バックナンバー 2018年 5月

~甦った 幻の徳川の庭~

雨雲がそこまで、どうにか式典開催の午前中は青空ではありませんが、お天気も祝福してくれたようです。

昭武公、明治15年から43年(明治17年には、戸定邸が完成し、お住まいになられた。)の存命期間の庭園を2年かけて行われた復元工事、工事中に一度見学させていただき、戸定歴史館齊藤館長より、コウヤマキという木を寄附してもらえるよう声をかけたり、多くの皆様のご協力をいただいていることをお聞きしました。

徳川家三代目当主 徳川文武様のご祝辞、千葉大学名誉教授 藤井 英二郎先生からは、日本最古の洋風庭園であり貴重な松戸の宝であることのご考察をいただきました。

日本庭園では築山というが、この庭園は洋風の丘といえる。この丘も130年で10㎝高くなっていた芝生面を10㎝削り、明治時代に復元されました。(工事ー 丘を削りながら、杭をマス目状に丁寧に打ち込んでいるのをみました。)その時の地中の痕跡も重要なものです。明治30年の写真にある松木立も130年になります。8本連なるコウヤマキの樹木も4本を寄附していただき、移植されました。10本のアオギリの木立も再現されました。東屋庭園は、しなやかな曲面と急斜面が特徴で、そのしなやかさが整備された歩道にも感じます。崖の上に建つ茅葺の東屋も見事に復元されました。

藤井先生から、コウヤマキは徳川家のシンボル、アオギリは天皇を象徴するものと、昭武公が綿密な計画で作られた庭園、松戸の宝とお話しいただきました。

四季折々色づく美しい庭園を、市民の皆様をはじめ、世界中、多くの皆様に訪れていただきたいです。松戸の誇りです。

KIMG4421 KIMG4416 KIMG4417 KIMG4418 KIMG4420 KIMG4423 KIMG4426 KIMG4424 KIMG4429 KIMG4433 KIMG4439 KIMG4440 KIMG4446

 

 

 

 

「なぜ老いる? ならば上手に老いるにはー健康長寿の鍵は”フレイル”予防」のテーマで

東京大学高齢社会総合研究機構教授 飯島 勝矢先生の講演がありました。

虚弱(Frailty)⇒フレイル  加齢とともに心身の活力(運動機能や認知機能等)が低下し、複数の慢性疾患の併存などの影響もあり、生活機能が障害され、心身の脆弱性が出現した状態であるが、一方で適切な介入・支援により生活機能の維持向上が可能な状態像。

「2週間」の寝たきりの生活→実に7年分の筋肉を失う。

「孤独」は肥満より健康に悪い。

健康長寿のための『3つの柱』 フレイル予防の”ツボどころ” 栄養・身体活動・社会参加のフレイルチェック

新たな健康増進ー大切なことは継続性。予防サポーターを養成し、費用がかからない予防活動をしていく。

既に、7年間の取り組みがされており、フレイル予防を通した健康長寿のまちづくりが全国展開されています。

本市でも導入にしたいですね。

KIMG4361 KIMG4360

 

もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp