もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp

Archive for 2011年 5月

今年は六実高校も構成団体に入っていただき、29団体まで広がりました。

2年間、インフルエンザや雨天で実施できず、今年こそ「六実っ子まつり」を開催するぞとの思いも深く、会長のお話がありました。

また、第7号議案に「井戸端メール委員会の設置(案)」が提出され、可決されました。六高台・六実地域限定に、不審者情報等をメール配信していきたいとのことで、まずは、委員会を設置していくとのことです。大変な事業ですが、このような取組をいただき感謝致します。よろしくお願い致します。

一日ボランティアに参加致しました。朝9時、福祉センターに設置されたボランティアセンターに集合。オリエンテーションを受けて、それぞれの派遣先が決まります。60人以上が参加されていたように思いますが、今日参加した、市議団5人は、土砂の撤去グループに決まりました。

ボランティアセンターに、登録された依頼先に派遣されます。22人が、個人宅の土砂の撤去に向かいました。海側に近いお宅で、津波により畑が、海からの砂に30㎝覆われてしまっていました。作業初めて、今日で4日目ということでした。

1トン入るという大きいな土嚢袋に、ひたすらスコップで砂を・・・ 30分で1袋・・・

10時半から15時までの作業ですが、最後はスコップが重たくて上がらなくなるほどでした。

周辺を昼休みに見てまわりましたが、津波の時は、1.4メートル位まで水が上がった様子が塀に跡が残っており、わかりました。また、地震で橋が破壊されそのままの状況でした。家も30㎝以上動いていて、土台が見えている状況でした。

作業が終わり、ボランティアセンターへの帰路で、海側の被災された地域を見させていただきました。消防車も半分にペシャンコ、倉庫も枠組みだけが残っている状態でした。

心よりお悔やみ申し上げます。

江戸川左岸流域下水道施設を見学しました。六実、六高台は手賀沼処分場になります。

大きな施設で、1日33万トンの処理をしています。1日で処理が終わります。最後は塩素処理がされ、きれいな水に浄化され、江戸川に流されます。すごい技術だなと感動でした。

その施設の屋上がスポーツ広場になっており、野球場が2面、テニスコートが9面、親水広場やいこいの広場もあり、地域に還元されております。

午後の部に出席しました。楽しみな六三ソーランを見ることができ、感激でした。アンコールの声に、もう一度見られました。ありがとうございました。高学年の思い出の演目ですね。

保護者の競技も盛り上がり、子ども達の応援も素晴らしかったです。お疲れ様でした。

風が強い中でも、元気いっぱいの演技と競技 感動でした。

地域の皆様、ご家族も大歓声で応援しておりました。ペットボトルを利用した団体演技もかっこよかったです。

赤・白・青組の対戦 さあ今年はどの組が優勝するかな?

応援も演技も競技も、みんな光っていました。

1、信頼性の高い放射線測定器を使用し、松戸市内の校庭、園庭及び公園等での放射線測定を実施し、適宜、情報提供に努めていただきたい。

2、学校給食の食材の安全性をより確保するため、トレーサビリティ(流通ルート)の徹底及び情報提供に努めていただきたい。

3、放射線量が高くなった場合や雨が降った際の対応として、ガイドラインを策定するなど、市民の不安を払拭する策を講じてただきたい。

市民の皆様に確かな情報を提供していただきたく要望書を、本郷谷市長に提出致しました。