もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp

地域活動と介護予防の関係~JAGES松戸プロジェクト1年間の振り返り~ 千葉大学予防医学センター社会予防医学研究部門教授の近藤 克則先生のご講演と、事例発表がありました。

松戸市は千葉大学予防医学センターと共同研究を昨年スタートしました。都市型介護予防として松戸プロジェクトは、WHOからも注目されております。

91市町村の要支援・介護認定率と組織活動の参加割合のデータで、社会参加10%増加で、認定率5%減少することが判っております。松戸市では、介護サービス利用者が1000人減ると1年間で18.8億円の利用料の減少になることも判っています。地域の現状を診断した結果で判明した、改善の余地があるボランティア参加者、学習・教養サークル参加者の増加へ取り組んでいくことが重要だと考えられるとのことです。12万人の高齢者の2%が社会参加すると1000人になります。活動拠点を増やし、活動する高齢者を増やしていきたいですね。

都市部における新しいボランティアのかたちー「プロボノ」-都市部の持つ資源を活用、住民やNPOだけでなく、企業や退職者の持つスキルを資源として活かしていく。協力企業が18社、プロボノチャレンジ19名、間接支援。パートナー6人に応募いただきました。

仕事で培った経験や専用スキルで貢献したいと思う力を募り、活動の後方支援をしていくプロボノ型の活動の事例発表がありました。現在、企業に勤務している若い世代の方が参加され、団体の持つ課題解決に助言や宣伝チラシ・ポスターなどを一緒に作成するなどの成果がありました。若い世代の方が、社会貢献をしたいと応募してくださったとのこと、驚きました。もっと多くの皆様に力を発揮していただけるように声かけをしていきたいですね。

ボランティアや学習・教養サークルに参加する意欲はあるが、参加率がまだまだ低い状態であるという課題がある。検討中の支援プログラムの実施に向けての取り組みや情報提供、また、プロボノの広報など、今後の取り組みに期待します。

松戸市の高齢者の皆様が、毎日元気に暮らしていけるように、健康寿命の延伸に、多くの皆様のお力をお借りしたいですね。

KIMG4025 KIMG4026 KIMG4027

コメントは受付けていません。