もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp

公益財団法人ちば県民保健予防財団主催「健康寿命の延伸を目指して ~未来を切り拓く健康づくり~」と題して大会が、幕張メッセにて開催されました。

財団 藤澤理事長 千葉県医師会 田畑会長 全国医師会 会長代理 羽鳥氏、来賓より挨拶がありました。

記念講演 「量子メスが切り拓く新たながん治療の可能性」国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所 臨床研究クラスタ長 鎌田 正 病院長よりご講演がありました。

重粒子線(量子メス)ピンポイントの照線ー切らずに治せる、身体を傷つけない、痛みがない、麻酔不要というがん治療です。

8割が完治している。今後は費用対効果で、治療時間を短く、より多くの患者さんの治療ができるように効果的な治療を課題として、取り組んでいく。がんも治る病気であること、大きな希望が見えました。

健康づくり標語コンテストの表彰がありました。優秀賞「健診はそのうちではなく、今のうち」小学5年生 「健診で、命のLINEつなげよう」中学3年生と 優秀賞「その煙、となりの僕も吸っている」小学1年生など、うーんと皆様、感嘆。8名の児童・生徒さん、素晴らしい標語、ありがとうございます。大拍手です。誠におめでとうございました。しっかり胸に、心していきたいですね。

次に、「健康づくりは目標づくり」と題して、スポーツジャーナリスト 大阪芸術大学教授 増田 明美氏より、楽しいご講演がありました。

いろいろな出会いやご経験から、健康づくりは、食事と睡眠・休養、運動、そして健診です。目標を持ってチャレンジしていきましょう! 

健診の重要性をさらに、訴えていきたいと思いました。

KIMG3497 KIMG3501

コメントは受付けていません。