バックナンバー 2015年 9月

松戸市公明党市議団として、来年度の事業についての予算要望書を本郷谷健次市長に提出しました。
市政に係わる要望事項(総務・防災・消防・交通・民生一般福祉・子育て・高齢者・障がい者児・建設・衛生・市立病院・教育・経済・環境・付記)、新規要望事項で37件、合計で231件の要望を市長に提出しました。
主な新規要望事項内容
【総務】
1.未来に向けて平和事業の実施と次世代への継承保存
2.市内4大学に期日前投票所の設置
3.オリンピックパラリンピックへの文化プログラムの着実な推進、ホストシテイ・タウン構想の推進
【防災】
1.土砂災害対策
【交通】
1.デマンド交通の運行
2.バス停に屋根及びいす
【子育て】
1.保育所入所待機児童解消サービスの充実
2.駅前保育ステーション増設
3.保育利用支援コンシェルジュの拡充
4.多子世帯の第三子以降の保育料無料化
【高齢者】
1.認知症対策新オレンジプランへの対応
2.介護予防・日常生活支援総合事業の推進と担い手育成
【建設】
1.下水道不明水対策
【衛生】
1.幼児へのロタウイルスワクチン接種助成
【市立病院】
1.地域周産期母子医療センターの認定推進
【教育】
1.不登校児童対策、スクールソーシャルワーカーの活用
2.防犯教育の充実
3.主権者教育の推進
【経済】
大規模商業施設の誘致(映画館含む)
【付記】
資金調達と運用の効率化

きどころ正美 Twitter
Twitter
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
松戸市 城所正美
stkido27@pure.ocn.ne.jp