春の総会で町会の班長・副班長が新しくなったことにより、避難所運営委員会の顔合わせを六実中学校にて開催しました。多くの班長・副班長さんが参加してくださいました。 避難所は自分たちで運営するために、誰にでもできる避難所開設マニュアルの作成を行っていくこと。班体制を決めていく。 次回は開設訓練のHUGを老人福祉センターの避難所運営委員会と合同で行う。

危機管理課の職員に参加していただき、鳥取県と熊本県の地震の発生の違いから、被害も異なる。鳥取県のように自宅で生活ができる場合は、冷蔵庫や備蓄の食料が無くなった時に避難所に配給を頼むようになる。9割方が自宅生活ができる状態である。自宅での生活ができるように、食糧に限らず災害備蓄をしっかりしなくてはいけません。

今年度で、マニュアル完成をめざしていきたいと思います。地域の皆様、ご協力よろしくお願い致します。

KIMG2806

コメントは受付けていません。

もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp