一日ボランティアに参加致しました。朝9時、福祉センターに設置されたボランティアセンターに集合。オリエンテーションを受けて、それぞれの派遣先が決まります。60人以上が参加されていたように思いますが、今日参加した、市議団5人は、土砂の撤去グループに決まりました。

ボランティアセンターに、登録された依頼先に派遣されます。22人が、個人宅の土砂の撤去に向かいました。海側に近いお宅で、津波により畑が、海からの砂に30㎝覆われてしまっていました。作業初めて、今日で4日目ということでした。

1トン入るという大きいな土嚢袋に、ひたすらスコップで砂を・・・ 30分で1袋・・・

10時半から15時までの作業ですが、最後はスコップが重たくて上がらなくなるほどでした。

周辺を昼休みに見てまわりましたが、津波の時は、1.4メートル位まで水が上がった様子が塀に跡が残っており、わかりました。また、地震で橋が破壊されそのままの状況でした。家も30㎝以上動いていて、土台が見えている状況でした。

作業が終わり、ボランティアセンターへの帰路で、海側の被災された地域を見させていただきました。消防車も半分にペシャンコ、倉庫も枠組みだけが残っている状態でした。

心よりお悔やみ申し上げます。

コメントは受付けていません。

もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp