2回目の「HUG 避難所運営ゲーム」を実施しました。受付で避難者カードを記入します。

休日に70名以上の地域の方が参加、このように意識を持ってくださることはありがたいですね。地域に体験者が増えることが大事です。

前回は役員がゲームを体験しました。今回は、体験している役員がコントローラーになり、6班に分かれ、まずは自己紹介、作戦会議。終わると、コントローラーからカードが読まれます。避難してきた人、物資が搬送されてきたり、さあ、次々避難してくる人を避難所の何処に案内するか。作戦会議を行っていても、いざ、様々な状況の避難者をどうしていいか、、、 難しいです。でも、1回でもゲームに参加すると課題が見え、運営が具体的になります。発災してから1週間も、運営本部が立ち上がらないと厳しいと、講座で伺いました。

さらに、地域の中でゲーム体験者を増やし、いざという時に役立つ運営ができるよう広めていきたいですね。そして、各避難所(体育館)で委員会を立ち上げていきたいと思います。

コメントは受付けていません。

もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp