もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp

Archive for 2017年 4月

「大規模災害にいかに備えるか」のテーマで開催されました。

片田 敏孝 東京大学大学院情報学環特任教授が基調講演してくださいました。

釜石の奇跡ー 一人も死んではいけない。 自分の生命を守るということは両親の生命も守ることになる。

知識は主体的な姿勢があって有効となる。学校での教育に加え、地域、家庭、全ての育みがあって、奇跡はなされた。防災教育の在り方を考えさせられました。

KIMG2162 KIMG2163

中央図書館の子ども読書室、毎月、季節に合わせた飾り付けがされ、心が和みます。訪れた親子がゆっくり過ごす、大事な空間ですね。

「読書通帳」を見せていただきました。本を読むことが楽しくなりますね。

ご要望があり、英語、中国語の絵本も用意され、コーナーもつくられています。

多くのご家族に来ていただきたいです。KIMG2136 KIMG2137 KIMG2139 KIMG2140 KIMG2141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども読書推進センターが隣にあります。会館内、かわいい設営がされていて、来館した子どもさん達の笑顔が目に浮かびます。

中央図書館から紙芝居が全部移管されています。沢山の紙芝居が並んでいますよ。

今日は、ボランティア研修が開催されていました。紙芝居のめくり方などの練習もされていました。携わるボランティアの皆様に感謝でございます。

KIMG2153 KIMG2148 KIMG2147 KIMG2146 KIMG2144

 

 

 

 

 

 

 

 

KIMG2149

72名の元気な新入生が入場。これから調整するのでしょうが、椅子が身長にあっていない新入生もいます。「おめでとう」のお祝いの言葉に「ありがとうございます。」と大きな声で答え、みなさん立派でした。

校長先生からは、3つのお話しがありました。①元気にあいさつしましょう。②友達と仲良くしましょう。どうしたのと声をかけましょう。③しっかり勉強しましょう。話をきちんと聞けるように、聞かないと勉強がわからなくなります。自分の考えを言えるようになって欲しい。 健やかな成長と将来の夢や目標を持っていけるように。

父母と教師の会 会長より、3つの呪文のお話しがありました。1つ目の呪文は「おはよう」元気な明るい笑顔になれます。2つ目の呪文は「ありがとう」3つ目の呪文は「ごめんなさい」けんかをしてもすぐに仲良くなれます。とてもわかりやすいお話しでした。

地域の皆様と手を取り合い、安心で安全な環境の中で子ども達が大らかに学び、遊べるようにしていきたいと思います。KIMG2114 KIMG2113

大谷 美紀子弁護士、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの瀬角 南氏をお迎えし、「たたかない、怒鳴らない、ポジティブな子育て」への支援などをテーマに勉強会が開催されました。

弁護士であり、国連子どもの権利委員会委員の大谷 美紀子先生から「子どもに対する体罰・虐待・すべての暴力の根絶のために:SDG16.2」と題して、まずは、女性に対する暴力について、1992年頃まで日本は、殴られるのは妻が悪いから、法は家庭に入らず、民事不介入でした。外で男性同士が喧嘩すると警察が入るが、家の中で妻が夫に殴られても問題になりませんでした。冷戦直後のウィーン世界人権会議 1993年「女性の権利は人権」と、1995年の北京世界女性会議で、やっと女性に対する暴力は12の重大問題領域の一つになりました。そして、今日の国際社会では、暴力の根絶(ゼロ・トレランス)を掲げています。

子どもに対する暴力に関する国際的な潮流と取り組みは、国連総会で1989年、子どもの権利条約が1カ国を除いて採択されましたが、取り組みは進みませんでした。子ども・当事者から訴えることができなく、被害の実態がつかめない状況でした。2000年に入って国連で大きく取り上げるようになり、世界の国からデータ収集やヒヤリングをする取り組みがされました。子ども達の意見も取り入れてできた、国連2030年までにすべての国が達成すべき目標にむかい、地方自治体としても推進していきたいです。

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの瀬角 南氏から「日本における子ども虐待の予防をめざしてー体罰等をなくすための課題と取り組み」と題して、体罰等が子どもに及ぼす影響では、親による体罰と子どもの行動・傾向には著しい関連性があり、脳の発達にも影響が出ることが研究で証明されています。体罰を使わないとしつけができないか、子どものしつけに体罰は必要と答える保護者は50.3%(2016年アンケート)という状況であること。体罰等によらない子育てを進める支援を自治体として支援してもらいたいとお話しがありました。現在、取り入れている先進市の事例を研究し、子どもの健全な育成への推進をしていきたいと思いました。

公明党は「DV防止法」をはじめ、女性への暴力根絶に取り組んできました。保護者が根気よく子どもに接することができるような支援に取り組んでまいります。KIMG2098 KIMG2112

あいにくの雨模様になりましたが、203名の新入生が全員元気な顔を見せてくださいました。
校長先生の祝辞 「夢ある者は成功する」と言われますが、夢や目標にむかって挑戦して欲しい。10年後、20年後の将来の自分を考えて。
友人を大切に、春風のような暖かな気持ちで人と接し、冬の北風のような厳しさで自分をみつめられるような人になってください。
市長の祝辞 何か一つ好きなこと、熱中できるものを見つけ、挑戦しめざして欲しい。そこには、どんなことがおきても乗り越えられる力をつけることができるから。
PTA会長からは、物事をポジティブに考えて欲しい。周りにいる先生や地域の人に相談し、物の味方や考え方が色々あり、違う見方のあることを知り、自分で考えて欲しい。
六実中学校の伝統を引き継ぎ、さらに自分を輝かせてください。
地域の皆で応援しています。六実っ子頑張れ!