カテゴリー(未分類)

松戸駅において、公明党松戸議員団で街頭を行いました。

先の大戦で犠牲となられた全ての方々に謹んで哀悼の意を表すとともに、ご遺族並びに今なお深い傷痕に苦しむ皆様に心よりお見舞い申し上げます。

二度とこの悲劇を繰り返さないことを誓い、心を新たにして、 憲法の平和主義を堅持していきたい。

民衆の間で培われる相互理解こそが平和への確実な礎となり、さらに政府間の関係改善を進めていくべきであります。公明党の山口代表はグテレス国連事務総長と会談。各国と対話を通して核廃絶を進めていくことは軌を一にしている、原爆被爆国として核廃絶への使命は重要と。「平和の党」公明党として、世界平和にさらに貢献していくことを重ねてお誓いしてまいります。

1534304609967 1534304594618

 

地域の町会、六実地区子育て井戸端会議をはじめとする団体の皆様が参集され、恒例の合同パトロールが行われました。今日一日、局所的に急な雨が降る悪天候で、今回の開会式はホールで開催されました。夜には雲が切れ、雨の心配はなくなり良かったです。

歴史を重ね、絆が深く強い地域です。日頃より防犯の意識も高く、多くの皆様が参加してくださいました。心より感謝申し上げます。

不審者情報が頻繁に配信されています。地域の安全を守っていきたいですね。

KIMG4635

 

「乳幼児感染症の基礎・予防および今後の課題」をテーマに、外房こどもクリニック 院長 黒木 春郎先生のご講演をいただきました。

「予防こそが最良の治療」 疾患にかかるとダメージが大きい、かからないようにワクチン接種を進めることが重要である。

先生は、疾患にかかった子どもの治療をいち早くできる医療現場の最先端で、子どもの生命を守っています。ワクチンを普及させることで、子どもの生命を守る、子どもの健康を増進させることができる。子どもが健康であれば家庭が幸福になり、社会が安定する。国として、自治体として、小児医療、予防医療の充実を図っていくことが重要になります。

松戸市は、公明党の推進で、おたふくかぜ、ロタウイルス予防ワクチン接種への助成が実現しておりますが、更なる受診率向上に取り組んでまいります。

KIMG4624 KIMG4625 KIMG4627

 

16日の八柱駅に続き、今日は新松戸駅において行いました。

平成30年7月豪雨の被災者を支援する千葉県民の会を応援して募金活動です。全額を日本赤十字社千葉県支部を通じて被災者へ送ります。

小さな子供さんからもご協力をいただきました。多くの皆様のご協力に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

災害から得た教訓を、松戸市としても課題解決に向けて取り組んでいきたいと思います。

 

1532142717092 1531714761351 1531714783745

 

今年は、松戸市が開催都市です。全国からようこそ松戸市においでくださいました。

現在、10カ国から178都市44団体が加盟、日本支部は37都市が加盟し、千葉県内では本市の他に、我孫子市、柏市、鎌ヶ谷市、市川市、流山市、野田市の7市が加盟しています。

健康都市とは、「身体の健康」だけではなく、「街の健康」「環境の健康」にも目標を明確に取り組んでいきます。連合のネットワークで、情報の共有、各都市の経験を生かしながら、国際的な協働を通して健康都市の発展のための知識や技術を開発することを目的としています。

和洋女子大学 古畑 公教授の基調講演に続き、実践報告がありました。開催都市と愛知県尾張旭市と柏市です。

松戸市は、私の提案で実現した「まつど健康マレージ事業」の報告がありました。今後もさらなる取り組みをしていくとの方向が示されました。平成28年7月スタートし、丸2年の取り組みですが、1000マイレージを達成した4名の方の表彰がありました。素晴らしいですね、おめでとうございます。一人でも多くの市民の皆様にトライしていただき、健康寿命の延伸につなげていただきたいです。

 

 

KIMG4599 KIMG4602 KIMG4604 KIMG4607 KIMG4608

昨年は、青色パトロールカーのパトロールの出動が、前年の1、5倍でした。

地域の見守りの強化をしていただき、町会の役員の皆様、ボランティアの皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

国として、新潟市の女児の事件を受け、「登下校防犯プラン」が決定、通学路の「死角」緊急点検の取り組みが23日の新聞報道にありました。また、大阪府北部地震の教訓から、市内学校のブロック塀の点検が実施されています。

これからも、地域の皆様にご協力をいただき、安心・安全なまつどに。大変お世話になります。よろしくお願いいたします。

 

「男性学の視点から 男女共に生きやすい社会を考える」をテーマに 大正大学 心理学社会学部 田中 俊之 准教授の講演がありました。

田中先生のお話し

「男は仕事、女は家庭」から「男も女も、仕事も家庭も」へー 男女共同参画のこの考えかたも環境が変わってきていて考え直す時がきているのではないでしょうか。

男性学とは、男性が男性であるがゆえに抱える悩みや葛藤を対象にした学問である。

「男性問題」=働きすぎ、自殺、過労死・過労自殺、平日昼間問題、地域や家庭での居場所・・・

性別が自分の生き方に与える影響を考えるー (今まで、意識して考えたことがありませんでしたが、具体的な事例から、良くわかりました。)

平日昼間問題=中高年の男性を平日昼間、地域で見かけた場合、変だな、おかしいなと思う。しかも、子どもと一緒だったとしたら、思わず警察を呼んでしまうような存在である。

働きすぎ、過労死=中高年のおじさんは、疲れていても当たり前、困っていても無視される。過労死しても問題にならないうようなところがある。

相手との共感を目的としたコミュニケーション=関係形成型コミュニケーション-女性が好み、得意とする。

要件伝達型でコミュニケーション=「子どもの成績が下がってきたけど」→「塾に入れれば」、「バイト先に嫌な人がいるの」→「辞めれば」という会話で、繋がっていかないのが男性です。

積極的寛容=自分と異なる価値観を持つ個人や集団と出会ったときの純粋な敬意や開放性 - 受け入れる寛容

これからは、生命・生活・生涯=LIFEの3つの意味を再考していくことが大事になってくる。

自分でも、異なる価値観を持つ人に出会った時、その人はその人とスルーする傾向が強いです。考え直す必要がありますね。大変、勉強になる講演会でした。大きな発見もありました。ありがとうございました。

KIMG4547 KIMG4551 KIMG4312

戸定邸庭園の復元の資料となった写真が展示されておりました。国内はもとより海外の庭園も見てまわり、徳川昭武自らの手で作り上げました。日本最古の洋風庭園です。その当時の東屋、庭園で遊ぶ子ども達、東屋から見る江戸川など、多くの写真が残っていました。

KIMG4545 KIMG4546 KIMG4419

市制施行75周年・開館25周年記念館蔵資料展 まつどの江戸時代展を拝観しました。

江戸時代、いまの松戸市域に50を超える村や町があり、膨大な歴史資料が残されました。旧家で守られてきた古文書、御鹿狩の絵画、村の道や耕地を描いた絵図、浮世絵版画やかわら版などの印刷物も展示されました。

絵画に残された御鹿狩の大掛かりなことに驚きました。何枚もの絵に描かれており、多くの村人も動員されておりました。今、現在でも使われている字名に思わず笑みがこぼれました。松戸に嫁いできて故郷となり、愛着が湧いてきますね。

旧家で守られてきた歴史、すごいことですね。公開していただき感謝申し上げます。

KIMG4522 KIMG4525 KIMG4527 KIMG4531 KIMG4532 KIMG4537 KIMG4539 KIMG4540

26名の役員の皆様が集合しました。お忙しい中をありがとうございます。

新年度になり町会の役員が新しくなったことから、顔合わせと今年の計画、運営の班体制の名簿確認と変更、会計報告があり、松戸市危機管理課職員からのアドバイスをいただきました。最後に防災倉庫の整理をしました。

役員のベスト購入や、町会ごとのカラーリボンの用意など進めていただいております。

いざという時の備えです。地域の皆様のお力を借りて、少しでもスムーズな避難所運営ができるよう取り組んでいきたいと思います。

9月に打ち合わせと、訓練を予定しております。

KIMG4518 KIMG4516

 

もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp