小春日和の良き日、待ちに待った総合医療センターの竣工式が開催されました。日本学校合奏コンクール全国大会で金賞を受賞した松戸市立第6中学校の管弦楽部の皆様の素晴らしい記念演奏が式典に花を添えてくださいました。

昭和42年より、松戸市民の生命を守り第2次救急の使命を担ってきた松戸市立病院が、新しく生まれ変わりました。

平成7年の阪神淡路大震災から耐震性を考え、平成13年、議会において2病院のあり方特別検討委員会が立ち上がりました。16年間75回にわたる審議が行われ、平成23年、この千駄堀に新病院建設が決まりました。

出来上がっていくところを度々目にし、心がワクワクしておりました。免震構造で(フェンスに揺れ緩和対策)災害時は、電力、飲料水など3日間の確保ができております。地域の松戸市立第6中学校の皆様が、アートデザインプロジェクトとして参加してくださり、フロアごとのテーマにあったデザインが光っておりました。ドクターヘリの発着するヘリポートや新生児病棟(GCU、NICU)PICU、小児病棟や手術室、救命救急センター、リハビリ用遊歩道も完成しており、見学させていただきました。

市民の生命を守るため、地域がん連携拠点病院として、救急医療の使命を担うセンターとして、更なるご尽力を今後ともよろしくお願い致します。

KIMG3674 KIMG3608 KIMG3614 KIMG3613 KIMG3634 KIMG3645 KIMG3655 KIMG3659 KIMG3662 KIMG3671

 

 

コメントは受付けていません。

もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp