松戸市立古ヶ崎小学校と六実第2小学校の2ヶ所で実施されました。

六実第2小学校に参加しました。風もない良好な天候で、約20町会が参加されました。

倒壊した瓦礫に下敷きになった人を助ける救助方法の訓練。 負傷者の負傷状況の判断(トリアージ)と搬送方法。 医師会の先生から救急車はすぐには対応できないだろうから、自分たちの力で、自分たちの車で、病院への搬送もするようになると説明を受けました。患者さんもいろいろな状況を想定し行われておりました。

体育館も避難所として、どのような運営をしていくのか掲示されており、町会役員さんは、この時どうしていくか、どこが担当になるかなどの確認をしていました。

また、釜戸の火をおこし、お湯を沸かし、アルファー米の作り方を訓練

千葉レスキューバイクの活動紹介や、ボランティア活動、ペット動物の災害対策、きれいな水の再生などのコーナーも設置され、参加者は短い時間での訓練でしたが、来て良かったと実感したと思います。

町会ごと地域に合わせた防災訓練は、必要ですね。いざという時に備えて。

コメントは受付けていません。

もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp