menu

IMG_4947本日(11月13日)より、明市民センターが新しくオープンしました。

場所は上本郷駅から徒歩5分程度、風早神社交差点の少し先、クリエイト松戸上本郷店の前になります。

これまで明市民センターは、上本郷駅北口を出て、道路の坂を下った途中にあり、駅から徒歩1分と非常に便利な立地となっていました。

しかし、バリアフリー化できないことが大きな課題(既存の建築物が狭くエレベーターの設置が不可能。更に出入口が階段となっている)でした。

結果的に、元バッティングセンターの跡地に建設・移転する事となり、今日新規にオープンすることとなったものです。

新設された建物は2階建てで、1階には図書館やオープンスペース、2階にはホール、会議室、和室などが設けれており、当然エレベーターも設置されています。

IMG_4957 IMG_4959 IMG_4952 IMG_4949昨日(11月12日)にオープニングセレモニーが催され、私も参加してきました。

 

 

 

この2週間、担当エリアの5駅(上本郷、松戸新田、稔台、松戸駅東口、北松戸駅東口)で朝のご挨拶とともに、9月の議会報告を配布しました。
議会報告は多くの方に受け取って頂き、中には「頑張って!」「応援しているよ」などうれしいお声も頂きました。

朝は自宅前で通学時の見守り活動を行っているのですが、定例議会終了後は議会報告配布のため、駅に立つようにしています。

これからも頑張って参ります。DSC_8362 DSC_8407 DSC_8365 DSC_8364 DSC_8358

 IMG_3568 昨日(10月1日)、今年の4月より開学した夜間中学校「第一中学校みらい分校」の授業参観に行ってきました。

 みらい分校は廃校となった旧古ヶ崎南小学校の校舎を活用して開設されています。

 今回は市議会議員を対象にした授業参観で、授業の様子を私たち議員に公開したものです。

 冒頭の説明で「生徒の向学意欲が非常に高く驚いています」とのお話が有りました。

 

 

IMG_3555生徒の年齢構成は

10代―10名、20代―2名、30代―1名、40代―3名、50代―3名、60代―3名、70代―1名、

国籍別では

日本―16名、中国―1名、ブラジル―2名、アルゼンチン―1名、ネパ-ル―1名、アフガニスタン―2名、

幅広い年齢層の方が国の国境を越えてこの「みらい分校」で学習していることが分かります。

 

授業の内容は

IMG_3560中学校1年生程度の「ベーシック」

同2年生程度の「ミドル」

同3年生程度の「チャレンジ」

 

また、外国の方のための日本語指導が3段階に分けられ行われています。

 

初めに見た日本語の授業では数字と時計を使って、

1(イチ)1時(イチジ)

2(ニ)2時(ニジ)

3(サン)3時(サンジ)

4(ヨン)4時(ヨジ)(ヨンジではない)

5(ゴ)5時(ゴジ)

6(ロク)6時(ロクジ)

7(ナナ)7時(シチジ)(ナナジではない)

8(ハチ)8時(ハチジ)

9(キュウ)9時(クジ)(キュウジではない)

10(ジュウ)10時(ジュウジ)

11(ジュウイチ)11時(ジュウイチジ)

12(ジュウニ)12時(ジュウニジ)

4時・7時・9時、改めて日本語の難しさを実感しました。

 

社会の授業では忘れていることが多く、改めて授業を受けなおす必要があるかもと、我を振り返ると恥ずかしい限りです。

 

見させて頂いた生徒さん全員が積極的に授業を受け、横を向いていたり、片肘をついてふざけ半分で聞いているような生徒さんは一人もいませんでした。

乾いた砂地に水を流すと勢い良く吸い込んでいく様に、生徒さん全員が前向きに学習している姿を見ると、この夜間中学は必要とされており求められていると実感しました。

 

9月議会では一部の議員から「夜間中学の定員が40名なのに対して春の入学者が22名しかいないのは、市の想定が甘く誤りであり税金の無駄づかいなのでは」ともとれるような発言がありました。

 しかし、そんなことはありません。必要としている方に必要な教育を行うのは行政の大切な役割です。

 

私は、私たち公明党は、この夜間中学校を全力で応援します。

今後も未来に向かって継続していけるように支援していくと共に、全国に広まってほしいと願ってやみません。

 

 

20190915113747昨日(14日)と本日(15日)、台風15号による被災者の支援として、募金活動を行いました。
これは「令和元年台風15   号による被災者を支援する千葉県民の会」をお手伝いする形で実施し、全額を日本赤十字社に寄付し被災者にお届けするものです。
多くの方々より賛同を賜り、被災地を応援しています。とのお声も頂いたところです。

被災地では、今だに停電していたり、水道が使えないなど、厳しい生活環境が続いています。
少しでも被災地の支援となるよう全力を尽くして参ります。

 

70539568_1219854841518382_6627680110243741696_n

70504675_1219854898185043_7914481483543216128_n

 

 

 

 

 

 

71202115_1219855004851699_7040609119463538688_n70556933_1219854944851705_8116096697345507328_n

IMG_1565IMG_1571 松戸市役所の駐車場は、一部が市役所新館の建物下部に設けられています。

 

 一般的には微風で、風があるとは感じないような状況でも、この新館下部駐車場では風の影響を受ける場合があり、ドアの開閉に注意しなければなりません。

 

IMG_1568 風が吹いているとの認識がなく自動車の扉を開けてしまうと、風に扉を持っていかれ、隣の車にぶつかりそうになるばかりか、実際に当ててしまい、損傷させてしまった事例も発生しています。

 このため、担当部署に申し入れをしたところ、今週初めより当該駐車場に注意喚起の表示がされました。

 

 この駐車場に車を止める場合は、扉の開閉に注意してください。

IMG_1573昨日(6月11日)、松戸市議会6月定例会が開会されました。

今回提案された議案は全部で13件。

専決処分2件、人事案件1件、一般会計補正予算案など10件です。

私は議会選出監査委員となっているため、一般質問には立ちませんが、公明党の他の議員が質問した内容についてピックアップし、お知らせします。

 

IMG_1347ルーマニアの陸上競技選手が、松戸運動公園でキャンプを行っています。

これは、5月19日に大阪で行われる「セイコーゴールデングランプリ陸上2019大阪」に出場するため、その事前キャンプとして松戸市に来ているものです。

松戸市は、2020東京オリンピック大会でルーマニア、ドミニカ共和国のホストタウンとなっています。

今回はこの一環として、事前キャンプの受け入れを行ったものです。

 

松戸運動公園では、来週の本番に向けて、ウォーミングアップを初め、スタート練習を入念に確認していました。

IMG_1357選手の全員が100mを10秒台で走り、トップアスリートは本当に早いのを目の当たりにしました。

各選手が活躍されることを願うと共に、来年のオリンピックに向けて期待が高まってきます。

  

 

 

 

 

 

IMG_1353 IMG_1355

令和になってはじめての憲法記念日。
IMG_1276 IMG_1280 IMG_1286今日は公明党の松戸市議会議員10名と松戸市選出千葉県議会議員2名の計12名により、松戸駅西口において憲法記念日街頭を行いました。

上皇の生前退位による新天皇陛下のご即位と令和への改元を、国民の皆様とともに寿ぎたいと思います。

令和に込められた願いである、平和が続き、国民一人一人が明日への希望をもって、誰もが個性を輝かすことができる時代となるよう、公明党は国民の皆さまと努力をしてまいります。

55726121_1074412902729244_8054557216222478336_n55551861_1074412946062573_3959902418904285184_n54525507_1074412986062569_4914440097073463296_n 55910052_1074413029395898_7869481019533950976_n54728361_1074413066062561_5994163702415228928_n3月23,24日は、秋林たかし県議の街頭演説会を、新松戸ダイエー前、新松戸駅前、松戸駅西口、で平木大作参議院議員、斉藤鉄夫衆議院議員、の応援を頂き開催しました。

今の国政が安定しているのは公明党が連立政権の中にいるからで、その役割は重要であり、その公明党の強みはネットワーク力である。
ネットワーク力はまさに市議、県議、国会議員の連携であり、その要となる秋林たかし県議はなくてはならない大事な議員である。と訴えさせて頂きました。

会場にお集まり頂いた多くの皆様、ありがとうございました。

勝利に向けて、更に頑張って参ります。

IMG_9978 IMG_9983 IMG_0004 IMG_0035 IMG_0063 IMG_0053本日は、公明党の山口代表をお招きして、秋林たかし県議の時局講演会が松戸市民会館において、盛大に開催されました。     

秋林たかし県議は、
①飲み水の高度処理(野菊の里浄水場の拡張)推進、
②下水道の不明水対策(大雨時に雨水が汚水管に入り下水が使えなくなる)の推進、
③松戸駅のバリアフリー化の推進、
④市民の安全のために、「移動型の新型オービス」の導入を新年度予算に盛り込むことが実現、
との報告がありました。

山口代表からは、
国政の外交における公明党が果たしてきた役割、特に中国との関係についてのお話があり、国内では昨年の災害が各地で発生したことによる対応、また、30年度の補正予算に盛り込んだ小中学校の冷房装置の設置予算、風疹の拡大防止のための予防接種費用の無償化、などこれまでの取り組みについて説明がありました。
更に、地方と国の連携による政策推進などで公明党のネットワーク力が発揮されている事を紹介し、だからこそ、秋林たかし県議がこれからも活躍していかなければならないと力説され、会場からは賛同の大きな拍手が寄せられました。

これからも私たち公明党は、「大衆とともに」の立党精神のもと、市や県、国との連携によるネットワーク力を活かし頑張って参ります。

Twitter
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
松戸市 伊東英一
itou-eiichi@jcom.zaq.ne.jp