議会改革における、委員会研究テーマである「防災について」、市川市の「危機管理部について」と「大洲防災公園について」視察してまいりました。

防災倉庫・防災用井戸・医療救護所が設置された「大洲防災公園」は、市民の公園としても素晴らしく、多くの市民が利用されてました。

防災時の釜戸になるベンチや、テントを張ると救援物資を受け入れる倉庫や活動の拠点となるパーゴラが3ヶ所、便槽となるマンホール、100トンの耐震性飲料水用貯水槽など。

防火樹林としての植栽、多目的広場として利用しているところは、ヘリポートとしての使用が可能になっています。防火水槽は40トンが2基。

公園として市民が遊びに来て、防災のための施設としての見学にもなり、子どもへの学習にもなります。

同じような公園をもう1ヶ所設置する予定があるとのことです。

コメントは受付けていません。

もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp