バックナンバー 2011年 9月

第43回根木内小学校の運動会を見に行きました。私はこの運動会が大好きです。なぜかと言いましとなんといっても生徒数が多いので、どの競技も迫力があり非常に楽しめるからです。澤谷奈緒美校長先生はお話の中で放射能対策や熱中症対策の準備をはなされました。

熱中症対策は遮熱ネットをボランティアに貼っていただいたとか、砂を校舎に持ち込まないようにイスの足にビニールを巻いたとかそれはそれは大変だったでしょう。運動会は全教職員やPTAや地域の綜合力の光る祭典祭であります。非常に良い運動会でした。ありがとうございます。感謝申し上げます。

9月議会の健康福祉常任委員会は陳情3件、補正議案3件を議論いたしました。その中で議案9号松戸市後期高齢者医療特別会計補正予算の議案で、この議案の制度は、ご案内の通り廃止が1年延びましたが、廃止の方向性であります。その議案を日本共産党は反対いたしました。そもそもこの制度について、共産党は反対です。しかし、廃止の方向性で決まっている制度を反対したら、反対の反対でこの制度を認めたことにならないかと、おかしなことだなとふと思いました。

ちなみにこの予算は市民後見推進事業であり、今後増加が見込まれる認知症高齢者の福祉を推進する、大切な議案でした。

補助率も10分の10の補助金で市の持ち出しはありません。権利擁護のニーズ調査、市民後見協力員養成講座や研修会の予算でした。

かずさアカデミアホールで、研修、社会問題について基礎知識を学ぶ(放射線拡散問題)90分、災害に強いまちづくり(津波編)75分、党活動の取り組み120分、議会活動の取り組み45分、議員総会(大田全国代表者会議議長)70分と受けました。県下すべての公明党議員が参加しました。たくさんの議員と交流し触発し実り多い研修会でした。

きどころ正美 Twitter
Twitter
外部リンク
公明党広報
サイト管理者
松戸市 城所正美
stkido27@pure.ocn.ne.jp