menu
バックナンバー 2017年 9月

9月25日、松戸市議会最終日。
市長から提案された「平成28年度一般会計歳入歳出決算」など決算関係の認定10件、一般議案11件が、それぞれ賛成多数もしくは全会一致により「認定」もしくは「可決」されました。
 
しかし、伊勢丹支援の意味合いが強い内容を含む「平成29年度一般会計補正予算(第2回)」は、伊勢丹関連の予算を削除した修正案が議員より提案され、この修正案が「全会一致」により「可決」。このことにより、伊勢丹への支援となる費用は、一切支出されないこととなりました。
 
 
公明党は、この伊勢丹支援となる内容について会派で何回も議論を重ね、最終的には以下のような結論に達しました。
提案内容を含めて記載します。 
----
「松戸伊勢丹のフロア(4階)を松戸市が借りて『まつど市民活動サポートセンター』『文化ホール別館』『旅券事務所』などを設置。フロアなどの賃借料として10年間で約21億円ほどを支出。」
との内容が市より提案され、この議案が否決された場合、伊勢丹が松戸から撤退する可能性が高いことが示されました。
 
 公明党では、松戸駅周辺のシンボル的な存在であり商業圏に大きな影響を与えることから、何回も議論を重ねた結果、
 
 ①松戸市が伊勢丹松戸店に対して経営支援を行う意味合いが強い内容であること。
 ②伊勢丹松戸店の経営状況が不明確であるばかりか、来店者数すら松戸市は把握していないこと。
 ③公共施設の再編を図り、そこから捻出される費用をこの経費に充当しようとしているが、そもそも公共施設再編は財源不足を補うために行うものであり、これを別事業に充てることは間違いであること。
 ④新たに年間10万人もの人が訪れ約6億3千万円の経済効果が見込めるとの試算だが、買い物目的ではない人が、それほど購入意欲があるとは思えないこと。
 ⑤一民間企業に公金を投入することに、市民の理解を得られるとは思えないこと。
 
などの理由で「認めがたい」との結論に達したものです。
 
9月25日の本会議で「全会一致」で「否決」となりました。

今日(9月18日)の公明新聞7面に、「共働き世代を応援」と題して、松戸市内23駅全てに駅前小規模保育所が設置され、23番目に流山鉄道小金城趾駅前にオープンした保育所へ公明党県議2名市議10名で視察に訪れた様子が報道されています。
 
公明党市議団が何度も保育所の増設のほか、駅前保育ステーションや、小規模保育所の設置を訴え、実現してきました。
この結果、松戸市では2016、2017年ともに4月1日現在での待機児童ゼロを達成しています。(市川市では待機児童が500名以上との報道があります)
 
これからも子育て支援の更なる充実を目指して頑張ってまいります。

8月30日、一般質問に立ちました。

 

 今回の質問内容と執行部の答弁の概略は以下の通りです。

 

1.豪雨対策について
(1)坂川流域での対策
 伊東:この地域での浸水対策の要はポンプである。江戸川に配水するポンプ、地域内から坂川などへ排水するポンプの整備状況は、どのようになっているか。
 市:江戸川へのポンプは計画通り整備されていますが、豪雨が増えていることから、関係部署に更なる整備を求めてまいります。市が管理している地域排水ポンプは計画的に更新しており、今年度は栄町西三丁目第2ポンプを、来年度は栄町西三丁目第3ポンプの改修を計画しています。
 伊東:柳原排水機場は明らかにポンプ能力が少ない。増強すべく要望し続けていただきたい。

 

(2)内水氾濫を想定したハザードマップの作成
 伊東:現在のハザードマップは江戸川の決壊を想定したものとなっているが、実際の浸水被害は内水氾濫である。内水氾濫のハザードマップを2ヶ年かけて作成の計画となっているが、どのような内容のものか。色弱者への配慮はされているか。
 市:2ヶ年かけて作成し色弱者などにも配慮した色づかい、デザイン、などを検討して平成31年度の早い時期に公表したいと考えています。

 

(3)下水道の不明水対策
 伊東:古ヶ崎・栄町地域で甚大な被害が発生している下水道の不明水対策は喫緊の課題である。その対応としてモデル地区を選定して対策を進めることとなっているが、現状はどのようになっているのか。
 市:千葉県でモデル地区の選定を行うべく検討を進めているところです。松戸市独自でも誤接続改善・漏水対策・穴あき人孔の交換など進めています。
 伊東:決して対策が進んでいるとは言えない。噴出してしまう汚水を一時貯留する施設として「旧古ヶ崎浄水場」の施設を活用できないか。千葉県との協議時に提案して頂きたい。

 

☆旧古ヶ崎浄水場
 昭和15年より松戸市西部の給水を担い、平成19年に「野菊の里浄水場」にその役割をバトンタッチし、現在は一部遊休施設となっている。今後活用する計画はなく、既存構造物の撤去費用が高額となり、売却額より上回ってしまうことから、売り払うこともできずにいる。
 施設内には配水池(きれいにした水を送水する前に一時貯めておく)があり、その容量は約15,000m3ある。
 この貯留池を活用できれば、下水道が噴出するのを軽減することができる。
 下水道本管(3300ミリ)が敷設されている流山街道からは直線距離で約100m。
 活用方法の無い施設を有効利用する。

 

(4)春木川流域の貯留池
 伊東:春木川の上流部である八柱霊園内に貯留池が完成したと聞いている。この効果はどうか。
 市:既存貯留池の容量は約61,000m3あり、八柱霊園内の貯留池が30,000m3と既存より5割増えたことにより、その効果は大きいものと考えています。

 

(5)稔台交番前の浸水対策
 伊東:以前より私が何回も取り上げ、平成27年より4ヶ年掛けて工事を行う予定となっている。現在の進捗状況は。
 市:千葉県が事業主体となり、総延長950mのうち、今年度末で290mが完了します。平成30年度末完成の予定です。
 伊東:工事の進捗が遅く、平成30年度末に本当に完成できるか不安である。市としても県の進捗をしっかりと確認していって頂きたい。

 

2.松戸駅バリアフリー化工事について
 伊東:7月14日にJR東日本が発表した内容とこれまで市より受けていた内容が違う(1・2番線にエスカレータ増設がない。改札口を移設して通路の拡幅を図る記載がない)が、どうなっているのか。
 市:工事を分けており、今回発注分に引き続いて、次の工事を発注する計画と聞いています。

 

3.松戸市立総合医療センターへのアクセスについて
 伊東:八柱駅からのシャトルバスの経路の途中に停留所をつくって乗降できるようにして、市民の利便性を向上させる考えはないか。
 市:途中での乗降をできるようにすることは市民の利便性向上に資すると思えますので、検討してまいります。

 

4.陣ヶ前交差点改良の進捗について
 伊東:早急なる改善を市民から要望されている。施工時期はいつになるのか。
 市:国や県と詳細なる協議を行い、カラー舗装化、路面標示、交通島の一部改良、警戒標識の設置、自転車走行路面標示、など、今年度末完了に向けて工事を進めてまいります。

 

5.チャレンジドオフィスまつどについて
 伊東:チャレンジドオフィスまつどは開設より4年が経過したが、その状況と成果は。
 市:障がいのある方4名が市役所で働き、3名の方が民間就労につながりました。また庁舎内の理解が深まり仕事の依頼も増えています。働いている方も職員から声をかけてもらうことで、励み、やり甲斐につながっています。

 

☆チャレンジドオフィスまつど
障がいのある方が、市役所での就労経験を活かし、民間就労につなげていく事業。3年間市役所で働き印刷・封入作業などを行いながら、その経験を生かして民間就労につなげている。また、市役所内で職員と接する機会が増えることから、職員の障がい者への理解が深まる。

 

 

後の松戸市議会日程は、
9月5日までが一般質問、7~12日各常任委員会審査、13~21日決算審査特別委員会、25日本会議(採決)

 

頑張ります!
 

Twitter
Twitter
外部リンク
サイト管理者
松戸市 伊東英一
itou-eiichi@jcom.zaq.ne.jp