もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp

Archive for 2015年 7月

7月30日 千葉市文化センターにおいて 11時から開催されました。千葉県下の女性農業委員が39名集ってきました。初めて参加する新米農業委員です。少し緊張しておりました。
まず驚いたことが、各市町の議会推薦の女性農業委員の人数が多いことです。松戸市は、議会推薦枠が4名ですが、女性は私一人です。
他の市町は、男女共同参画から占める割合の拡充に声をあげてきたとのことです。私も農業に従事している女性が委員にはならないのかと思っていましたので、松戸市も声をあげていきたいと思います。
この会がスタートした時は、9名足らずだったそうです。3月末の数字ですが53名にまでになりました。全国比率7.2%に比べると4.6%と千葉県はまだまだ低い状況です。
農業委員会組織・制度改革等をめぐる情勢について、農業新聞の紹介、農業者年金のこと、農山漁村の担い手のパートナーシップ推進事業についてーと盛り沢山のメニューでした。
委員全員が一言発言、それぞれの市町の状況や思いを伺うことができ良かったです。6次産業のことや女性の視点で農業を考える事など今後、情報交換をさせていただきたいと思います。

7月26日 千葉大会決勝戦で専修大学松戸高校が悲願の優勝!
松戸市で初の甲子園出場です。おめでとうございます!
今日29日、8時30分 野球部が松戸市役所を表敬訪問しました。
真っ黒に日焼けした野球部の皆様の笑顔が輝いていました。
6日開幕です。ベストコンディションで頑張っていただきたいです。
ガンバレ! ガンバレ! 応援しています!

7月26日 松戸市民会館において「卒業」が上演されました。
高校生による演劇、松戸市では全国大会に出場する素晴らしい歴史を築いてくださっています。
県立松戸高校は教科に演劇科があり、平成22年度より、この取組がプロの劇団に認められ、日本で初の劇団青年座劇場の指定校になりました。
登場する生徒さんは、それぞれの役柄の個性を魅力的に表現され、技術力の高さというか、演技力が素晴らしく感動しました。
さらなる素晴らしい舞台、作品に期待致します。感動をもう一度!ブラボー!

7月25日から8月16日まで、伊勢丹松戸店新館9階アースポットまつどで開催しております。皆様のご来場をお待ちしております。
長崎原爆資料館所蔵、広島平和記念館所蔵の貴重な被災物品やパネルなどの展示と 映像コーナーが設けられ、女性平和委員会作成の長崎・広島被爆された女性の体験映像が、10:30.13:30.16:00の3回映写されます。
当時のことを直接聞くことができるコーナーができたことは大変良かったと思います。
26日、会場に行かせていただきました。私自身、高校で文化祭にサークルとして原爆展を2年間開催しました。新聞社からパネルをお借りして展示し、説明に立ちました。こういう機会に接することがないと意識も低くなっていきます。
毎年、平和展の開催は必要なのだと思います。
どうか、多くの皆様に、ご家族で来ていただき、子どもさんにもみていただきたいと思います。

7月25日、防災備蓄を考える会代表 岡部梨恵子さんを講師にお迎えして、研修会を開催致しました。
「脳タイプ別片づけ法と簡単無理なくできる我が家の防災備蓄」ーサブタイトルをみて、聞きたい方がたくさんいらっしゃるのでは。
本当に楽しい研修会でした。まずは、家の中の片付けをしないと防災備蓄を置くスペースが無い状況です。その片付けを脳タイプ別に無理なくできるお話が聞くことができ、頷くことばかりでした。
現在の備蓄を7日間分、しっかりできるようー早く家の中を片付けたいですね。

50名以上の地域の方が出席され、危機管理課の職員の方の出前講座を受講しました。
大地震の備えー 地面から垂直に伸びる雲(認定はされていませんが)が出ると、数日から1週間以内に発災しているそうです。
 地震6弱  立っていることができなくなる揺れ
 地震6強  座っている状態で飛ばされる。
       家具が飛んでくる。
まず15~20秒 自分の命を守る。呼吸の確保(内臓を守る、息をするスペースを開けるように、首の周りを守る)
市役所の初動体制
災害対策本部の立ち上げる
避難所の開設  地域で運営委員会の立ち上げ 等説明を聞きました。
防災リーダーにも参加していただく。是非ともHUG(避難所運営ゲームを体験していただきたい)
避難所運営については、六実第3小学校がパイオニアの取組をしていただいています。
各小中学校も続いて運営委員会の立ち上げ、私自身も取り組んでまいります。

22分団の皆様、県大会への出場 誠におめでとうございます。がんばってください。
風が強い日になりましたが、曇天で大会には良い天気になりました。
仕事が終わってからの練習の積み重ね、少しでも早く、正確に、重いホースを肩に走ります。今日はその成果を発揮する大会です。
六実方面隊、五香方面隊の皆様も出場されました。日頃より、地域の防災にご尽力いただきありがとうございます。

 16日 松戸市民劇場において、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)芸術・文化政策センター主席研究員 太下 義之センター長をお迎えし講演会が開催されました。
 2007年7月7日IOCオリンピック憲章において、短くともオリンピック村の開村期間、複数の文化イベントのプログラムを計画しなければならない。このプログラムは事前にIOC理事会に提出承認を得るものとする。→2016年には「文化プログラム」の位置づけが全体プログラムの中に入れ込まれ厳格になってきました。
 2012年に開催されたロンドンオリンピックでは、1,000箇所で17万7,000件以上の文化プログラムが実施されております。
 東京開催の文化プログラムは、2016年夏ブラジルのリオ・デ・ジャネイロのオリンピックの閉幕式が行われた瞬間から、日本全国でスタートすることになります。準備期間はあまりない状況がわかりました。
 松戸市の文化プログラムー 何箇所で、どの位できるのか、これから取り組んでいくわけですが、松戸市一体となって歴史に残る、思い出に残るプログラムを作っていきたいですね。

町会が新体制になり、改めて具体的な運営の確認をする会合でした。
昨年度同様の運営体制で良いかの確認、作り上げた避難所運営マニュアル(案)が再確認され、正式なマニュアルとして決定致しました。
また、運営経費のことや今年度の活動を協議しました。消防団にこの活動を知っていただくために参加を要請、町会の防災リーダーに積極的に参加してもらうなど取組方向が示されました。
六実第3小学校の地域防災会議は、パイオニアの取組。今後、立ち上げていく地域に道筋をつくっていただき感謝です。
いつ発災するかわからない災害に、地域の各避難所が一日も早いマニュアル作りに取り組んでいくことが重要ですね。7月14日

7月1日「憩いの場 くれよん」としてリニューアルオープンしました。これまで通り販売している商品に加え、障がい者就労施設で製作された食品(お豆腐、お煎餅やかりんとう、クッキー、パンなど)や雑貨(刺し子ふきんや手芸品)の販売、そして休憩コーナーには、障がい者就労施設等に通う方々による作品の展示が行われています。
営業時間
月~金:9時~16時30分
土曜日:12時30分~15時30分
販売参加施設 ①ワーク・ライフまつさと ②とうふ工房 豆のちから ③松里福祉作業所 ④そよかぜ工房 ⑤かりん ⑥まつぼっくり ⑦ふれんず
展示参加施設 ①ワークジョイまつどセンター ②小金わかば苑 ③第二わかば園 ④ふれんず
運営は2施設で実施されるとのことです。
1日、オープンおめでとうございます。地元の鈴木 智明議員とお伺いしました。
商品がワゴンにきれいに並べられていました。ごま豆腐と、とても使いやすいお気に入りの刺し子ふきん、お煎餅をいくつか購入しました。
多くの方にご利用いただきたいと思います。