menu
バックナンバー 2017年 11月

20日は松戸市役所議会等で、自閉スペクトラム症(ASD)を1歳30から判定できる機器`社会性発達評価装置`の実演及び説明を、公明党市議団でうかがいました。
私も実際に体験し、12月一般質問でとりあげる予定です。
23日は栄町4丁目町会創立50周年及び敬老の集いに参加しました。
25日は12月27日に開院予定の松戸市立総合医療センターの竣工式に参加しました。
約5万平方メートルの敷地に500台の駐車スペースを有し、9階からは富士山やスカイツリーを見ることができ、千駄堀地域の森林が隣接し心安まる環境です。
急性期医療で地域母子医療センター、かつ地域がん診療連携拠点病院として大切な機能を備えています。
市民の皆様の命と健康を守っていく砦の病院です!

12日午前中、市内唯一の市場である南部市場祭りに参加しました。
新鮮な魚肉、野菜が並べられ大変な賑わいでした。
午後からはゆうまつどフェスタ2017に参加。体操を交えての講演会`女性の自立は身体づくりから`を拝聴しました。
18日松戸市戦没者追悼式に参列しました。
平和をご祈念し、二度と悲惨な戦争をおこなわないという決意でおごそかに追悼式が挙行されました。
松戸市では21世紀を担う中学生の代表が、毎年夏休みに長崎へ平和大使として派遣されており、戦争の悲惨さ平和を学んで今年で10年になります。
今後も松戸市は世界平和都市宣言のもと、平和活動を推進してまいります!

3日文化の日は大晴天。明第二地区主催の運動会に参加しました。
4日も大晴天の気持ちのいい中、地域の防災訓練に参加。
馬橋消防署の方達にご協力いただき、起震車体験。私は阪神淡路大震災を体験しました。膝を崩して座っていてもものすごいゆれで飛びそうになるほど体が揺さぶられました。
次に消化器で初期消火訓練を。
訓練会場の交流会館運動施設には、マンホールトイレが13基、かまどベンチが12基あり、かまどベンチは普段は通常のベンチとして使用しますが、ベンチのねじをはずすと、鉄の四角い骨組がありそこに薪や炭、卓上コンロが設置でき、鍋が4つぐらいおけて炊きだしができるようになっています。避難生活の際、大変に便利ですね。
かまどベンチに隣接し、やぐらのようなものがあるのですが、災害時には屋根から周囲からビニールを張り巡らせると雨風がしのげる居場所に早変わりします。
地域の方々との交流をとおして、訓練でき、また防災意識も高まりました!

朝晩寒くなりましたね!
本日午前中は松戸市立高校の柔道場で、8ヶ月から1歳6ヶ月未満の赤ちゃんと高校性が触れあう、体験授業に参加しました。
初めて赤ちゃんを抱っこする高校性がほとんどですが、おっかなびっくり抱っこしたり、手作りおもちゃで遊んであげたりと、会場内は微笑ましい空気に包まれていました。
終了後の感想では、「近い将来父親になる自信がついた」「電車で赤ちゃん連れのお母さんには積極的に席をゆづりたい」などがあり、この体験授業をとおして、命の大切さ、愛しさを感じてもらえた時間だと感じました。
午後は市内の森のホールで開催された、小金中学校の合唱祭に参加し、その後、隣接している博物館に立ち寄りました。
今市内は紅葉で綺麗です。
文化の香りがする、一日でした!

@iwasemari
Twitter
外部リンク
サイト管理者
松戸市 岩瀬麻理