もろずみ由美
Twitter
外部リンク
ブログバックナンバー
サイト管理者
松戸市 諸角由美
m9o9r0o6@ka8.koalanet.ne.jp

Archive for 2009年 2月

山高 信離(やまたか のぶあきら)は、徳川 昭武が1867年に渡欧した時に随行し、昭武の養育と教育の責任者でした。

当時はカメラもあり、写真が残ってもいますが、日記、手紙等が、状況を克明に残しています。明治に入り、山高氏の活躍は素晴らしいものがありました。

「食育漫遊記」は、市長も列席され、松戸産の野菜で、こんなにもおいしいお料理が楽しめるのだと、感嘆いたしました。

県立松戸国際高校クッキング部研究発表「和食を見直そう〜世界に語れる 日本食の良さを広めよう〜」

森野 熊八氏の講演「もったいないのが食育の基本」

松戸産で作る 簡単料理レシピコンテスト表彰式

食育関係団体による各種展示・試食も行われました。

松戸国際高校クッキング部の研究発表、大変素晴らしかったです。千葉産の醤油と酢は、生産工場まで見学に。文化祭にむかってのスケジュールをたて、ひとつひとつの献立に納得がいくまで挑戦をする。また、研究したことを広く知ってもらえるよう、海外交流に講習会などで広報活動も行っています。

熊野先生の講演では、楽しく勉強できました。ありがとうございました。

簡単レシピコンテストは、126名の方が応募され、12名の方が最終審査に残りました。最優秀賞を受賞されたのは、「かぶの肉詰め」 季節にあった温かいお料理です。おめでとうございました。

今年の企画も素晴らしく、参加された方は、食の重要性を再認識できたと思います。企画運営の皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

4団体からの防犯活動の報告と情報交換、「防犯対策」についての講話がありました。

大事な情報交換になったと思います。問題点もあがってきて、今後も連携をとりながら、地域の防犯にご尽力をよろしくお願い致します。

電力中央研究所理事・工学博士である 中岡 章氏を講師にむかえ、「身近な地球温暖化防止講座」が分科会として開催され、参加致しました。

意識啓発に大事な機会ととらえ、参加された方は、やはり前向きで素晴らしいと思いました。

社会福祉協議会が発足し40周年。六実六高台と、五香松飛台が分割され、15の地域で地域福祉にがんばっていただいています。

昨年より3年計画で、県より委託され、六実・六高台地区社会福祉協議会では、地域福祉モデル事業が展開されております。これも、地域に住む先輩方が築いてこられた地域の力があってこそと、感謝しております。これからは、このような地域力が大事になってきます。簡単にできるものではなく、長い時間をかけ、人と人との関わりからできあがっていくもの。今後大きな課題になっていくと思います。

昨年3月「食育推進計画」が策定され、県の計画策定を待って、今日、推進会議が開催されました。20名の委員が委嘱され、今後の行動計画が審議されていきます。

「推進計画」も、県内、千葉市、八千代市、我孫子市、松戸市とまだ4市だけで、さらに、「推進会議」の開催は、まだまだ数少ないということで、食育を推進してきている公明党としては、本市の先駆的な取組みに大きく評価するものです。

今回の推進会議では、フォーラムの事業内容の説明等で、具体的な行動計画の審議にならなかった為、委員より、積極的な意見、提案がされました。

今後も議会で訴えていきたいと思います。

2月1日「広報まつど」に掲載発表。「赤ちゃんの駅」事業実現。5月1日より67ヶ所でスタートします。

小さなお子さんを連れたお母さんが、安心して外出できるように、授乳スペースやおむつ替えスペース、ミルク用のお湯の提供を行います。

シンボルマークが出来ました。かわいらしいネーミングを募集しています。