調との事でした。素晴らしい取り組みと思います。

そこで、この6月議会の一般質問で、このことを取り上げます。
松戸市でも実現すれば、年間1千500万円の経費削減になります。
しっかり訴えたいと思います。

本日、臨時議会の招集がなされました。期日は5月26日。

100年に一度といわれる今回の経済不況により、市議会においても臨時議会が必要になったものです。

議案の内容は、大きく分けて2つあります。
ひとつは、今回の経済不況により、市の税収が大きく減少してしまうため、それを補填する必要があることから、「財政調整基金」という市の貯金から補填しようとする内容です。
そしてもうひとつは、この夏の期末手当(所謂ボーナス)を、市の職員の皆さま・市長はじめ特別職の方・そして勿論我々議員も含めて減額するという内容です。

現在国会では、今年度補正予算が審議されております。
政府与党は過去最大級の補正を提出しておりますが、その上で、やはり肝心なのはスピードです。
一日も早い、成立、そして実行が求められます。

本日は、先月に引き続き、私が所属している「教育経済常任委員会」のメンバーと一緒に、松戸市内の農業の状況について把握すべく、市内5カ所の農業の現場を視察してまいりました。

併せて、それぞれ農業従事者の方々とも意見交換をすることが出来、大変参考になり、とても有意義な一日となりました。

ご協力いただいた皆さまに心から感謝申し上げます。

 先日もご報告したとおり、松戸市議会の「教育経済常任委員会」では、「松戸市の産業の活性化」について、政策提言を目指して積極的な取り組みを開始しております。

本日は、その活動の一環として市内の農業従事者の現場を視察させていただきました。(1)高塚新田の梨栽培農家 (2)二十世紀が丘の無農薬栽培農家 (3)西馬橋の花卉栽培農家 (4)旭町の水稲、野菜栽培農家そして最後に、(5)古ヶ崎で行われている「農業体験農園」の5カ所を回って来ました。

実際の農業従事者の方々とお話しをさせていただくと、後継者の問題・所得の問題など色々と農業が抱えている課題が見えてきます。また、最後の「農業体験農園」では、都市型農業のひとつの解決策になるような事例も知ることが出来ました。これからも「政策提言」に向けて、メンバーとともにしっかりと取り組んで行きたいと思います。

公明党広報
おりはら正幸twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 織原正幸
orihara@aqua.ocn.ne.jp