生涯現役・社会参加・地域づくりで介護予防研修「健康格差」の是正が市役所てにあり、参加しました。

日本老年学的評価研究  JAGES 近藤 克典 プロジェクト代表

寝たきり年数(厚生労働省白書)で、2010年データーで男性が約9年、女性は約12年の寝たきり。

寝たきり年数が長いですね。いやですね。生活習慣病も、食事、喫煙、アルコール、運動が原因で高血圧、脳卒中で不健康。

病院で入院して改善するが、退院して1年たつと元の症状。何年も追跡調査して、人間はなかなか変われないね。

介護予防事業、目標の高齢者人口の5%が現状は0.2%、50人中2人しかこなかった。9年やって成果がなかったとのこと。

課題の見えるかで、転びやすいまち、転ばないまちがある、地域組織に参加していない者で認知症が多い。

友人に会わないと認知症発症オッズ比が大きい.(ある事象の起こりやすさを2つの群で比較して示す統計学的な尺度)

介護予防の為や認知症にならないために、地域で様々な、ボランテイア(お手伝い型、講師芸人型、専門スキル)スポーツサークル等に参加できるような仕組み作りが必要とのことでした。介護サービス利用者を1000人減らすと、約18億円年間費用が減るとのことでした。いずれにしても、誰しもが認知症になりたくありません。その願いを叶えられたらすばらしいですね。P1030646 P1340896 P1340897

 

コメントは受付けていません。

きどころ正美 Twitter
Twitter
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
松戸市 城所正美
stkido27@pure.ocn.ne.jp