平成19年6月議会で、矢部 愛子元議員が提案しました。色覚異常対応チョークの導入が実現しました!

平成15年4月1日より、これまで小学校4年生の定期健康診断の際に行う色覚検査を廃止し、併せて全国の小中学校の教師全員に色覚に関する指導の資料を配布し、細かな配慮事項が徹底されました。全ての児童・生徒にわかりやすい、色覚異常対応チョークの導入を訴えました。

平成29年度より、共同購入のリストの中に、色覚をサポートし、全ての人にとって判別しやすいチョーク、色覚チョークが追加され、複数校で取り入れています。

先輩議員の提案が実現し、大変嬉しく思います。さらなる教育環境の充実に向けて取り組んでまいります。

コメントは受付けていません。

もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp