12月議会で一般質問に立ちました!

昨日(12月6日)、松戸市議会12月定例会で一般質問に立ちました。
今回は21世紀の森と広場に関する事を中心に、不妊治療への最初の助成、中央消防署交差点の渋滞対策など質問しました。
  
特筆すべきは、
中央消防署交差点の渋滞対策として、東松戸(和名ヶ谷)方面からくる車線(エステスクエア前)に左折車線を新設するため、平成30年度詳細設計、平成31年度施工、を目指すというものです。
これは、近隣に大型商業施設や娯楽施設の建設計画が示された時に、昨年6月議会で渋滞対策が必要であると私(伊東)が取り上げ、昨年9月議会で急遽、当該交差点の調査費用が補正予算として組まれ、その調査結果がどのようなものであったのか、また、今後の対応について、今回の質問で取り上げたものです。
実現するまで頑張ります。
 
質問内容と市の答弁は以下の通りです。
1「21世紀の森と広場」「市立博物館」「森のホール21」の更なる利便性向上のために
(1)今回のイベント(アートピクニックとモリヒロフェスタ)をどのように評価しているか。
→ 答弁(市長)
21世紀の森と広場などは文化芸術の発信拠点や国際交流にもかかわる場となるよう、施設のより有効な活用とイメージアップを積極的に進めてまいります。また本公園が松戸のシンボルとして、すべての市民が自慢できるような公園となることを目指します。
→ 答弁(各部長)
モリヒロフェスタ3日間での来場者数は約5万5千人で、アンケートでは多くの方が良い印象との回答を頂いています。また、ラーメンのクオリティが高く昨年より2割の販売増にもかかわらず長時間並ばずに食べれたことや、自然と調和した野外演奏に高い評価を得ています。

 
(2)今回のイベントに対応した職員の勤務状況はどうだったのか。
→ 答弁 職員は準備期間からイベント終了まで、超過勤務や時間外勤務を行いましたが、終了後に振替休日などを取得しております。
伊東 → 終了後の振り替え休日という事は、準備から終了までの1ヶ月間は休みなしの残業続きであった。しっかり体制づくりをお願いしたい。

 
(3)イベントに向けての市役所の体制づくり(ノウハウの継承)はどうなっているのか。
→ 答弁 様々なイベントで得られるノウハウは、部所を超えて継承してまいります。
伊東 → (2)とも関連するが、第一義にノウハウの継承であるが、担当部所、担当職員だけが疲弊してしまっては継続性を保てない。組織として取り組む体制を確立してもらいたい。

 
(4)光と風の広場を活用するためにステージなどを設けてはどうか。
→ 答弁 平成28年度、橋の下へステージを設けたため、これの使用状況を見て判断してまいります。

 
(5)移動販売車(キッチンカー)による週末の販売ができないか。
→ 答弁 移動販売車(キッチンカー)での販売は時代のニーズを踏まえ検討してまいります。

 
(6)21世紀の森と広場の開園時間拡大と遊具の設置ができないか。
→ 答弁 これまでの施策を踏まえ学識経験者の意見も聞きながら進めてまいります。

 
(7)博物館横に来館者用の駐車場を設置できないか。
→ 答弁 駐車場利用者と歩行者の安全確保を前提にしながら、関係機関と協議してまいります。

 
(8)森のホール21前に車寄せを設置できないか。
→ 答弁 車寄せの設置は人と車の錯綜があるため難しいものの、3・3・7号線(森のホール21前の片側2車線の道路)に側道を付けることに関しましては道路管理者など関係機関と協議してまいります。

 
(9)東・南駐車場の料金1日500円を1時間100円にできないか。
→ 答弁 駐車場の出口が混雑するため、前払いにより時間短縮を図っているところです。時間制とした場合、出口での清算となり出庫までに時間がかかることが予想されます。
伊東 → 出口が混雑するのは、出口先のT字路信号によるためで、地上部2か所の出口と地下駐車場からの車両が錯綜し、さらに送迎の車両がこの付近に停車することが原因である。出口清算と混雑状況に関係はないと思える。西駐車場は1時間100円としており、実施できるはずである。

 
(10)森のホール21大ホールなどのトイレを(洗浄便座付)洋式化することができないか。
→ 答弁 森のホール21大ホールのトレイを改修するためには長期間の休館が必要となってしまう事から、改修計画を作成し進めてまいります。

 
(11)千駄堀池は貯留機能があると聞いているが、どのように対応しているのか。
→ 答弁 着実に貯留機能の能力を発揮するため、放流施設の改修について、技術的な検討を進めてまいります。

 
2 不妊に悩んでいる方への支援として不妊治療の最初の検査費用を助成できないか
→ 答弁 松戸市では体外受精などの不妊治療に費用助成を行っていますが、最初の検査などは対象となっておりません。今後、調査研究してまいります。

 
3 松戸市消防局交差点(中央消防署交差点)の渋滞対策として、調査を行ったが、調査結果がどのようなものであったのか。また、今後の対応をどのように進めるのか。
→ 答弁 渋滞対策として、東松戸(和名ヶ谷)方面からくる車線(エステスクエア前)に左折車線を新設するため地権者や関係機関と協議を進めております。今後、平成30年度詳細設計、平成31年度施工、を目指してまいります。
伊東 → 具体的な年度が示された事は意義が大きい。計画に遅れなどが生じないよう着実な実施をお願いしたい。

(これまで「中央消防署交差点」との名称を使用してきましたが、正式名称は「松戸市消防局交差点」との事で、今議会ではこの名称を使用しました。しかし「中央消防署交差点」が分かり易いかと思いますので、私はこの名称を使用させていただきます)

 

実現に向けて、頑張ってまいります。!

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
外部リンク
サイト管理者
松戸市 伊東英一
itou-eiichi@jcom.zaq.ne.jp