バックナンバー 2014年 3月

会派公明党が提案した意見書(2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた環境整備及び地域における取り組みへの支援を求める意見書)日本で一番古い政党から交通インフラ整備、バリアフリー環境の整備の促進で直接的関係性に欠ける大型公共事業が求められていて、大型公共事業は資財、人件費が高騰して大問題となり、被災地にとって大型事業の推進は弊害となりかねず、認めがたいと、、オリンピックが大型開発のいいわけになり、今は被災から復興を目指し事が大事で、オリンピック・パラリンピックの、環境整備等の意見書は反対するとのことです。いつもこのような国の事業は反対してきているのですね。残念ですね。

今年は12名が卒団しました。涙、涙の卒団式。監督いわく入団したころは、ボールが飛んできても、眺めているだけだった子ども達が、試合に勝てるようになったとの事です。卒団生の感想文は監督コーチの感謝とお母さんのおにぎりの感謝。監督コーチの皆様保護者の皆様ありがとうございました。

きどころ正美 Twitter
Twitter
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
松戸市 城所正美
stkido27@pure.ocn.ne.jp